粋 ←→ 無粋、野暮

思いめぐらせたこと、考え、主義、主張などは SNS ではなく、誰かに直に、か、ブログとかポッドキャストとかで表出することにしている。

SNSで「今日こう言う奴を見て腹たった」とか「こういうことをする奴は絶対許せない」などと“走り書き”しているのを見る度に、それをここで書いたところでどうにもなるまいと思うし、そんなのはこっちの目に触れないところでやっといてくれ、と思うからだ。

ブログと SNS と 何がどう違うのかと問われれば、それは説明できるけど今日はしない。

さて、この記事のタイトルについて。

僕のSNSにつながっている人はご存知だと思うが、昨日、若い頃から時々寄らせてもらっていた店が暖簾をおろした。

閉店を惜しむ常連や、近隣の人たちや、その店の味や人や空間や内外装や皿の一つなどのいろんなものに思い入れとか思い出があったりする人が懐かしんで駆けつけたり、仲間同士や家族で集ったり、しかし店の人たちのうまい客さばきやコントロールによって、いつもとほとんど変わらない雰囲気で淡々と運営されていた。

ただ、普段と違うのは、外には常に10数人が並んでいるから、追加オーダーはなしとか、普段はやっている持ち帰りはなしとか、並んでいる時には整理券の代わり番号と人数をメモした紙を配布されたりということはあって、幸い外にいても寒くも暑くもなく、並んでいる間はその店と店の前の通りの景色を見ながら、そう、懐かしい歌を聞いて当時のいろいろなことを思い出すのと同じような感覚を楽しむことができた。

やっぱり良い店とはそうやって締め括りができるのだと思い、人も同じだと思った。
良い人生とはそういうことなのだろう。

人気飲食店の店じまいはニュースでありイベントだ。
長く愛された店であればあるほどその話題性は大きい。
俳優やミュージシャンやタレント、アーティストなんかの他界も同様。

だから、おそらく今まで大した興味も思い入れも無かった連中もそこに属していようとして初めて訪れた客もいて、それは並んでいる間の雰囲気や席に通されてから初めて見るであろうメニューからオーダーを組み立てようとしている様子から窺い知れた。

一人だった僕が案内されたのは、まさにそんなカップルとの相席だった。

瓶ビールと冷奴とじゃこおろしと串カツをオーダーして、一眼レフを持った彼女は写真を撮りながら、彼も仕事を切り上げて来たことでやれやれな感じでとりあえずビールをグラスに注ぎ、すぐ横のテーブルについた家族づれが追加オーダーは受けられないと言われたそばから追加オーダーをどうするかを考えていた。

いろんな思い出や思い入れがある僕ですら、さっさとオーダーしてさっさと食べ終え、さっさと勘定してもらったら、店の人たちと店主にごちそうさまを告げてさっさと店を出て、腹をすかせて並んで待っている次の人が早く席に着けるようにしてあげようと思っているのに、その店になんの思い入れも思い出も共有すべきことなど何一つないカップルが、話題に乗るためだけにそこに居て、それが果たせた瞬間に料理も接客も雰囲気もどうでもよくなっていて、居酒屋的に好きなものをオーダーして、カップルと言うより一人が二人いる感じで自由に楽しんでいるのを半ば呆れつつ傍観しながら、いつの間にか心の中でその二人を見下している自分もどうかと思い、テーブルの半分に結界を引き、そこからは孤独のグルメを楽しんだ。

以前、通っていたバーの閉店の日にマスターが話していたのは、SNSのおかげで、今まで店を知らなかった人たちが訪れてくれるのはありがたかったけれど、そういう連中はスタンプラリーで遊んでいるかのように、とりあえずやって来て写真を(勝手に)撮って公開したらクリアだから二度と来ないのがほとんどで、常連のケアが出来なくなってしまったり、ヘタをすると(好き勝手に)批評までされてロクなことがないということだった。

自分だけはそういう連中とは違う。
自分は SNS の使い方をわきまえているつもりだ。

などと思っていても、大局的に見たら大同小異かあるいは同じようなものだと自戒する。

昨晩、僕と相席だったカップルに、今日は君らのような一見が来て良い日ではなく、自分勝手に自由にオーダーして、自分の時間で席を占拠して良い日ではないのだ、と言える立場でもないし、そう思ったことをあとからこうして書き残すのも違うなと思ったけれど、SNSが良くも悪くも飲食店や接客業に様々な影響を及ぼしているのは確かなことで、最近いろいろ思うところもあったので、敢えて書き残しておこうと思う。

