水曜日に届いたレンズで(後編)

前編からどうぞ


と、いうことで、水曜日に届いたタムロンのレンズで撮ったスナップをあと何枚か。

名古屋城本丸御殿 復元工事 素屋根内見学(7/2まで)の様子。
なかなか見れるものじゃない。大きな動きがある作業ではないけれど、ちょっと見入っちゃった。

c0030705_11254070.jpg


c0030705_11254005.jpg


工事見学のことも、それが今日(7/2)までなことも、そこへ行くまで知らなかった。運が良かった。
c0030705_11254113.jpg



名古屋城 正門
c0030705_11254167.jpg


護国神社の紫陽花(ピントはヒメジョオンだけど)
c0030705_11254269.jpg


前日の雨の名残にテレビ塔。
c0030705_11254251.jpg


オアシス21が賑わっていたので近寄ってみたら 3on3の大会&イベントだった。
c0030705_11254353.jpg


c0030705_11254354.jpg
ゲームやアトラクションの合間にチアダンス。

c0030705_11254438.jpg
彼女たちはラウンドガールみたいに、ゲーム前にチームロゴのボードを場内へ見せる役も。
c0030705_11361463.jpg

c0030705_11254578.jpg


c0030705_11331144.jpg

以上です、編集長。

[PR]

# by thin-p | 2017-07-02 11:40 | 写真散歩 | Comments(0)

水曜日に届いたレンズで(前編)

タムロンのレンズが届いた。
TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiII VC B018N
型落ちだけど、ずっと愛用していたこれの古いヤツよりは新しく、今のカメラに合うものをということで選んだ。

実は父が亡くなるまで、タムロンというレンズメーカーにはまったく興味がなかった。
写真も30ちょっと前までは人に見せられるものではなかったし、動画はもっと酷かった。
という話はまたの機会に譲るとして、そのレンズで撮った昨日のスナップを。

「第1回名古屋城酒まつり」が始まった名古屋城で。

客もみんな、ござる弁(忍者の口調の意・オリジナル・笑)
c0030705_10443237.jpg


手前のくノ一が SNSでシェアしてねと、とてもわかりい単語英語で説明してた(笑)
c0030705_10441024.jpg



名古屋城の周りで記念撮影&自撮りの外国人たち
なんだかんだ言っても「ブラタモリ」見た?という会話をしている若い人たちや、
あれだけ海外からの人や高齢者が集まってくるのだから、名古屋城の観光整備は推進すべき
と思う。
c0030705_10441114.jpg


c0030705_10442854.jpg


c0030705_10442922.jpg


c0030705_10443050.jpg


c0030705_10443003.jpg


c0030705_10443133.jpg

c0030705_10442961.jpg

c0030705_10443199.jpg


c0030705_10443375.jpg


「本丸搦手馬出(ほんまるからめてうまだし)」という言葉を知らしめ、僕を含む多くの人がそのキャプションの前で立ち止まったりしているのだから、ブラタモリの効果はすごいなと実感した。


名古屋城本丸御殿 復元工事 素屋根内の工事
この工事の様子を見学できるのは今日(7/2)まで
c0030705_10490579.jpg
(↑ これは iPhoneカメラ)

(↓ ヘルメットデート)
c0030705_10490317.jpg



名古屋城をあとに、護国神社や官庁街、丸の内を写真散歩していたら
有名な料亭の前で挙式の記念撮影が始まった。
c0030705_10490459.jpg

フレンチレストランの前で、スタッフ総動員で客のお見送り。
美容院とかもそうだけど、なにもここまでしなくても、と思う。
c0030705_10490598.jpg

1エントリーに写真は15枚まで、ということで、とりあえずここまで。

[PR]

# by thin-p | 2017-07-02 11:03 | 写真散歩 | Comments(0)

粋 ←→ 無粋、野暮

思いめぐらせたこと、考え、主義、主張などは SNS ではなく、誰かに直に、か、ブログとかポッドキャストとかで表出することにしている。

SNSで「今日こう言う奴を見て腹たった」とか「こういうことをする奴は絶対許せない」などと“走り書き”しているのを見る度に、それをここで書いたところでどうにもなるまいと思うし、そんなのはこっちの目に触れないところでやっといてくれ、と思うからだ。

ブログと SNS と 何がどう違うのかと問われれば、それは説明できるけど今日はしない。

さて、この記事のタイトルについて。

僕のSNSにつながっている人はご存知だと思うが、昨日、若い頃から時々寄らせてもらっていた店が暖簾をおろした。

閉店を惜しむ常連や、近隣の人たちや、その店の味や人や空間や内外装や皿の一つなどのいろんなものに思い入れとか思い出があったりする人が懐かしんで駆けつけたり、仲間同士や家族で集ったり、しかし店の人たちのうまい客さばきやコントロールによって、いつもとほとんど変わらない雰囲気で淡々と運営されていた。

