馬鹿なやつだとお思いでしょうが

馬鹿なやつほど新しいものを欲しがるものでございます。あ、正しくは「馬鹿なやつ」ではなく「古いやつ」ですこんばんは。
コンビニに寄ると、ついつい食玩コーナーを覗いてしまう俺ですもひとつおまけにこんばんは。

以前にここで紹介した F-toys の食玩シリーズじゃない別のメーカーらしきギターのやつがあったもんだから、安いし、ちょっと買ってみっかな?って、あ、買うか普通って思ったでしょ?、つか食玩コーナーに釣られてる時点でどうかと思ってません? んな、いいじゃん(笑)

こいつが出てきました。
c0030705_23474139.jpg
う〜ん、、、かなり後悔、、、(苦笑)

ぜんぜん感動がないっす。
この写真で見るとそうでもないけど、近くで見ると、うへっ(泣)ってくらいチャチです。海のギャングです。それはシャチです。

c0030705_23475620.jpg

ディティールがすげえ適当にデフォルメされてて、弦も張ってないし、やっぱ、F-toysの完成度の足下にも及びませんねえ。
いや、このジャガーがスゴ過ぎなんだけどね。
おや? こっちはなんでしょう? ベースかな?
あれ? 見覚えのある「F」のロゴにも見えますが、、、つーか、これって本物じゃね?...
は?! さては...
c0030705_23503777.jpg

あ、いや、、、わーっはっはっはー!!;;





黒い猫に乗った七福神の皆さんが我が家の前に黒い大きな箱を置いて行かれまして、おや? なにかな? と、その箱をそおっと開けてみますと、中からこんなものが現れたのでございます。
c0030705_23562743.jpg

あひゃー!こ、これは、ジャズベースじゃねえだか? はー、、おらが欲しがってるのを知って、神様が授けて下さったにちげえねえ、、ああ、ありがたやありがたや、そうだ、つい2日前に天神さま参っといたのがよかったんだべさ、きっとそうにちげえねえ、ひゃっほー!

と、そいうことでして(笑)
けど、あの「F」って、もしかして、フェンダー?

c0030705_002152.jpgいえいえ、1976年のフェルナンデス製のコピーモデルです。
ほら、やたら文字数が多いでしょ?(笑)

本物はこんな感じです。c0030705_01414.jpg
並べてみると、まったく似て非なるものです(笑)

中国製のコピー商品をとやかく言ってる日本だって、その昔はこんなのばっかでした。
けど、中国製と大きく違うのは、この頃の日本の楽器って、その質はほんとに素晴らしいものなんですよ。ペグやブリッジやピックアップは海外の本物には二歩も三歩も劣るけど、材質と木工加工の部分はしっかりと職人の仕事です。ヘタすると本物より本物らしいものまであります。事実、僕はそういうのを1本持ってますから。↓このプレベがそれ。
c0030705_0405359.jpg
数年前にヤフオクで手に入れた東海楽器のプレベと記念撮影。どっちもすげえいい楽器です。

さて、なんで神様がこれを僕に届けてくれたかと言うと(まだ言うか・爆)、前にも書いたけど、僕はベースギターがほんとに大好きで、ちょっと息抜きという時にヤフオクで中古ベースを眺めてるんですね。普段は見てるだけで満足なんです。

で、この前の土曜日だったかな? 現場から帰ってきてコーヒー飲みながらページをめくってたらこいつが目に留まりまして、封印してた変なスイッチが入っちゃったと(笑)

c0030705_0461630.jpg僕はジャズベースを一度も所有した事無くて、けどいつかは持ちたいなと内心ちょっとは思ってて、もしも持つなら黒いボディに白いピックガードで指板はメイプル、ネックには黒いバインディングと黒いスクウェアポジションマークのやつって決めてたんですよ。

こいつはネックのバインディングがアイボリーで、ポジションマークはホワイトセル。
そこだけ違うけど、それ以外はかなりよさげで、だから、まあ、正月だし、冷やかしでちょっと入札してみっぺと、もしも落札しちゃっても大丈夫な金額を入れといたわけです。

さて、オークションが終了して、ああ、その値段かぁ、、あとちょっと上乗せして買っちゃってもよかったかな?いやいや、買ってどうすんのさ?みたいなことを思ってたら、落札者が棄権したから繰り上げで落札権利が回ってきたけど、アンタどうする?っていうメールが来まして、「う〜ん」と半日迷った揚句、「合意」をポチっとやっちまったと(爆)

旦那、これがすべてです。まさか繰り上げになるとは、、もう二度としませんから、今回は見逃してくだせえまし、、、(笑)

c0030705_0434426.jpgけどね、これ、すげえよい!大当たり!!申し分無し!!!棄権した人、ありがとー(笑)