客と客が使う SNS の良し悪しもあるけど、店や店の人間が発信する SNS にも良し悪しがあって、それによってその店から足が遠のいたということもある、ということも書き添えておこう。

---
さて、このタイトルについて。

そのまんまである。いい歳なので今いちばん意識するのは「粋」かどうかなのである。

20代はいろいろ経験していけばよいと思うが、30代以上の無粋や野暮はカッコ悪い。



[PR]

# by thin-p | 2017-06-01 19:33 | 雑記帳 | Comments(0)

人生フルーツ

憲法記念日に仕事をしながら順調に行けば夕方には片付くと目処が立ったから何か食べに出かけようと考えを巡らせていたら、なぜだか1月に思いつきで訪れた街にあった映画館を思い出した。

劇場のウェブサイトをチェックしたら、春先に名古屋で上映されていたのになんだかんだで見逃してしまったどうしても観たかった作品が偶然かかっていた。

c0030705_23205744.jpg

目的が出来ると仕事でもなんでも捗るものだ。

こうして僕は運命に従った。と書くと大げさだけど、ほんとにそうなのだ。
いま観ておかなくてはいけない作品だったのだ。

刈谷日劇は素敵な劇場だった。

c0030705_23205809.jpg
地下鉄でひょいと行ける場所だったらきっと通う。
いや、頻繁には行けないけれど、僕はこれから先、行ける時はときどき行くだろう。

憲法記念日の夕方に電車に乗って観に行った映画と、この劇場で感じたいろいろなことを書いたり話したり出来るのは、憲法記念日だったことは関係なく、きっと数年先になるだろう。
そのために少しずつメモかあるいは脚本とか小説とか、そういう何かの形で書き留めていこうと思う。

いま観ておかなくてはいけないものを見逃さずに本当によかった。

c0030705_23205867.jpg
c0030705_23205943.jpg


c0030705_23210868.jpg



[PR]

# by thin-p | 2017-05-04 23:24 | 映画 | Comments(0)

下着屋

大学2年の後期からスクーターで通学した。
夏休み前はロングヘアのハードロッカーだったのが、一夏の経験はロッカーをモッズに変えた(笑)

いや、モッズではなく、当時の東京の渋谷系ファッションを標榜したなんちゃってアイビーリーガーを気取っていた。

それまで学校の行き帰りに踏み入れたことのなかった通りや町を走り回ったことで、まったく興味の持てなかった名古屋の街が少しずつ好きになっていったのはこの頃だ。

学校から少し西へ走ったところに、ちょっと洒落た一角があって、ほぼ中心の交差点の信号で止まって周りを見渡した時に、その下着屋に目がとまった。

大きな飾り窓の中には高級そうな下着をつけたマネキン。

あの頃は女性の下着に高級も何もよくわかっていなかったけれど、山手エリアの中のちょっと高くとまった感じの店から通りを見下ろすかのようにディスプレイされた下着姿のマネキンは、陳腐だけれど無限の想像力だけが取り柄の青二才には刺激的だった。

それ以来、学校の帰りはわざわざ遠回りしてその店の前を通った。
その度にいろいろな想像や妄想を楽しんでいた。

その数年後に縁あって、この店の近くに事務所を構えていた会社に入社して、車通勤の時には店の前で赤信号になった日はラッキーデーだと自分ジンクスにしていた。

あれから30年。
昨日久々にその道を通った。

その店はあの頃のままにまだそこにあった。

二階の飾り窓の中には、相変わらず高級そうな下着をつけたマネキンが車の窓から見上げた僕を見下ろしていた。

今はちゃんと高級下着だとわかる。
高級な下着は品がある。ということも、今はわかっている。(つもりだ。)

昨日は用事を済ませたあと、同じ道で帰ったから、写真は行きと帰りに撮った。

いつか店に入ってみたいと思う。誰か一緒に行ってくれないかな。なんつって。

c0030705_11232931.jpg
c0030705_11233549.jpg
c0030705_11233892.jpg

[PR]

# by thin-p | 2017-04-23 11:24 | スナップ | Comments(0)

ビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ

1つ前のエントリーのビデオを撮ったのは、ビデオしか撮れない neXXion Movie Com 038 というコレ。
当時、たしか 2,980円で買ったもの。
SDカードに記録して音声も同録できるし、USB接続もできる。
それ以上でも以下でもない(笑)

c0030705_22524730.jpg
c0030705_22524732.jpg

c0030705_22524731.jpg

こいつで撮ったビデオがコレ


[PR]

