ビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ

1つ前のエントリーのビデオを撮ったのは、ビデオしか撮れない neXXion Movie Com 038 というコレ。
当時、たしか 2,980円で買ったもの。
SDカードに記録して音声も同録できるし、USB接続もできる。
それ以上でも以下でもない(笑)

c0030705_22524730.jpg
c0030705_22524732.jpg

c0030705_22524731.jpg

こいつで撮ったビデオがコレ


[PR]

by thin-p | 2017-04-02 22:55 | ビデオワーク | Comments(0)

6年前の今日

6年前にトイビデオカメラで撮って、ちゃちゃちゃっと編集して公開していた動画を、思うところあって、というか、ちょっとしたきっかけがあって、あらためて見返してみたら、もうちょっとちゃんとしとこうという気になってやり直してみた。

もう半月ほど前に出来上がっていたんだけど、なんやかんやあったり、どこにポストしようか考えているうちに、ちょうど6年後の今日になった。

思えば今年になってまだこのブログに投稿をしていなかったのでここにしよう。

あの日の前後のことを、時間が経過した今あらためて話したいと思っている。
それは近いうちにポッドキャストしようと考えている。


ということで、2011年3月31日に大阪で撮ったビデオをどうぞ。
タイトル:「MEETS in meets」


このタイトルは、6年前の今日まで ilha で開催されていた作品展をそのままいただいた。
撮影に使ったのはビデオしか撮れない NEXXION コンパクトデジタルムービーカメラ。
音楽:Self Heipless / Her Space Holiday

当時のブログエントリー



[PR]

by thin-p | 2017-03-31 00:20 | ビデオワーク | Comments(2)

ミュージッククリップをつくった

佐野元春の最新アルバム「ZOOEY」のプロモーションとして、そのリードトラック「世界は慈悲を待っている」のミュージッククリップ・コンテストに作品応募した。

c0030705_1814580.jpg


*コンテストの特設ページ (佐野元春:オフィシャル・ファン・サイト内)

昨日 5月31日の締切までに応募されたのは39作品。
そのすべてが特設サイトに埋め込まれて一覧になっているので、よかったらご覧下さい。

これはまず今回の課題曲「世界は慈悲を待っている」の100秒プレビュー版を公式ページからDLして、それにオリジナル映像(動画、スチルのスライドショー、アニメーション、CGなど)をつけて仕上げ、YouTubeで公開してコンテスト事務局へそのURLをシェアするというシステム。

2006年にもアルバム「COYOTE」リリースを記念して同様のコンテストが開催され、その当時はFacebookはまだまだ始まったばかりで、ミュージシャンやアーティストに人気だった MySpaceをフィールドとして展開された。
余談だけど MySpaceが衰退していって国内でも徐々に Facebookが台頭し始めた2009年に僕も主なフィールドをFBへ移してしまい、それ以降、MySpaceは完全に放置状態で、今はもうそっちでつながっている海外のミュージシャンとたまにメッセージの受け渡しをするだけだ。

話しを戻すが、ご存知の方もいると思うけど、僕はそれにも応募した。
当時の課題曲は「COYOTE」からシングルカットされた「君が気高い孤独なら」のプレビュー版だった。

そう、あの頃はまさか動画やビデオ作品を仕事のコンテンツにするなんて思ってなくて、ましてや映画作品を撮るなんて(撮りたいとは思っていたけど)あまり現実的には考えていなかった。
だってその時に使ったカメラは CanonのPowerShot、つまりコンデジの動画撮影機能だったもんね。

それはそれでとても気に入っていて、いまでも佐野クンの公式サイト内のコンテストページにちゃんと作品へのリンクが掲載されているのがちょっと嬉しかったりする。

そもそも僕は佐野元春になりたかったので、彼の作品にダイレクトに関われるこの状況が嬉しくてしょうがないのだ。

今回はコンデジではなくビデオカメラとデジイチのビデオ機能を使って撮った。
主人公を演じてもらったのは仕事でいつも協力してもらっている名古屋のタレント事務所「VoiceVoice」所属の かなやま ゆうこ さん。

僕の描いたストーリーにぴったりだった、いや、むしろ彼女をイメージしてストーリーを思い描き組み立てた。

歌詞を何度も何度も読み、歌を繰り返し繰り返し聴いて自分の中に取り込んで、それを映像にした。

僕が描いた約100秒(正確には1分47秒の作品)の「世界は慈悲を待っている」を、ぜひご覧いただきたい。

そして かなやま ゆうこ を愛でていただきたい。



ついでに、2006年の「君が気高い孤独なら・ミュージッククリップ」もどうぞ。
*ブログの仕様でMySpaceにアップした動画が埋め込めないのでリンク先で視聴してください。

もひとつついでに、製作中の映画「二面 -2 face-」の予告編をロックバンド「DYNAGON」のミュージッククリップとしてリメイクし公開中のこちらもどうぞ。


ミュージッククリップづくりは実に楽しい。
[PR]

by thin-p | 2013-06-01 18:07 | ビデオワーク | Comments(0)