カテゴリ:雑記帳( 256 )

言論の自由を考える

趣味や嗜好の「好きではないもの」「苦手なもの」「嫌いなもの・嫌悪感を抱くもの」「ダメだと思うもの」について SNSで本心、本音を表すことをしなくなって久しい。

飲食についてはそれほど意識をしないけれど、音楽や映画や書物や人物のそれを表すと、SNSでつながりのある、それが好きな誰かの気に障るのでは、とついつい気にしてしまうから。

オンライン/オフラインのそれぞれに溢れる、みんなが使う言葉の選び方についても同様で、それが嫌だとか耳障りだとかを表すと、それを使って会話や投稿をしている人たちを批判することになる、とか気にして飲み込んだり引っ込めていたり。

番組、作品、イベントなどに於いても、くだらないと吐いて捨てれば良いものを、それを僕が言ってしまったらおしまいだ、とか、それは言わない約束でしょ、みたいに思って踏みとどまったり。

面白くもなんとも無い意見や思想や、なんのひねりもない正論や、曖昧なソース浅い知識と思い込みでさらに歪曲して捉えたまま、さも自分の思想哲学のごとく拡散している連中と、それらを手放しで褒め讃え追従するフリだけで、実際は何もしていないバカな連中が、などと表したら、それを崇拝している誰かが気を悪くしないだろうか、などと、ついそう考えてしまう癖がいつの間にかついてしまっていることに自己嫌悪したり。

「飲食についてはそれほどでもない」と書いたけれど、飲食店についてはあれこれ思うところはたくさんあるが、それも SNSのつながりを意識して、なにも公に発表しなくてもよいだろうと思って表さないようにしている。

と、いう閉塞感というか不自由さを、実は少し前まで悩んでいた。
ま、悩んでいた、というほど大げさなものでもないが、ネガティブな感想や攻撃的意見は、どう表そうが、文字だけで正確に伝えられるものでもなく、それが世に言う炎上にであり、僕なんかの個人的な意見がそういう現象にまで発展することは無いだろうけれど、普通の文章でさえ、ちょっとしたニュアンスの捉え方で誤解を招くこともあるし、それは言葉足らずということでなんとなく解決・解消できてはいるものの。

そもそも、ネットが無い頃は、そういう戯言は直に相対する身近な人たち、家族や同僚や友人たちと、本音と冗談を交えながら、ひとつの話題として表し合い、補完し合い、学んだり自分が知らない情報を得たりしていたわけで、ネット上で文句や悪口や批判や自分の間抜けな出来事や、時には自分が引き起こしてしまった事件についても平気で発信してしまう人は、そういうオンライン/オフラインがシームレスになってしまっているのだろう。

ネット上で文字だけで物事を正確に表すことができる人なんかごくわずかなはずなのに、ライターと名乗る連中ですら、ろくな文章が書けていないのに、ましてや素人がと、言わずもがなだと思う。

直に話せたり、例えば自分の言葉で話した音声を収録し配信するのならまだしも。

ネットの上で政治、経済、社会、哲学、宗教、芸術、芸能、日常、暮らし、趣味趣向、嗜好を区分せずに、伸びやかに自由に発信したり、交感・交換したりするのに、僕のメンタリティでは対応できないことを自覚した。

そしたら少しは楽になった気がする。

僕の言論の自由は、自分の作品とオフラインで展開するものと決めたら更に楽になった。

と、いうことなので、よろしくお願いします。

[PR]

by thin-p | 2017-10-15 11:59 | 雑記帳 | Comments(0)

粋 ←→ 無粋、野暮

思いめぐらせたこと、考え、主義、主張などは SNS ではなく、誰かに直に、か、ブログとかポッドキャストとかで表出することにしている。

SNSで「今日こう言う奴を見て腹たった」とか「こういうことをする奴は絶対許せない」などと“走り書き”しているのを見る度に、それをここで書いたところでどうにもなるまいと思うし、そんなのはこっちの目に触れないところでやっといてくれ、と思うからだ。

ブログと SNS と 何がどう違うのかと問われれば、それは説明できるけど今日はしない。

さて、この記事のタイトルについて。

僕のSNSにつながっている人はご存知だと思うが、昨日、若い頃から時々寄らせてもらっていた店が暖簾をおろした。

閉店を惜しむ常連や、近隣の人たちや、その店の味や人や空間や内外装や皿の一つなどのいろんなものに思い入れとか思い出があったりする人が懐かしんで駆けつけたり、仲間同士や家族で集ったり、しかし店の人たちのうまい客さばきやコントロールによって、いつもとほとんど変わらない雰囲気で淡々と運営されていた。