# by thin-p | 2017-04-02 22:55 | ビデオワーク | Comments(0)

6年前の今日

6年前にトイビデオカメラで撮って、ちゃちゃちゃっと編集して公開していた動画を、思うところあって、というか、ちょっとしたきっかけがあって、あらためて見返してみたら、もうちょっとちゃんとしとこうという気になってやり直してみた。

もう半月ほど前に出来上がっていたんだけど、なんやかんやあったり、どこにポストしようか考えているうちに、ちょうど6年後の今日になった。

思えば今年になってまだこのブログに投稿をしていなかったのでここにしよう。

あの日の前後のことを、時間が経過した今あらためて話したいと思っている。
それは近いうちにポッドキャストしようと考えている。


ということで、2011年3月31日に大阪で撮ったビデオをどうぞ。
タイトル:「MEETS in meets」


このタイトルは、6年前の今日まで ilha で開催されていた作品展をそのままいただいた。
撮影に使ったのはビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ。
音楽:Self Heipless / Her Space Holiday

当時のブログエントリー



[PR]

# by thin-p | 2017-03-31 00:20 | ビデオワーク | Comments(2)

今年さいごの弘法さん(おこぼれ写真)

エキブロは 1エントリーに 写真・画像は 15ファイルまで、ということで、いっこ前の記事の“おこぼれ写真”を貼っておく。

*まずはこちらからどうぞ。

c0030705_23585046.jpg

c0030705_23584835.jpg

c0030705_23584675.jpg

c0030705_23583769.jpg

c0030705_23583936.jpg

c0030705_23584159.jpg

c0030705_23584344.jpg

c0030705_23583489.jpg

[PR]

# by thin-p | 2016-12-22 00:00 | 写真散歩 | Comments(0)

今年さいごの弘法さん

名古屋の覚王山にある日泰寺とその参道(門前の商店街)は毎月21日に月縁日と市が立つ。
うちの事務所近所の神社は毎月 1 と 6 の日に朝市が開かれる。
だから 21日は両方をはしごするたくさんの年配者が大通りも路地も野菜や乾物や魚やいろんなものを袋やカートでぞろぞろ持ち歩き、お互いの元気を確かめ合いながらあちこちで寄り合って喋ったり笑ったりしている。

覚王山は2つある最寄駅の片方なので、午前中にでかけた帰りに、今年さいごだと思ってお参りに寄ったら、快晴であたたかい日になったこともあり、いつにも増してたくさんの人出で参道も境内もすらすらと歩けず、おもしろいシーンがあちこちにあったから尚更時間がかかって、なんだかんだで参道入口を入って帰るまでに小一時間ほどかかってしまった。

と、いうことを昼間に Facebookにポストした。

ここでは 1エントリー15枚の写真を貼ることができるので、厳選?したシーンをシェアしよう。

まず全体はこんな感じ。

日泰寺の仁王門のところから見た参道。Facebookにポストしたものとはちょっと別なやつ。
c0030705_22332937.jpg


本堂から境内を見たところ。
これは毎年元日未明に配信する「ゆく年くる年Podcast」で貼る写真と同じアングル。
c0030705_22351158.jpg


参道の、いまは閉まっているコインランドリー前の自販機。
c0030705_223724.jpg


参道で毎回出店している きのこ屋。
バッキバキの硬派で、いっつも妙なネクタイを締めていて、折りたたみのガラケーは黄金ピッカピカで、いかにも国粋主義のペイトリオッツな風体のオヤジさんとその一家がやっている。

このオヤジさんの口上が実に素晴らしい。
何が素晴らしいって、来る人来る人にほとんど一字一句変わらない、且つ ほぼ同じ抑揚と同じところで芝居掛かった感じの、もはやパフォーマンスに近い。
平気でタバコくわえて接客するし、暇になると座り込んでペットボトルのお茶を、あたかも酒のようにあおって「そのうち、国産のしいたけは食えなくなるわ。全部中国からの輸入になるわ。」とクダを巻く(ように見える・笑)。
c0030705_22425292.jpg

三田佳子と伍代夏子のファンらしい(笑)
c0030705_2243738.jpg

ダンボールに手書きで「日本応援」とか「日本きのこ学会会長」とか「きのこアドバイザー」とか書かれているけど、真偽のほどは謎(ググってみたけど・笑)
c0030705_22434429.jpg


