古い友だちのいるバンド、ライブ@今池Tokuzo

昨夜はスティールパンのバンド、pansonido(パンソニード)のライブに行ってきた。

ショー開演前のステージ。会場はほぼ満員だけど、まだまだお客さんが入ってくる。すげえ。
c0030705_1157207.jpg


スティールパンはカリブ海のトリニダード・トバゴで1930年後期に発明された楽器で、19世紀にドラムの使用を禁止された黒人が、どうにかその代わりになるものはないかとあれこれ試行錯誤を繰り返し、ドラム缶の天板(底板)を伸して音階を付け、その厚みや大きさで音域を広げて完成させた「20世紀最大にして最後のアコースティック楽器」と呼ばれているものだそうだ。
c0030705_11585012.jpg

僕が初めてスティールパンの生演奏に触れたのは20年前のニューヨーク。
自由の女神にものすごい感動して、像が建っているリバティーアイランドから船でマンハッタンのバッテリーパークに戻ってきた時、船が港に近づいていくと、とても美しい音楽が聞こえてきた。
一人のストリートミュージシャンがスティールパンを演奏していた。
ミュージカル・キャッツの劇中歌のメモリーだった。
キャッツは日本でも話題になり始め、ちょうど名古屋での初演を間近に控えている頃で、前夜にブロードウェイで観たばかりだったから、その感動もまだ新しいところだったし、自由の女神の感動の余韻、更にはその時に居た環境すべてと相まって、感動的に美しい音色を奏でていたその演奏に、思わず涙があふれてしまった。

スティールパンは打楽器なのに、鍵盤楽器のような和音も出せるし音域も広く、ストリングスや管楽器のような音も出せる。もちろんビートやリズムの表現は何より素晴らしい。

トリニダード・トバゴでは100人編成のオーケストラもたくさんあるらしい。

そんなスティールパンで名古屋を中心に演奏活動しているバンドがpansonidoで、昨夜はバンドの10周年記念のライブだった。

話しがそれるが、僕が駆け出しのディレクターだった頃に組んだ司会者がいた。
イベントは規模の大小や内容にもよるが、運営には大きく4つの役割があり、それらがうまく機能すれば大抵うまくいく。

司会者、音響照明舞台関係、運営スタッフ、ディレクター。
その土台があって出演者やその他の関係者がやりやすくもやりにくくもなる。

駆け出しの僕が組んだ司会者もまた駆け出しだった。
はっきり言ってお互い尊敬し合えない関係だった。
うまくいかないこともたくさんあった。たいてい僕に原因があったんだけど。

なのに、いつの間にかいちばん信頼し合える関係になって、いろんな相談をし合いながら、協力し合いながら、うまくいかないものもうまくいくように転換できるようになっていい友だちになった。

彼女はもう司会者はとっくに引退して、現在はなぜかパン職人になっている(笑)
彼女のブログ→「ひなたぼこ‘パンとわたしと時々むすこ’」

その彼女が実は昨夜のpansonidoのメンバーということもあり、久々にスティールパンの演奏を楽しみたくて行ってきた。

めちゃめちゃ楽しかった。
c0030705_11591561.jpg

オールスタンディングだったんだけど、それでも寿司詰めになるほどの大入り満員で、それもよかったと思う。

もともとカリブ海の太陽の下でカーニバルのノリで繰り広げられる演奏なのだから、ほんとなら屋外やストリートでオーディエンスもビールを飲みながら踊ったり歌ったりして、曲目によっては海に沈む夕陽の赤や満天の星空を思い浮かべてうっとりしたりしながら楽しんだ方がぜったいにいい。だからシートに座ってゆったり静かに演奏を聴くのではなく、知らない同士が腕や背中に相手を感じながら、バンドの演奏に合わせて一緒に揺れたり跳ねたりして、何て言うか、大袈裟に言うと、命とか生きてる実感とか、そういうものすごくプリミティブな体験がすごくよかったと思う。やっぱそういう成り立ちの楽器だしね。
c0030705_115933100.jpg

きのうのライブ、すごく楽しかったよ。
客席乱入、あれがすごくよかった。楽しそうだったし(笑)
誘ってくれてありがとう。ぜひまた。

pansonido ホームページ (←Movieのページで演奏動画が楽しめます)
[PR]

by thin-p | 2010-01-31 12:07 | スナップ | Comments(2)

Commented by hinataboko09 at 2010-02-01 10:22
当日はありがとうございました。うれしかった。
ホント、バカ丸出しでしたね(笑)

スナップ&記事、涙がにじみました。
自分はブログ、思いが強すぎてか(?)、一度アップしたにもかかわらず、なんかしっくりこなくて、直後に1時間以上かけて書き直しちゃってました。アホです~。 バカ&アホぶりは歳をとっても変われないですー。
Commented by thin-p at 2010-02-01 23:43
> hinataboko09(さて、ここではなんと呼ぼう?・笑)

ちーす/

僕も年をとったせいか、カッコつけることのほうがバカでアホだとようやく思えるようになりました(笑)
なので、あの夜はバカ丸出しがかっこよかったさ(笑2)

つーか、“古い友人”っていう紹介も失礼だよな?
古いってのは余分だったよな?(笑)

なんにでも、強い思い入れを持ち続けていられるものがあるってのは幸せなことだと思うのだよ。な、だべ?

叩くパンと焼くパン、どっちもながくつづけてください。さんきう/

あ、あと、追記とご紹介、どうもありがとう(笑)