カテゴリ:サッカー( 103 )

豊田グランパス

豊田グランパス

これは僕が生粋の名古屋人ではないからの感想かもしれない。
そして、想像で書く、あくまで私見だ。

そもそもグランパス(の前身)はトヨタ自動車のチームだ。
そして、Jリーグ発足に向けて各地でチームが準備を進める頃には当時の日本サッカーリーグで1部に昇格したばかりという実力レベルだった。
チームの成り立ちは しがらみや無理を重ねたものだったが、Jリーグ開幕に全国で10チームにするためと、中部エリアの名古屋にチームが無いと盛り上がりに欠けるという主旨により、ある意味で中部エリアのメディアと政財界とリーグによってでっちあげられたチームだったのだと思う。

サッカー人気がまだ中途半端だった時代、そんなチームとは無関係だった名古屋市民が感情移入できるわけが無かった。

余談だが、グランパスはJリーグ開幕に向けてマラドーナを獲得するつもりだったそうだ。
その無謀な計画は彼の薬物違反により中止され、代わりに’90年のワールドカップ・イタリア大会で脚光を浴びたゲイリー・リネカーをJリーグ最高年棒で獲得して大失敗する。

思えばチーム編成がちゃんと機能していたのは後の訪れた2回の黄金時代をそれぞれ築いたベンゲル監督とストイコヴィッチ監督の頃だけで、それ以外はまるで冷蔵庫の中身を確かめずにスーパーで目に付いた食材や商品を買い物カートにぽいぽい入れてカード支払いをしている、買い物だけで満足して買ってきたものをことごとく腐らせるか、変な味付けで台無しにしたりしている人のようだ。

閑話休題。

実際、リーグから加盟を打診されたトヨタは、当初は断っていたそうだ。
だったらちゃんと断って、ジュビロやベルマーレやレイソルやセレッソや、それ以降に続く加盟チームと同様に、それなりにチームを整えてから挑めばよかったのだ。

しかし、結局は当初からリーグに加盟することになる。
ここがグランパスの最大の失敗だと思っている。

そして、豊田市かトヨタ自動車のいずれかが別の名称だったらまったく違う展開になっていたのではないかと思っている。

企業名をチーム名に含めることができないことで当時の一番人気チームだったヴェルディはリーグと揉めたりもしていて、それでもリーグは頑として要望を認めず、読売新聞はJリーグに旨味なしと退き、結果としてヴェルディは衰退していった。
もっともヴェルディの衰退はそれだけが要因では無いが。

それほどに企業名ではなくホームタウン名に拘ったJリーグの、しかもオリジナル10(リーグ発足時の加盟10チームの呼称)の一員だからというプライドを、僕はチームから感じたことは無い。

Jリーグ開幕年のグランパスのホームスタジアムは実質的には現在の瑞穂公園ラグビー場がそれだった。
これだってJ1ライセンスに於ける収容人数の規定を満たす施設では無いが、隣接の陸上競技場が改修されてそこでの試合開催が増えてからは辛うじて「名古屋がホームタウンのチーム」という雰囲気になったものの、それも豊田スタジアムが出来てからは、やはりグランパスは豊田市のチームだというイメージが強くなったと僕は思っている。

そして、名古屋市民にとってのグランパスはドラゴンズの次かそれ以下の存在だと思う。

オリジナル10のお荷物だったガンバとレッズとグランパスは常に三竦(三すくみ)状態で、Jリーグバブルの中でも名古屋はまったく盛り上がらなかった。
ガンバとレッズのその後の大躍進は周知の通りで、だから2010年に初めてのリーグ優勝を果たした時は、こんな僕でも胸が熱くなったが、しかし名古屋の街は、不運なことに同時に優勝してしまった中日ドラゴンズには沸いても、グランパスの優勝は「ついで」みたいなものだった。
少なくとも僕はそう感じていた。

話がとりとめもなくなってきたが、もう少し続ける。

「豊田グランパス」をJリーグがどうしても認めないのかどうかを再度問うてみて、もし承認されるのならばチーム名を改称してやり直すのが良いと思う。
Jリーグは発足時に「100年構想」を打ち出しているので、まだ80年近くの時間がある。

それがダメなら、もう1つの主要ホームタウン、みよし市を打ち出して「みよしグランパス」でもよい。・・・と思ったけど、なんかピンと来ないので参考意見にとどめておこう(笑)