ただ、普段と違うのは、外には常に10数人が並んでいるから、追加オーダーはなしとか、普段はやっている持ち帰りはなしとか、並んでいる時には整理券の代わり番号と人数をメモした紙を配布されたりということはあって、幸い外にいても寒くも暑くもなく、並んでいる間はその店と店の前の通りの景色を見ながら、そう、懐かしい歌を聞いて当時のいろいろなことを思い出すのと同じような感覚を楽しむことができた。

やっぱり良い店とはそうやって締め括りができるのだと思い、人も同じだと思った。
良い人生とはそういうことなのだろう。

人気飲食店の店じまいはニュースでありイベントだ。
長く愛された店であればあるほどその話題性は大きい。
俳優やミュージシャンやタレント、アーティストなんかの他界も同様。

だから、おそらく今まで大した興味も思い入れも無かった連中もそこに属していようとして初めて訪れた客もいて、それは並んでいる間の雰囲気や席に通されてから初めて見るであろうメニューからオーダーを組み立てようとしている様子から窺い知れた。

一人だった僕が案内されたのは、まさにそんなカップルとの相席だった。

瓶ビールと冷奴とじゃこおろしと串カツをオーダーして、一眼レフを持った彼女は写真を撮りながら、彼も仕事を切り上げて来たことでやれやれな感じでとりあえずビールをグラスに注ぎ、すぐ横のテーブルについた家族づれが追加オーダーは受けられないと言われたそばから追加オーダーをどうするかを考えていた。

いろんな思い出や思い入れがある僕ですら、さっさとオーダーしてさっさと食べ終え、さっさと勘定してもらったら、店の人たちと店主にごちそうさまを告げてさっさと店を出て、腹をすかせて並んで待っている次の人が早く席に着けるようにしてあげようと思っているのに、その店になんの思い入れも思い出も共有すべきことなど何一つないカップルが、話題に乗るためだけにそこに居て、それが果たせた瞬間に料理も接客も雰囲気もどうでもよくなっていて、居酒屋的に好きなものをオーダーして、カップルと言うより一人が二人いる感じで自由に楽しんでいるのを半ば呆れつつ傍観しながら、いつの間にか心の中でその二人を見下している自分もどうかと思い、テーブルの半分に結界を引き、そこからは孤独のグルメを楽しんだ。

以前、通っていたバーの閉店の日にマスターが話していたのは、SNSのおかげで、今まで店を知らなかった人たちが訪れてくれるのはありがたかったけれど、そういう連中はスタンプラリーで遊んでいるかのように、とりあえずやって来て写真を(勝手に)撮って公開したらクリアだから二度と来ないのがほとんどで、常連のケアが出来なくなってしまったり、ヘタをすると(好き勝手に)批評までされてロクなことがないということだった。

自分だけはそういう連中とは違う。
自分は SNS の使い方をわきまえているつもりだ。

などと思っていても、大局的に見たら大同小異かあるいは同じようなものだと自戒する。

昨晩、僕と相席だったカップルに、今日は君らのような一見が来て良い日ではなく、自分勝手に自由にオーダーして、自分の時間で席を占拠して良い日ではないのだ、と言える立場でもないし、そう思ったことをあとからこうして書き残すのも違うなと思ったけれど、SNSが良くも悪くも飲食店や接客業に様々な影響を及ぼしているのは確かなことで、最近いろいろ思うところもあったので、敢えて書き残しておこうと思う。

客と客が使う SNS の良し悪しもあるけど、店や店の人間が発信する SNS にも良し悪しがあって、それによってその店から足が遠のいたということもある、ということも書き添えておこう。

---
さて、このタイトルについて。

そのまんまである。いい歳なので今いちばん意識するのは「粋」かどうかなのである。

20代はいろいろ経験していけばよいと思うが、30代以上の無粋や野暮はカッコ悪い。



[PR]

by thin-p | 2017-06-01 19:33 | 雑記帳 | Comments(0)

「お世話になりました」という台湾の作家によるジオラマ

c0030705_22001109.jpg

作品名:お世話になりました

作者:鄭鴻展(台湾)


8月最終週末に浜松市で「第5回浜松ジオラマグランプリ」を開催した。

この大会は、全国から応募のあったジオラマ(情景模型)作品のうち、一次審査を通過したものを浜松市の会場に展示して、一般来場者とプロ作家審査員の投票でグランプリと各賞を決める、世界で唯一のジオラマコンテスト大会だ。

応募者の年齢性別も作風も年々幅が広がり、その多彩さとクオリティはたくさんの感動を与えてもらえる。

SNSのおかげで海外の愛好者にも情報が伝わるようになって、昨年と今年は台湾からの応募作品もあった。

今年はその台湾からの作品が一般来場者投票も審査員投票も1位で、従って総合優勝としてグランプリを獲得した。

応募時に提出してもらった作品説明には、作者がFacebookで世話になった鰻屋の店主に感謝を伝えたくて、だけどお礼はいつも辞されるから、画像検索の写真を元に、その店をジオラマ作品で再現して大会に応募することで恩返しになればと書かれていた。
ジオラマを作り始めてまだ日は浅いそうで、寝る間を惜しんで作り上げたと語っていた。

