フィル・ライノット と ゲディ・リー

「ベースギターを弾きながら歌う」という以外、まったく個性の違うこの2人のもう1つの共通項が黒いリッケンバッカー #4001 or #4003 というベースを弾いていたこと。

なので、こうするとフィル・ライノット
c0030705_1741268.jpg


こうするとゲディ・リー
c0030705_17413492.jpg


どっちも大好きなベース・プレイヤー&シンガーなのでこういうことになる。
こういうこととは、つまり、その、いや、前からリッケンバッカー4001sは持っていた。
持っていたが、買ったわけじゃなく、昔いろいろあって、なぜかバラバラな状態のヤツが僕の手元に来て、足りないパーツを買い足したり調整しながら組み立てれば復元出来るかもと思いつつ、それも面倒なのでクローゼットの奥で陽の目を見る事無くジャンクになっていた。
じゃ、これはそれを遂に組み立てたのかというとそうではなく、えーと、なんて言ったっけ?ほら、あれ、ヤフオク?...www

1980年頃にフェルナンデスがドンズバコピーモデルとして限定生産したモデルの中古品なのだが、いや、奥さん、聞いて下さいよ、これ、すごいんすから、スルーネックだし、指板は他のメーカーのコピーモデルが採用してたローズウッドじゃなくて、本モノと同じカエデ+ラッカー仕上げだし、ポジションマークもきれいなセルだし、ペグはグローバーでステレオジャックが付いてて、ヘッドの確度もちょうどいい感じのテンションだし、木も金属もプラスチックも、すべてのパーツが30年前の楽器だとは思えない程のコンディションだし、しかも格安と来た日にゃぁ、据え膳食わぬは武士の恥と言いましょか、ブラウザ中からじっとこっちを見られて、おじさん、僕をお家に連れてってください、って瞳うるうるされちゃったら、あーた、もー、しょーがないじゃないですか!(泣き崩れる)しかも音がまたいいんだ、すげえ本物っぽくてさ...(垂れた鼻水が涙に混ざって膝の上にこぼれ落ちるのを拭うこともせず、嗚咽なのか微笑みなのか)

c0030705_1882384.jpg


と、いうことで、ベースギター倉庫の17本目はこのリッケンバッカー#4003(フェルナンデス)です!ありがとうござました!(涙)

Dedication / Thin Lizzy


The Spirit Of Radio / Rush

[PR]

by thin-p | 2011-11-19 18:29 | Rock | Comments(0)