ただ、普段と違うのは、外には常に10数人が並んでいるから、追加オーダーはなしとか、普段はやっている持ち帰りはなしとか、並んでいる時には整理券の代わり番号と人数をメモした紙を配布されたりということはあって、幸い外にいても寒くも暑くもなく、並んでいる間はその店と店の前の通りの景色を見ながら、そう、懐かしい歌を聞いて当時のいろいろなことを思い出すのと同じような感覚を楽しむことができた。

やっぱり良い店とはそうやって締め括りができるのだと思い、人も同じだと思った。
良い人生とはそういうことなのだろう。

人気飲食店の店じまいはニュースでありイベントだ。
長く愛された店であればあるほどその話題性は大きい。
俳優やミュージシャンやタレント、アーティストなんかの他界も同様。

だから、おそらく今まで大した興味も思い入れも無かった連中もそこに属していようとして初めて訪れた客もいて、それは並んでいる間の雰囲気や席に通されてから初めて見るであろうメニューからオーダーを組み立てようとしている様子から窺い知れた。

一人だった僕が案内されたのは、まさにそんなカップルとの相席だった。

瓶ビールと冷奴とじゃこおろしと串カツをオーダーして、一眼レフを持った彼女は写真を撮りながら、彼も仕事を切り上げて来たことでやれやれな感じでとりあえずビールをグラスに注ぎ、すぐ横のテーブルについた家族づれが追加オーダーは受けられないと言われたそばから追加オーダーをどうするかを考えていた。

いろんな思い出や思い入れがある僕ですら、さっさとオーダーしてさっさと食べ終え、さっさと勘定してもらったら、店の人たちと店主にごちそうさまを告げてさっさと店を出て、腹をすかせて並んで待っている次の人が早く席に着けるようにしてあげようと思っているのに、その店になんの思い入れも思い出も共有すべきことなど何一つないカップルが、話題に乗るためだけにそこに居て、それが果たせた瞬間に料理も接客も雰囲気もどうでもよくなっていて、居酒屋的に好きなものをオーダーして、カップルと言うより一人が二人いる感じで自由に楽しんでいるのを半ば呆れつつ傍観しながら、いつの間にか心の中でその二人を見下している自分もどうかと思い、テーブルの半分に結界を引き、そこからは孤独のグルメを楽しんだ。

以前、通っていたバーの閉店の日にマスターが話していたのは、SNSのおかげで、今まで店を知らなかった人たちが訪れてくれるのはありがたかったけれど、そういう連中はスタンプラリーで遊んでいるかのように、とりあえずやって来て写真を(勝手に)撮って公開したらクリアだから二度と来ないのがほとんどで、常連のケアが出来なくなってしまったり、ヘタをすると(好き勝手に)批評までされてロクなことがないということだった。

自分だけはそういう連中とは違う。
自分は SNS の使い方をわきまえているつもりだ。

などと思っていても、大局的に見たら大同小異かあるいは同じようなものだと自戒する。

昨晩、僕と相席だったカップルに、今日は君らのような一見が来て良い日ではなく、自分勝手に自由にオーダーして、自分の時間で席を占拠して良い日ではないのだ、と言える立場でもないし、そう思ったことをあとからこうして書き残すのも違うなと思ったけれど、SNSが良くも悪くも飲食店や接客業に様々な影響を及ぼしているのは確かなことで、最近いろいろ思うところもあったので、敢えて書き残しておこうと思う。

客と客が使う SNS の良し悪しもあるけど、店や店の人間が発信する SNS にも良し悪しがあって、それによってその店から足が遠のいたということもある、ということも書き添えておこう。

---
さて、このタイトルについて。

そのまんまである。いい歳なので今いちばん意識するのは「粋」かどうかなのである。

20代はいろいろ経験していけばよいと思うが、30代以上の無粋や野暮はカッコ悪い。



[PR]

# by thin-p | 2017-06-01 19:33 | 雑記帳 | Comments(0)

人生フルーツ

憲法記念日に仕事をしながら順調に行けば夕方には片付くと目処が立ったから何か食べに出かけようと考えを巡らせていたら、なぜだか1月に思いつきで訪れた街にあった映画館を思い出した。

