2017年 04月 23日 ( 1 )

下着屋

大学2年の後期からスクーターで通学した。
夏休み前はロングヘアのハードロッカーだったのが、一夏の経験はロッカーをモッズに変えた(笑)

いや、モッズではなく、当時の東京の渋谷系ファッションを標榜したなんちゃってアイビーリーガーを気取っていた。

それまで学校の行き帰りに踏み入れたことのなかった通りや町を走り回ったことで、まったく興味の持てなかった名古屋の街が少しずつ好きになっていったのはこの頃だ。

学校から少し西へ走ったところに、ちょっと洒落た一角があって、ほぼ中心の交差点の信号で止まって周りを見渡した時に、その下着屋に目がとまった。

大きな飾り窓の中には高級そうな下着をつけたマネキン。

あの頃は女性の下着に高級も何もよくわかっていなかったけれど、山手エリアの中のちょっと高くとまった感じの店から通りを見下ろすかのようにディスプレイされた下着姿のマネキンは、陳腐だけれど無限の想像力だけが取り柄の青二才には刺激的だった。

それ以来、学校の帰りはわざわざ遠回りしてその店の前を通った。
その度にいろいろな想像や妄想を楽しんでいた。

その数年後に縁あって、この店の近くに事務所を構えていた会社に入社して、車通勤の時には店の前で赤信号になった日はラッキーデーだと自分ジンクスにしていた。

あれから30年。
昨日久々にその道を通った。

その店はあの頃のままにまだそこにあった。

二階の飾り窓の中には、相変わらず高級そうな下着をつけたマネキンが車の窓から見上げた僕を見下ろしていた。

今はちゃんと高級下着だとわかる。
高級な下着は品がある。ということも、今はわかっている。(つもりだ。)

昨日は用事を済ませたあと、同じ道で帰ったから、写真は行きと帰りに撮った。

いつか店に入ってみたいと思う。誰か一緒に行ってくれないかな。なんつって。

c0030705_11232931.jpg
c0030705_11233549.jpg
c0030705_11233892.jpg

[PR]

by thin-p | 2017-04-23 11:24 | スナップ | Comments(0)