グランパスは2012年からホームタウンを「愛知県」に広げている。
これもどうかと思うが、それで許されるなら「愛知グランパス」・・・カッコわるいか(笑)

いや、やっぱり「豊田市」は「トヨタ」と読むけど「トヨタ自動車関係者」だけの街ではないのでとリーグに陳情して「豊田グランパス」にするのがいちばんしっくりくると思う。

と、なぜこんなことを書いているかというと、今のグランパスがもうどうしようもない状態で、昨夜の甲府戦に敗れたことで遂にリーグ最下位になってしまって、それに腹を立てた一部のサポーター(500人とも1000人とも伝わっている)がスタジアムに居座り、日付が変わっても解散せずに不満をぶつけ、それに対するチームの対応もお粗末だったようで、チームにずっと蔓延って沈殿しこびり着いてしまっている根本的な問題が噴出したからだ。

噴出と言っても、これまでもチームが低迷している時も大躍進をしている時も、名古屋は熱くなることがなく、遂に最下位になったことも、たくさんの人に迷惑をかけただけで無意味なサポーターの暴挙もほとんど話題にはなっていない。
豊田スタジアムを埋める観客の大半は一般サポーターではなく、トヨタ系企業や自治体によって集客されたものだし、つまりは「チームと共に」と思っているサポーターはリーグの他のチームに比較して、おそらくはそんなに多く無いのではないだろうか。

今年5月、招待券で久しぶりにグランパスのゲームを豊田スタジアムで観戦した。
あれが招待でなかったら時間と交通費を返せと言いたかった。
負けたのは仕方ない。
負けても応援したくなるチームとは程遠い状態だったのがいちばん腹立たしかった。

もともとグランパスなんかこれっぽっちも応援する気がなかった僕が、それでもチームのホームタウンに住んでいるから、応援しているチームや選手を迎えるホームチームの試合を見ているうちに情が移り、黄金時代もそうじゃ無い時もチケットを購入してスタジアムで観戦するようになり、いつしか勝敗に一喜一憂するようになれたのに、だから余計に腹がたつ。

現在のチームとチームの環境には腹が立って仕方ない。

いっそ名古屋グランパスはJ2に落ちてもらって、それに代わろうという危害を持った愛知県内のチームにJ3でもJ2でもいいから頑張ってもらって、グランパスと切磋琢磨してJ1を目指す、そうなればいいかもしれない。

c0030705_12582268.jpg


写真は 2010年5月の豊田スタジアム、FIFAワールドカップ南アフリカ大会によるリーグ中断直前の対アントラーズ戦。
ピクシーが監督で豊スタが最上階スタンドまで埋まってた頃。
[PR]

by thin-p | 2016-07-24 12:59 | サッカー | Comments(0)

CLの会2011 表彰式・反省会

c0030705_033182.jpg


2004〜2005シーズンからの恒例行事「紳士が UEFA Champions League を楽しむ会」略して CLの会の今シーズンの結果を受け、その表彰式と反省会が開催され、バルセロナFCサポーターの紳士がその栄冠を手にして、我々は潔く心からの祝福を送るという儀式が本日恙なく執り行われた。

スポーツを愛する男同士の貴族的駆け引きが毎年数ヶ月間に渡って楽しめるわけだが、今年は、まぁ、いろんなことが重なって、僕自身は各試合は毎回結果を知った上で、科学の力で後追いでプレビューしたり、決勝に至っては海外のニュース映像を YouTubeで見ただけだった。

我がインテルはさすがに連覇は厳しかったが、イタリア杯を獲ったので好しとしよう。

思えば今年はまだスタジアムに行けてない。
だからグランパスの調子が今ひとつだということで満場一致したから、今月中にどうにかみんなで瑞穂グランドに行こうと、そんな決意を胸に、沖縄料理とトリスハイボールで満腹になって解散した。

と、表向きはいい感じの飲み会に思えるが、まーくだらないことばっか言って、第三者には、ましてや家族には絶対見せられない、ほんと低次元の飲み会だった。

あ、これ、卑下じゃなく自慢です(笑)
[PR]

by thin-p | 2011-06-01 00:34 | サッカー | Comments(0)