劇場のウェブサイトをチェックしたら、春先に名古屋で上映されていたのになんだかんだで見逃してしまったどうしても観たかった作品が偶然かかっていた。

c0030705_23205744.jpg

目的が出来ると仕事でもなんでも捗るものだ。

こうして僕は運命に従った。と書くと大げさだけど、ほんとにそうなのだ。
いま観ておかなくてはいけない作品だったのだ。

刈谷日劇は素敵な劇場だった。

c0030705_23205809.jpg
地下鉄でひょいと行ける場所だったらきっと通う。
いや、頻繁には行けないけれど、僕はこれから先、行ける時はときどき行くだろう。

憲法記念日の夕方に電車に乗って観に行った映画と、この劇場で感じたいろいろなことを書いたり話したり出来るのは、憲法記念日だったことは関係なく、きっと数年先になるだろう。
そのために少しずつメモかあるいは脚本とか小説とか、そういう何かの形で書き留めていこうと思う。

いま観ておかなくてはいけないものを見逃さずに本当によかった。

c0030705_23205867.jpg
c0030705_23205943.jpg


c0030705_23210868.jpg



[PR]

# by thin-p | 2017-05-04 23:24 | 映画 | Comments(0)

下着屋

大学2年の後期からスクーターで通学した。
夏休み前はロングヘアのハードロッカーだったのが、一夏の経験はロッカーをモッズに変えた(笑)

いや、モッズではなく、当時の東京の渋谷系ファッションを標榜したなんちゃってアイビーリーガーを気取っていた。

それまで学校の行き帰りに踏み入れたことのなかった通りや町を走り回ったことで、まったく興味の持てなかった名古屋の街が少しずつ好きになっていったのはこの頃だ。

学校から少し西へ走ったところに、ちょっと洒落た一角があって、ほぼ中心の交差点の信号で止まって周りを見渡した時に、その下着屋に目がとまった。

大きな飾り窓の中には高級そうな下着をつけたマネキン。

あの頃は女性の下着に高級も何もよくわかっていなかったけれど、山手エリアの中のちょっと高くとまった感じの店から通りを見下ろすかのようにディスプレイされた下着姿のマネキンは、陳腐だけれど無限の想像力だけが取り柄の青二才には刺激的だった。

それ以来、学校の帰りはわざわざ遠回りしてその店の前を通った。
その度にいろいろな想像や妄想を楽しんでいた。

その数年後に縁あって、この店の近くに事務所を構えていた会社に入社して、車通勤の時には店の前で赤信号になった日はラッキーデーだと自分ジンクスにしていた。

あれから30年。
昨日久々にその道を通った。

その店はあの頃のままにまだそこにあった。

二階の飾り窓の中には、相変わらず高級そうな下着をつけたマネキンが車の窓から見上げた僕を見下ろしていた。

今はちゃんと高級下着だとわかる。
高級な下着は品がある。ということも、今はわかっている。(つもりだ。)

昨日は用事を済ませたあと、同じ道で帰ったから、写真は行きと帰りに撮った。

いつか店に入ってみたいと思う。誰か一緒に行ってくれないかな。なんつって。

c0030705_11232931.jpg
c0030705_11233549.jpg
c0030705_11233892.jpg

[PR]

# by thin-p | 2017-04-23 11:24 | スナップ | Comments(0)

ビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ

1つ前のエントリーのビデオを撮ったのは、ビデオしか撮れない neXXion Movie Com 038 というコレ。
当時、たしか 2,980円で買ったもの。
SDカードに記録して音声も同録できるし、USB接続もできる。
それ以上でも以下でもない(笑)

c0030705_22524730.jpg
c0030705_22524732.jpg

c0030705_22524731.jpg

こいつで撮ったビデオがコレ


[PR]

# by thin-p | 2017-04-02 22:55 | ビデオワーク | Comments(0)

6年前の今日

6年前にトイビデオカメラで撮って、ちゃちゃちゃっと編集して公開していた動画を、思うところあって、というか、ちょっとしたきっかけがあって、あらためて見返してみたら、もうちょっとちゃんとしとこうという気になってやり直してみた。

もう半月ほど前に出来上がっていたんだけど、なんやかんやあったり、どこにポストしようか考えているうちに、ちょうど6年後の今日になった。

思えば今年になってまだこのブログに投稿をしていなかったのでここにしよう。

あの日の前後のことを、時間が経過した今あらためて話したいと思っている。
それは近いうちにポッドキャストしようと考えている。


ということで、2011年3月31日に大阪で撮ったビデオをどうぞ。
タイトル:「MEETS in meets」


このタイトルは、6年前の今日まで ilha で開催されていた作品展をそのままいただいた。
撮影に使ったのはビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ。
音楽:Self Heipless / Her Space Holiday

当時のブログエントリー



[PR]

# by thin-p | 2017-03-31 00:20 | ビデオワーク | Comments(2)