鳥取、倉吉、白壁土蔵群、赤瓦

鳥取県倉吉市の白壁土蔵群と赤瓦の町を、実はまったく知らなかった。

たぶん、旅番組とか映画とかで垣間みたりはしたことがある風景なのだろうけど、町の中を流れる川や用水に沿って残る白壁の蔵とか黒塀の建物などは日本中の地方都市へ行けば大抵今もきれいな状態で残っていたり、愛知県も半田市のミツカン工場みたいに現代にもしっかり機能しているところが多いから、今回の鳥取観光を計画する時にも、さしてわざわざそこじゃなくても、という感じだった。

が、鳥取県内の観光地や市町村の観光案内サイトをディグしているうちに、YouTubeでシェアされていたある短編映画が目に止まり、夜中に視聴したら、これはもうここしかないっしょ!という気分が盛り上がり、そこからは旅行プランがさくさく決まったのだった。

その短編映画は倉吉市の企画振興部観光交流課が製作した観光PR作品だった。
 → 倉吉市観光PRショートムービー「ホウキノクニカラ」ページ@倉吉市HP
倉吉市では、国内外の方へよりわかりやすく倉吉の魅力をPRするために、観光PR用映像の制作を行い、この度完成となりました。観光DVDとしては異色のショートフィルムとなっています。

【ストーリー】
現代の倉吉に4百年前伯耆国を治めていた南条伯耆守元続がタイムスリップし、地元の女子中学生とともに倉吉の観光名所を巡ります。

【出演】
中村千代役 : 山本 舞香(米子市出身、リハウスガール)
南条伯耆守元続役 : 宇仁菅 真(倉吉市出身)
その他多数の地元エキストラ

町おこしと観光PRを目的に、いま全国各地でこうした作品が撮られている。
が、しかし、作ったあと、なかなか話題が広がっていかないのが現実で、作り手も送り手も、その先の策を持ち合わせずに作ったところで満足し完結してしまっているように感ずる。

観光ORやロケ地とタイアップした作品はテレビも映画も特番も、昔も今もたくさんあって、大抵はその土地の名物や名所が不自然にストーリーに盛り込まれていて違和感が拭いきれないものがほとんどだから、観光PRのために作られた本作は違和感だらけだ。

だけど、見ているうちにそれが気にならなくなった。
作品が素晴らしいからではない。(批判ではない)
たぶん、見ているうちに僕の気分が映画の舞台と、そこで展開していく物語と登場人物に興味と関心が湧いてきて、少しずつ感情移入したからだと思う。

ま、要するにどんな巨匠が撮ったって、どんなに莫大な予算をかけたって、誰が出演していようが、こっちの興味関心と気分がそこに入っていけなければ感動は生まれないわけで、この作品はその逆だった。回りくどくてわかりにく説明で褒めてごめんなさい(笑)

行き先と目的が決まれば旅はおのずと楽しくなる。

と、いうことで、「あぁ、行ってよかった...」倉吉、白壁土蔵群と赤瓦の町ぶらり写真散歩を数回に渡ってシェアしていこう。

そうそう、この町、思った以上に目玉や名所や有名な場所や店、美味いものがたくさんあって、まさに「あぁ、行ってよかった...」な町だった。

あと、一人じゃなかったしね。とその話しはまたのちほど...(笑)

まず、出発前に駅前で借りたレンタカーで米子港へ。
丘へ上がったマドロスさん(勝手な想像)
c0030705_23483650.jpg

訓練中の消防団員と中学の理科クラブか何かの観察をする先生と生徒や犬の散歩の人がけっこう行き来していた。
c0030705_0511849.jpg

〜からの倉吉。境港の妖怪みたいな小さな子がここでも出迎えてくれた。
c0030705_23493023.jpg

名古屋の有松の東海道沿いの町もこんな感じなので、興味のない人には特筆すべき町並みではないが、やはりそこにはこの土地に江戸・明治の時代から連綿と受け継がれた文化が薫る、気がしたりしなかったり。。。とりあえず観光に来てたお嬢さんたちを(笑)
c0030705_23525094.jpg

紫陽花はどこで撮っても絵になるし、紫陽花自体が好きなのだ、僕は。
c0030705_23532065.jpg

c0030705_2353398.jpg

c0030705_23535178.jpg

手を伸ばせば届くところでデート中の鴨カップルを。美味そうとか言ってる人がいた(?w)
c0030705_23542681.jpg

謎の会社。こういう感じの何やってるのかよくわからない建物や店がけっこうあった。
c0030705_23561454.jpg

倉吉レトロ館。
c0030705_014796.jpg

町のあちこちにある店じまいした場所とか蔵をテーマに沿ったギャラリーにして無料公開していて、それぞれおもしろかった。これは各地の商店街も同様なことをやっていて、どこもそれなりにユニークでおもしろいので、みんなもっと知って立ち寄ると楽しいよ。

じゃ、part.1は町並みギャラリー倉吉レトロ館にあった紙芝居で締めよう。

まことくんのじてんしや
c0030705_0211571.jpg


わーい、じてんしやだー!

まことくん、くつしただけあかにかえてきたのはなぜだい?

うるせーばーろーちゃんともってろ!

まことくん、きみにはむりだよ、じてんしやはそうやってあそぶものじゃないってばよ!

しめしめ、まことのやつ、じてんしやにうつつをぬかしていやがるぜ。
さあ、あなた、いまのうちに

だい1かい、おまわりさんにじてんしやでラリアットたいかい

お?あいつか?だがしやでまんびきしたのは?
そうなんですおまわりさん、ばかなまことくんをこらしめてください

よし、こどもにへんそうしてまことくんをびこうそうさだ!

おいきみたち、いいこがたくさんいるけど、くるかい?

えー?ほんとー!いくいくー!

おい、あのおまわり、ついてっちゃったぜ
やれやれ、しょーがねーなー、じゃ、おれたちはすなっくでもいくか
おー!そうしよー!

まだじてんしやにのれないまことくんは、みんなといっしょにすなっくへいけませんでした

おしまい...

と、いうことで、「あぁ、行ってよかった...」倉吉、白壁土蔵群と赤瓦の町ぶらり写真散歩は、Part.2へと続く〜

*倉吉市観光PRショートムービー「ホウキノクニカラ」ページ@倉吉市HP
*鳥取県倉吉市HP
*倉吉観光情報
*白壁土蔵群・赤瓦 観光PRサイト
[PR]

by thin-p | 2012-06-21 00:21 | 写真散歩 | Comments(0)