諦めなかったんじゃなくて

彼はずっと狙ってたんだってば。
絶対ゴールを決めて勝つんだって。

代表やワールドカップはまだまだ絶対諦めてないって言ってるから、それはそういうことなんだろうけど、普段の試合ではベンチでもピッチの上でもゴールと勝利を狙ってるはずだし、今日のゲームでは尚更だったんじゃないかな。勝手な想像だけど、でも、ニュアンスだけのことなんだけど、諦めない姿っていうのではなく、何が何でもやってやる!っていう思いを、若い世代はもっと強く感じ取って、受け継いで体現して表現して欲しいと切に願う。

Jリーガーだけではなく一般的男子も、男は皆、特に今の時代そうあってくれ。



J.LEAGUE CHANNEL @ YouTube

[PR]

by thin-p | 2011-03-29 23:44 | サッカー | Comments(0)

名古屋グランパスエイト

c0030705_012141.jpg

万年8位みたいな、そこが定位置なのはチーム名のせいだ、みたいな、毎年最終順位が確定するたびに、そんなことを言っていたのは過去の話。
2008年からは呼称が「名古屋グランパス」になり、そもそも「エイト」ってのが余分だったよねって、誰もいちいちグランパスエイトって言ってなかったし、長いし。

現アーセナルのベンゲル監督とピクシー、ドュリックス、トーレス、パシ、森山、中西とかがいた第1黄金期の中で最も輝き、チームをメジャーな存在に押し上げた功労者はピクシーであり、その彼が監督になっての初優勝だからメディアがそこにフォーカスするのは仕方ないし、闘莉王こそが功績者だとわかりやすい主人公を立てて記事や番組にするのもしょうがない。

実際僕だって、そもそもグランパスは好きなチームじゃなかったし、スタジアムに観戦に行くのはたいてい相手チームを見たいからだった。

だけど、その第1黄金期はホームゲームの半分くらい見に行ってた。
それはやっぱりグランパスのサッカーがおもしろかったからで、快進撃は痛快だったからで、常に何かを起こしそうなピクシーを見逃したくなかったからだ。

そうしているうちに素直に応援するようになり、ベンゲルもピクシーも去った今もスタジアム観戦しにいく。もっとも、これは一緒に見に行く友達が出来たからっていうのもあるんだけど。

昨日の試合はテレビ観戦してた。鹿島と神戸の試合とザッピングしながら。

優勝の瞬間は嬉しくて涙が溢れた。自分でもまさかと思った(笑)

初代GKのディドが今またアシスタントコーチかなんかでチームに在籍していてベンチにも入っていて、その彼が試合終了後にピッチの上で楢崎と抱き合って喜んでいるのを見たら、リネカーや元フリューゲルスの山口やジュビロから来た藤田俊哉とか、沢入とか呂比須とか、歴代の在籍選手たちの顔が浮かび、彼らが今何を思っているのかを勝手に想像してしまい、グっときてしまった(笑)

今シーズンのゲームはまだあと3つあるし、天皇杯もある。
どうかこのまま美しく強い、そして、どんな時もネヴァー・ギブ・アップなサッカーを続けて欲しい。

そして、この勝利によって、今までスタジアムに足を運んだことのない人々が一人でも多くサッカー観戦を体験してくれるといいなと思う。

昨日もラインを割って外に出たボールに思わず反応して、実にかっこいいトラップを見せてくれたピクシー。現役を退いた今も、彼の華麗なプレーはスタジアムに行けば見れるかもしれないので、見たことのない人はぜひどうぞ(笑)

僕も今期、もう1〜2ゲーム見に行きたいと思っている。

(写真は今年5月の鹿島戦@豊田スタジアム)
[PR]

by thin-p | 2010-11-22 00:05 | サッカー | Comments(0)

昨日のグランパス vs ガンバ@瑞穂陸上競技場

c0030705_23452128.jpg

昨夜は人呼んでサッカー三銃士、あるいは、サッカー同好紳士の会の三人でグランパスとガンバのゲーム観戦でした。月が美しい蒸し暑い夜でした(シートに座った時は風がまったくなくて泣きそうでした)。
が、スタンドに入る直前にビール売りの兄ちゃんがいてくれたおかげで、売店の長蛇の列の後ろにつかずに手っ取り早くビールが手に入って、シートに座ってからキックオフまでの時間も実はそんなに苦にならなかったというラッキーな僕ら(笑)