それでも常連もご新規も、毎回たくさんの人が干し椎茸を買い求める。
昔の縁日に出ていた見世物小屋とか胡散臭いバッグ屋とかテキヤとか、そういう匂いがぷんぷんしていて、ちょっと怖そうな感じもあって、結局のところ、縁日は堅気のクリーンなものばかりじゃつまらないっていうことなんだよな。

境内の中も参道も、半分くらいそういう感じ。
だから人が集まって賑わって面白いこともいろいろあって、知らない人同士も声をかけあったりすぐに仲良くなったりして、縁日が終わればあっさりそれぞれの日常に戻って行く、それがいいんだろうな。

てなことをあらためて思ったり。

日泰寺本堂横に立つ 時のタイ国々王チュラロンコン陛下像。(日泰寺に興味ある人はコチラ
c0030705_2249130.jpg


日泰寺門前にある覚王山八十八ヶ所霊場では、毎回ふるまいがあって、今回は白玉ぜんざいだった。
c0030705_2251391.jpg

御堂でお参りしたらボランティアのおばさまたちに促されて椅子に座ると熱くて美味いぜんざいとお茶を出してくれたので ありがたくいただくと、快活そうなおばさまが、春も夏も来たよね?と聞いて来た。

春はおでんで、夏は、なんだっけ?みたいなことを言われて、適当な相槌を打ちながらぜんざいを食っていたら、来年もまた来なよ、と色目を使われた(笑)

露店は魚、野菜、乾物、干物、服飾雑貨、飲食が多数出ているが、境内には毎回、この毛糸屋がいる。
広い場所にたくさんの毛糸を、まさに「ばー!」という感じで広げてあって、今日みたいな快晴の日はそれを見るだけで暖かくなる。
c0030705_22584851.jpg


うまそうなものがあちこちにあるからついつい足を止めてしまう。
c0030705_2259777.jpg

c0030705_22591461.jpg

c0030705_22592778.jpg

これ、すごいでしょ? よく見てね(笑)  栗入りあんこの大判焼きなんだけどさ。ね?(笑2)
c0030705_2311365.jpg


季節的にも良い魚がいろいろ安くて、夕方からの予定がなければあれこれちょっとずつ値切ったりしながら買ってきて料理をしたいところだった。
c0030705_2354757.jpg



で、今回いちばんおもしろかったのがこちら。「路上芸人えぐれささしま」
c0030705_2363229.jpg

派手なおばちゃんがウクレレを鳴らしながら歌っていて、タータンチェックのシャツを着たベイ・シティ・ローラーズのメンバー2人(笑)がビールと串カツを食べながらそれを見ていた。

おばちゃんは、喜納昌吉の花とか、坂本九とか、なんかいろいろ大きな声で替え歌にしてがなっていたが、ベイ・シティ・ローラーズの二人は外人だからか、歌がわからないみたいで、おばちゃんはいろんな歌を少しずつ歌っては、これ、知ってる?みたいなやりとりを延々を続けていた。

もー、おかしくておもしろくて、しばらく観察していたら、正月の歌にするとか言い出して、これまらいろいろ歌ったが、ローラーズのメンバーの反応は鈍い。

そのうち、「お正月を写そう!」とか歌い出して、ほんとにおもしろかった。

境内の露天で毎回出店している干し芋と干し柿と落花生の店で金時芋の干し芋(これがうまい)をオマケしてもらって買い、湯のみも爺さんがまけてくれたから買い、安くしてくれた握り寿司を買い、事務所へ戻って仕事して、一区切りついたところで「路上芸人えぐれささしま」を思い出してググったら このブログエントリーがヒットした。

還暦の路上ウクレレ歌手 ◇ホームレスの人々に笑いを、名古屋でライブ7年◇えぐれ笹島
(2009.12.30 の 日本経済新聞記事をそのままコピペしただけのブログ)

これを読んで不覚にも泣いてしまった。

やっぱ、人間、明るく朗らかに、生き生きとして勇ましく生きていくこと、それがいちばん大事なんだよ。ね。

境内を一回りしている間に、えぐれんささしまさんは姿を消していた。
新しい年の21日にもまた来てくれたらいいな。
そしたら、その時はちゃんと投げ銭して楽しませてもらおうと思う。

現場からは以上です、編集長。

*覚王山商店街ウェブサイト*
[PR]

# by thin-p | 2016-12-21 23:36 | 写真散歩 | Comments(0)