そうそう、でね、特筆すべきは、フラットワウンドの“死んでない”弦が張られていた事。
こりゃ、前のオーナーは相当に渋いね(笑)

と、いうことで、今日からジェームス・ジェマーソンとかタイラン・ポーターあたりを聴き直していこうと思ってます。そして、そんな感じのベースを弾ける場を作ろうとよからぬことをまた考えてたりするのでした、、、つづく、、、あははのはー(笑)
[PR]

by thin-p | 2009-01-09 00:49 | スナップ | Comments(6)

Commented by ひげフレディー at 2009-01-09 15:15 x
フラットワウンドとは渋いですねぇ。
僕の憧れは
白いボディーに
鼈甲(べっこう)ピックガードのジャズベです。
何の変哲もないありふれた組み合わせですが
最もオーソドックスなサンバーストだと
誰でもそこそこサマになっちゃう気がするんですよね。
やっぱり黒とか白って
そこから出る「音」と
それを弾いてる「人」が問われる感じがして‥‥
「これが似合えば本物だ!」
なーんて勝手に思ってるんですが
それだけに、なかなか手を出せずにいます(笑)
Commented by thin-p at 2009-01-10 11:44
> ひげフレディーさん@ベーシスト           

くーっ! うれしいねぇ、フラットワウンドが通じる人がいてくださるなんて(嬉し泣)

昔のベースはほとんどデフォルトがフラットワウンドでしたね。
初フェンダーも買った時はフタットワウンドが張られてましたから。
80年代半ばくらいでしょうかね、デフォルトがラウンドワンドになったのって。
昔のAORやジャズフュージョン、特に西海岸のベーシストはほとんどフラットワウンド使ってましたね。僕は結構好きなんですよ、この音。
ただ、握力と指の力がかなり要る弦なんですよね。久々にちょっと弾いたら手が疲れちゃった(笑)

さて、その白と黒のイメージ、すげえわかります。
僕の先入観では、サンバーストのジャズベは、70年代っぽい音しか弾いちゃいけない気がしちゃうんです(笑)

その白いジャズベは、やはりヴァーダイン・ホワイトの影響ですか?
鼈甲ピックガードがきれいな赤みのあるやつだとすげえカッコいいですもんね。プレベもジャズベも白ボディは鼈甲ですね。だって黒いピックガードだと青二才な感じがしちゃう、というのも僕の先入観です(笑)
Commented by ひげフレディー at 2009-01-10 13:50 x
まさに図星です!‥‥白ジャズベはホワイトさんの影響です!
僕がベースに目覚めた頃には既にギザギザ弦がデフォルトでした。
なので、僕は1度もツルツル弦を弾いた事がないんです。
だから実は音の違いとか弾き方の違いもよくわかってなかったりします(笑)
Commented by daisymoon at 2009-01-11 12:01
あっそうなんだ。買わなくてよかった。
でも写真だとカワイイ!
Commented by thin-p at 2009-01-14 23:48
> ひげフレディーさん@お待たせしました  

でしょ? やっぱね(笑)
僕も白、ってか、アイボリーに赤めの鼈甲ピックガードのジャズベは昔っからカッコいいって思ってて、NHKのヤングミュージックショーで見たアースのステージのヴァーダインの影響だと思うんですよ。刷り込みってやつかもですね(笑)

ギザギザ弦を初めて張って弾いた時、「わ!柔らけえ!わ!チョーキングとかビブラートとかすげえ軽いんですけど、みたいな!!」って思いましたよ(笑)

音的ないちばんの違いは、ラウンドワウンドでスラップすると「ガリン」って言うけど、フラットワウンドは「パイン」って鳴ります。
なんとなくわかってください(笑)

あ、こんどぜひ「私とベース」みたいな、ベーシスト談義しましょう(笑)
Commented by thin-p at 2009-01-14 23:58
> daisymoonさん@お待たせしました   

うん。あれはあんましオススメできません。。。って、あれ? 買おうとしたんだ?(笑)

逆に、F-toysのは、それが楽器シリーズじゃなくても、実物手にしたら感動しますよ(笑)
デスクの上にちょこんと置いとくだけで、ちょっとハッピーになれる気がします(笑2)

ちなみに、この写真のジャガー、佐野クンも弾いてたモデルです。欲しいでしょ?(笑3)

(実は、ここだけの話ですが、そのオススメできないメーカーのやつ、懲りずにもう1個買っちゃったらしいよ?・爆)

(何が出てきたかは、今度書きます・大泣・謎・笑)