夏休み期間の日曜日のナイトゲームということで、スタンドはかなりの入りで、家族連れや少年サッカーとか部活のチームらしき団体も多数見受けられ、開始前の選手紹介もかなり盛り上がってましたね。あと、やっぱ今首位だし、グランパス。(公式発表は17,000人強でした。)

僕らはいつもは大抵アウェー側のメインスタンドなので、ホーム側の熱い応援を遠くから眺めながら割と落ち着いて観戦してますが、昨夜は久々にホーム側のメインスタンドということで、やっぱそれだけで気持ちが昂ってるのがわかって自分でもおもしろかったです。

サッカー見に行くたびに毎回書いてますけど、このシーンがいちばん好きです。
c0030705_2346148.jpg
試合に先駆けて、グランパスの親会社からランクルが贈られる月間MVPの表彰式。受賞者は闘莉王。

さあ、キックオフです。

実は僕ら三人でサッカー見に行ってグランパスが勝ったのって1回か2回で、ここ最近はずっと負けっぱなしで、いつも試合の後で飲み食いする席も、なんか悶々として、大抵映画や本や、あとはどうでもいい下らない、いや、三銃士の1人の老後にとっては大事な話し(?・笑)に終始していまして、サッカーを見に行ったのはついでで、ただの飲み会だったと思い込んで帰る、みたいな(笑)だから今日こそは美味いビール飲むぞ!、という悲願のちょい手前くらいのテンションで臨んだのでした。

ガンバの遠藤。前半で2回くらいコーナーキック蹴ったんだけど、いずれもコロコロキックでした(笑)
c0030705_23521262.jpg

グランパスには3人の日本代表と1人オーストラリア代表がいるし、ガンバには同じく代表の遠藤と、ここんとこ連続ゴールを決めている橋本や個性的な安田なんかもいて、あと韓国代表候補だったイ・グノ(元ジュビロ)と清水で人気の高かったチョ・ジェジンがいたり、人気選手が多数出場するせいもあって、女性ファンも多数観戦してまして、この遠藤のコーナーキックの時も僕らの周りにいた女性が、「ヤット!(遠藤のニックネーム)」と声をかけたりしてました。

内容的にはガンバが支配したゲームでしたね。一人一人の動きだしや攻守の切替の早さ、運動量、スピード、連携、テクニック、気持ち、どれ1つとってもガンバの方が上でした。サッカーの質として、見てておもしろいのはハッキリ言ってガンバでした。

タラレバの話しだけど、もし昨日の先制点がグランパスじゃなかったら、しかもそれが中村の実に美しいロングシュートじゃなかったら、結果は逆だったかもしれないっていう、それくらい値千金、いや、値二万金くらいの先制ゴールでした。写真は後半交代でピッチを去る中村をピクシーが讃えてるシーンです。
c0030705_23574159.jpg


グランパスは選手が常に2人くらい足りてないような状況でサッカーしてる気がしますね。
で、回さなくていいところでボール回してミスで奪われてカウンターくらう、の繰り返しばっかで。
楢崎と闘莉王を中心にDF陣が踏ん張って身体張って食い止めてるから失点してないだけで、他のチームなら2点ぐらい取られてるっつーの!っていう。

ダニルソンが徐々にチームに溶け込んで機能するようになってきてるし、マギヌンとケネディーと中村が一生懸命動き回ってるから、そこを起点やポストにした時はいいんだけど、右サイドに玉田が来た時の田中と玉田と、昨日だと小川の3人が絡むとあまりいいことが起こらない。てか、窮地に追い込まれがちなのが見ててハラハラ、いや、イライラしてしょうがないんですよね。
狭いところで三人でボール回して奪われたシーンが2回くらいあったし。

じゃ、左サイドはどうかと言えば、昨日はガンバの安田や橋本がすごく(グラにとって)イヤなとこイヤなとこに顔出してくるし、遠藤も後ろからすごいとこへ出てきたり、ボール出してくるから気が抜けないのもわかるんだけど、阿部の存在感がほとんどなくて、左から崩したのって無かったもんな。

2点目と3点目は左側から入ったボールだったけど、それ、どっちもセットプレーとかコボレ球だし。

あ、これ、ケネディーがヘディングで押し込んだ2点目です。
c0030705_0111847.jpg

なんだかんだ言いながら、ホーム側のスタンドだとゴール後の盛り上がりがちがいます(笑)

