大晦日の前日に神戸ぶらり旅という酔狂(中編)

(前回までのあらすじ)


※追記:PCブラウザだと写真の左右が少しだけ切れて表示されちゃてるのでクリックでまともに表示されます。


新神戸駅に着いた僕は、これまで観光で訪れたことがなかった神戸を写真散歩することにして北野の異人館エリアを歩いた。


さて、異人館街のオランダエリアの屋外販売スタンドでホットワインを入れ、観光案内所をのぞいて見た。

ボランティアのおじいさんが、異人館のランドマーク的な風見鶏(前回の北野天満神社からの景色に写り込んでいるもの)は敷島製パンのロゴに使われていて、創業者が住んでいたという、元々アメリカ人の家屋だった建物が震災の被害を受けて取り壊されるところを、現在の場所へ移してスタバになったという説明を聞き訪れてみた。



c0030705_15455398.jpg

ただ、敷島製パンは昔、名古屋デザイン博の仕事でかなり詳しく勉強したことがあり、そんな史実に覚えがなかったのでたどり着いてから Wikipediaで調べてみても、どうもそういう記述がない。

ということで、このことについて詳しい人がいたらご教授願いたい。

そこから元町まで路地や通りを、適当にシャッターを切りながらぶらぶら歩いた。

なんとなくよさそうな珈琲屋で美味い珈琲を飲んで、また歩いた。

1年前に ギトさん に連れて行ってもらった美味くて安くていい感じの阪神電車高架下の中華料理屋とか、豚まん屋を見つけたけれど、せっかくなので新たな開拓を目指して南京町へ。

c0030705_16265981.jpg


中華街の点心の人気店の行列もスルーして進み、路地に入ったところに見つけた明石焼きを食べてみた。

c0030705_15455485.jpg

看板に「1961」と書かれていたので、僕の誕生年に創業かと親近感を覚えたのだった。
中で食べると10個で600円、外で立ち食いなら 5個で350円。
昨日はとても暖かい日だったこともあり、外での5個を選び、焼いてもらっている間に話しかけられたので、名古屋から来たとかそんなことを言いながら、気になった「1961」について聞いてみた。

店の創業年ではなく、オーナーの誕生年だそうだ。

「僕も1961年生まれです。」と言ったら、なんかいろいろサービスしてくれた。実に美味かった。

南京広場に面したところに、間口一間ほどの小さな、しかし活気のあるラーメン専門店があった。
薬味のネギだけのラーメンが250円、ワンタン麺は300円。
人気はフカヒレラーメン400円だそうだが、僕はフカヒレの価値がまったく理解できないので
好物のワンタン麺を選んだ。
これが絶品だった。肉汁がじわっと出るワンタンが3つ乗っていた。

c0030705_15455446.jpg

豚まんを食い、中国茶を飲み、海老団子でビールを飲んで、淡路の玉ねぎスープを飲んだ。


体も心も温まり、どうしても行きたかった場所へ向かった。

南京町から南へ歩き、メリケンパークへ。
今年は神戸会場150年だった。
夏の間に訪れたかったが、結局最終日の前日になった。

c0030705_15455599.jpg


ずっと来たかった場所。
神戸港震災メモリアルパーク。

c0030705_11170277.jpg

いろいろ思うところがあって、ベンチで靴をぬいで、紙コップで持って来た珈琲を飲み、しばらく黄昏。

飲み終えた空の紙コップを持って三ノ宮駅まで写真散歩。


阪神電車に乗って Podcastの長寿番組「oyadiradio オヤヂラヂヲ」の今年最後の収録が行われている ギトさん の事務所へ向かった。

梅田行きの普通列車はガラガラで、発車までのほんの少しの時間に、暖かな光が差し込むシートの上で一瞬熟睡して発車と同時に目覚めた。
今年いちばん幸せなうたた寝だった。

つづく(次回はいよいよ最終回!・笑)



メリケンパークにて

c0030705_15455521.jpg




[PR]

by thin-p | 2017-12-31 16:24 | スナップ | Comments(0)