横浜写真散歩2010夏 ~最終回~

昼間、石川町駅からランドマークタワーまでの約6kmと夜の5km、合わせて11km、途中、娘の舞台を鑑賞することを挟んだ横浜写真散歩2010夏もいよいよ最終回です。長かった...(涙)w

ちょっち足の裏が痛くなったので動く歩道に乗っちゃいました。てへ。
c0030705_0165730.jpg

そしたら、新郎新婦がなぜか横を歩いてまして。
c0030705_018361.jpg

でっかい声でなんかしゃべってるもんだから、イヤでも耳に届く訳です、二人の会話が。

新婦は「あそこで会場の空気が変わったのは誰それのせいだよ絶対!」とか。
新郎は「つーかさ、」とか「てかさ、」とか「まーな、」とか、たしなめてるんだか反論してんだかって感じで。
c0030705_0191764.jpg

こんな日くらい、素直に幸せに浸って、素直に祝福されとけ、と思ったり(笑)
c0030705_02046100.jpg


妻子は舞台の打上でクイーンズスクエアの中で中華を食べているというメールが来て、じゃ、僕は何を食べよっかなと、どうせビールはまだ飲めないし、もうなんでもいいやとか思ってたんですけど、はたと「そうだ!寿司だ!」と閃きまして、僕は寿司が大好物なんだけど、寿司や刺身を食う時にビールってのは絶対無いと思ってまして、どうにも双方の美味さを相殺しちゃう気がしてならないんですね。
この時は喉から手が出るくらいにビール飲みたかったけど、名古屋帰ってから妻子を乗せて運転することを思って我慢してまして、繰り返し書きますけど、どうせ飲めないなら、逆に寿司だ!と(変な論理・笑)

そしたら、桜木町の裏のところに築地日本海っていうチェーンの寿司屋がおあつらえむきにあって。→ ココ[築地日本海 桜木町駅前店]
c0030705_0223550.jpg

カウンターに座って、入り口のところに出てた上寿司のセットと、土日限定の「みなとヨコハマ」っていうセットとどっちがオススメですか?って中の職人さんに聞いたら、お飲物を飲まれないなら上寿司がオススメだと言われ、じゃ、それ、と。

鮪の中トロ、トロ、アオリイカ、甘海老、生帆立、イクラ軍艦、ネギトロ軍艦、シマアジ、白身は何だったかな?、あと、玉子と、煮穴子1本を軽く炙ったやつ、これに岩海苔のみそ汁とジャコのサラダが付いて1,470円!
これに本ワサビ巻をつけてもらいました。

もーね、この値段であんだけ美味けりゃ何も言うことないっす(涙)←ワサビ巻のせいもある(笑)そう、僕はワサビ巻があれば必ずたのむってほどに、これが好物で、やっぱ静岡県民の血なんでしょうか?(笑)

いや、ほんと、手抜き無しな感じが実に好感が持てる仕事っぷりで、手づかみで次々と口に握りと巻物、ガリとゴボウの味噌漬を放り込む僕を見ながらニコニコしてるもんだから、僕も美味い美味いを連発していたら、そのうちの1人の職人がカッパ巻が乗った皿を差し出してきて、お客さん、まだ食べれます?って。

「余分に巻いちゃったもんだから、よかったらどうぞ」って。

何を隠そう、僕はカッパ巻が大好きなのでありまして、この日はほんとはらぺこだったから、11貫+ワサビ巻1本と、更に締めにカッパをたのもうと思っていたのです。
これは僕の寿司屋選びのコツ(と言うほどのものでもないけど)は、カッパ巻が美味い寿司屋は握りも巻物もたいてい美味く、握りが美味い店はカッパも美味いっていうものなので、この店のカッパは食ってみたいと思ってたとこだったんです。

それをそのまま言うと、カウンターの中の4人の職人さんたちはニコっと笑って、カッパを握った彼は、ああよかったーと喜んでくれました。一見の客なのに、舌も胃も心も満足して、こんど仕事で行く時は絶対2晩は行こうと思ったのでした(笑)

店を出るとちょうどいい時間だったので、妻子との待ち合わせ場所へ行き、満足げな表情の彼女たちと合流して駅の改札に向かって行くと、バンドが演奏してました。
時間があまりなかったので、ほんの少しだけしか立ち止まって聞けなかったけど、いい感じで、娘はスタッフの女の子が配ってたフライヤーをもらい、電車に乗るとすかさずウェブで検索してました。
c0030705_0413252.jpg

今年は義父が入院中なため、日常の生活も普段通りとはいかないことが多々あり、娘にもいろいろ負担をかけることもあったり、なんだかんだ言って、ストレスの蓄積もあるはずで、夏休みだからって、泊まりや遠出には家族一緒には出掛けられなかったけど、最後に娘も妻も僕も、それぞれいい思い出が出来て、3人ばらばらに行動してた昼間の報告の会話も弾み(笑)帰りの新幹線のシートが実に心地よかったです。

と、いうことで、横浜写真散歩2010夏でした〜。
c0030705_053396.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-08-31 00:57 | 写真散歩 | Comments(0)