ボールよこせ!と、今にもピッチに駆け込んで怒濤のドリブルで攻め込んで行きそうな勢いのピクシー(笑)
c0030705_0124698.jpg

勝ったー!3−1で名古屋が首位をキープ!しかも清水と鹿島と川崎が破れたから2位との勝ち点差は5!次節は現在最下位の京都をホームに迎える好条件。こういうのを取りこぼすのが名古屋の悪いところなので、どうにかキッチリ確実に勝ち点を重ねてもらいたいですね。

c0030705_014166.jpg

それにしても、こんなクソ暑い中で中2日とか3日でサッカーするのって、ほんと選手やスタッフは気の毒でしょうがないです。出来ることならやめて欲しいです。どう見ても後半はほぼ全員が動けなくなってるし、主力とか一生懸命動き回ってる選手は特にクタクタになってるのが僕らでもわかるくらいですからね。
せっかくスタジアムへ応援に行くのならば、やっぱ万全なコンディションのゲームを見たいですから。

c0030705_0183167.jpg

なにはともあれ、両チーム合わせて4つのゴールが見れたし、ようやく僕らの目の前で名古屋が勝ったし、負傷者や退場者などを出すような荒れた試合ではなかったし、ホーム側だったし、入場してすぐのビールも美味かったし、後半は風も吹いて気持ちよかったし、月もきれいだったし、言うまでもなく、観戦後の中華料理とビールは最高にうまかったです(笑)
c0030705_0214234.jpg

次に行けるのは最終節かな。優勝が決まるゲームだといいな。(と言いつつ、清水にも...)
[PR]

by thin-p | 2010-08-24 00:27 | サッカー | Comments(0)

すげえなあ、パウルは、タコのくせしやがって

はい、タコに負けました。つまりタコ以下。
あと、更に今日は1日朦朧デーだったオレですこんばんは。

しかし、いろんな意味で見応えのある決勝戦でしたね。無理して寝てすぐ起きた甲斐がありました。
昨日のスペインは、昨日のオランダよりも勝者にふさわしいチームだったのが勝因ですね。
オランダは敗者になってから、勝者に限りなく近いチームになれましたね。
わかった風な感想だけど、それが直観です。
あと、アメリカ人はシャビをトニー・スタークだと思い込んでるだろうし、イニエスタはC3-POに違いないと思っていることでしょう。なこたぁない。

今大会の総括的なことを書き始めると延々長くなるので、今日はやめておきます(笑)

と、いうことで、とりあえず FIFA.com のサイトから印象的な写真を1枚拝借したので、それを貼って2010ワールドカップ南アフリカ大会を閉会したいと思います。って何様だ(笑)

c0030705_23413681.jpg


イベントや祭りのプロデューサーとか実行委員長とか、それはプロとしてでも町内会やPTAの役員としてでも、務めた経験のある人は、このブラッター会長の気持ちがものすごく理解できると思います。

彼の正確などを詳しく知らないのであくまで想像だけど、事を成し遂げた今、きっとそこにいるすべての人が愛おしくなっているんだろうなっていう、すごくいいシーンです。
[PR]

by thin-p | 2010-07-12 23:54 | サッカー | Comments(2)

1.オランダ - 2.スペイン - 3.ドイツ ってことで

c0030705_0413153.jpg

いつの間にやら人気者になっていた話題の占いタコ、ドイツのオーバーハウゼンの水族館「シーライフ」にお勤め(?・笑)のパウルくんが優勝はスペインだっつって、フザケタことヌかしやがったもんだから、近所の魚屋(新鮮で安い!)で茹で上げられたプリップリな三重県産のタコがあまりに美味そうだったので刺身とマリネにして晩飯に食ってやりました。どっちも実に美味かったわー!わっはっは!(写真は FIFA.comから)

さて、スカパーのワールドカップ特設サイトを見ると、出場各国の国旗アイコンがどこかで見覚えのあるものだということにお気づきの人もいると思うんだけど、
c0030705_0454090.jpg
c0030705_0455365.jpg

そう、iTunes の各国Storeの国旗アイコンのパクりですね。
c0030705_0443448.jpg
c0030705_05157.jpg

ただ、今回のスカパーのワールドカップ中継にはおもしろい試みがたくさん盛り込まれていて、いちばん楽しかったので、僕はそんなアイコンをパクったくらいのことでとやかく言いませんけどね(笑)--> スカパーのワールドカップ特設サイト

さて、ワールドカップ南アフリカ大会もあと残すところ 2試合。
タコなんかのよりも僕の予想が的中しますように(笑)


こんな中途半端にパクるなら、いっそそのまま使っちゃえばいいのにね(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-07-11 00:59 | サッカー | Comments(0)

もしもウルグアイが優勝したら

c0030705_2339471.jpg

ハンドボールの写真じゃなくて、先日のワールドカップの準々決勝、ウルグアイ vs ガーナ戦の延長後半終了直前のシーンだ。

あれが許されるなら、なんでもアリじゃんね。

テニスの試合を5人対5人でやるようなものだ。 ん?例えを間違えた。
シンクロナイズドスイミングをアクアラング付けてやるようなものだ。 ものか?
え〜と、そう、バレーボールを際どい水着でやるようなものだ。 それは許す。
じゃなくて、卓球が石野、、、あ、もういい? (笑)

例えば、ボクシングの試合で致命傷となるパンチを食らいそうになって、思わず真空飛び膝蹴りを繰り出してしまってノックダウンを奪ってしまう、みたいなものだ。 お?ようやく合ってる例えかな?

まあ、ド反則なのでノックダウンは無いとしても、それが故意かどうか見れば明らかであっても、本人が、咄嗟にやっちゃいましたって言えば許されるのか?みたいな話しだと思う。
例え、相手が打ち所が悪くて即死してしまったとしても許してしまえるのか。

サッカーは手を使っては行けない。
失点の危機を手で防いで退場になっても褒められるのなら、そういう「ハンド〜退場」要員を1人入れて逃げ切るという戦法もアリになってしまう。だって、思ったより咎められないみたいだし。

それにしても今大会はハンドのファールが多い気がする。
それはレフリーの質やジャッジの仕方にもよるところがあるけど、片方ではグループリーグでのブラジルのルイス・ファビアーノの2ゴールもハンドによる得点はやったもの勝ちだった。
そういうことばっかしてるチームはきっと勝ち上がってはいけないようになっているのだ。

そういう理由で言えば、アルゼンチンがドイツにこてんぱんにやられたのは、もしかしたら、マラドーナが監督だったからかもしれない。

ウルグアイが優勝したら、それが正々堂々とした勝ち方だったとしても、おもしろくない。
いや、正々堂々勝っちゃったら、スアレスのハンドも正当化されてしまい、余計におもしろくないことになる。

一押しだったアルゼンチンがあっけなく敗退してしまった今は、どうかスペインに優勝してもらいたい。
できたら、ビジャには、ドイツ相手にハットトリックを決めて欲しい(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-07-06 00:00 | サッカー | Comments(0)

ワールドカップもいよいよ準々決勝

c0030705_22335260.jpg

そう、日本が敗退したって、ワールドカップはあと1週間続くんです。
今夜から準々決勝なんです。
開幕直後は毎日それ絡みのことを書いてたくせに、いつの間にかサッカーのサの字もワールドカップのワの字もねえじゃねえかというご指摘は僕の人柄と日頃の行いの良さから直接は届いていませんが(笑)(いや、サッカーの字とワールドカップのワの字はあるな・爆)、それ以外にもほんとはいろいろ書き記しておきたい事がたくさんあるのに、なかなか思うに任せないところがありまして。

ってことで、今夜はこれからオランダ vs ブラジルだ。その前に ひとっ風呂あびてきやっさ。しゃー!
FIFA.com

そうそう、前日本代表監督 オシムさんのツイートと共に観戦すると感動が増幅するよ。
--> @skyperfectv

[PR]

by thin-p | 2010-07-02 22:36 | サッカー | Comments(2)

新しい朝がきた。希望の朝だ。決勝T進出!!

興奮した。感動した。おもしろかった。ずっと力みっぱなしだった。かっこよかった。岡田監督、饒舌(笑)、前半40分からチームが覚醒した。オルセン、苛立過ぎ。日本はチームの雰囲気がよい。明るい。初めてワールドカップで日本の試合を楽しめた。もっといける、気がする。よかった。ほんとよかった。もう寝なくていいや(笑)

c0030705_534477.jpg


今日は いい日だ。

[PR]

by thin-p | 2010-06-25 05:35 | サッカー | Comments(0)