FBのフィギュアグループで知り合い、お世話になった69才のおじいさんの店を、googleの写真を見ながら想像し、ジオラマにすることで忠実に再現しました。

おじいさんは私が礼を返すのをいつも断るため、代わりにこの作品を見て頂けたら喜んで貰えるかと思い、制作しました。この作品は、私からおじいさんへの、【感謝の気持ち】です。(応募書類より引用)

写真は店の表からのものだけど、裏側は厨房や客席、座敷などが驚くほど緻密に丁寧に再現されていて感動的ですらある。

その店は名古屋の店だということを知り、今日、出かけたついでに行ってみた。
便利な世の中なので科学の力ですぐに見つかった。

c0030705_22071056.jpg

いま浜松ジオラマファクトリーで展示されている作品の実物がそこに建っていた。

玄関に張り紙があった。

c0030705_22074013.jpg

近づいてみたら、店主が急病でしばらくのあいだ休業すると書かれていた。
日付は 8月22日だった。

名古屋市北区「うなぎの芝金中店」のご主人の病気をが治り、お店も再開して、そして鄭さんの心が届くことを心から願う。


c0030705_22075987.jpg


*浜松ジオラマグランプリ事務局長としては今回に限らず、出展作品と作者について個別に言及することは原則として控えている。だから、これはあくまで個人として書いた。


[PR]

by thin-p | 2016-09-04 22:12 | 雑記帳 | Comments(0)

インターネットでの発言発信は、かくも恐ろしいという例

先日 Facebook に、アスリートにとっての 銀メダルと銅メダルの意味について、オリンピックのライブを見ながら思ったことを投稿した。


僕は Facebook への投稿を Twitter へマルチポストしない設定にしているけれど、自動投稿設定にしている場合は本文の冒頭部分だけが Twitterにポストされ表示もその部分となる。


例えば、Facebook投稿本文の冒頭数行に何かを否定することを書いて、それが後半に続く「肯定」的意図の内容の前振りだったりすると、否定的な部分だけが Twitter に流れることになる。

興味を持ってリンクを辿ればちゃんとした意図が伝わるけれど、パッと見ただけではネガティブな印象だけが伝わり、更に RTやネタ系サイトなどで その投稿者の人格も含めてネガティブさだけが一人歩きをして、それが公人や有名人だったりすれば当然炎上となる。


民進党議員が、僕とは表現の仕方は違えども、銀メダルの意味と、それを獲得した選手を讃え労う内容を Facebookに投稿した。


それはここにあげた例のようなもので、本意の前の書き出し部分にネガティブなことを書いてしまったために Twitterで揚げ足を取られ攻撃されている。


文章を書くのが好きな人なのだろう。議員だからということもあるだろう。

SNSの効果的使い方も意識していたりもするのであろう。

SNSの書き出しはキャッチーであるべき、という意識もあったのかもしれない。


と、いうことで、Facebook → Twitter 設定をしている人は気にしとくとよいと思います。


該当の投稿

Twitter → https://twitter.com/310kakizawa/status/766456001323081728

Facebook → https://www.facebook.com/mito.kakizawa/posts/1085320288215369


この議員についてはこの件で初めて知ったので、特にどうという思いはない。

投稿内容についてもどうこう言うつもりはない。


[PR]

by thin-p | 2016-08-22 10:56 | 雑記帳 | Comments(0)

感想文を表さなくなった理由・・・(んな、大げさな、っていう・笑)

古い友人は、僕が雑文を書くのが好きだと知っている。
かつてはこのブログや自分のウェブサイトに様々な感想やエッセイや創作や、とにかくいろいろな文章を公開していた。

それがいつしかほとんど書かなくなってしまった。
と、今朝 Facebookにポストした。

で、あらためて、なんで書かなくなっちゃったんだろうと振り返ってみた。

いや、振り返るまでもなく、理由は1つだけ。

SNSを始めちゃったからだ。

好きなこと、嫌いなこと、良いと思うこと、ダメだと思うこと、良い作品、ダメな作品、良い店、ダメな店...etc..

良いと思うことは問題無いけど、嫌いなことやダメだと思うことが好きな人もいるだろう、と考えてしまって下書きでやめてしまうことが何度かあって、SNSの投稿って、一方的に好き勝手に発信できるブログやウェブサイトでの記事とは違う面倒臭いことがつきまとっちゃうなあと思い始めたのが大きな理由だった。

それと、戯言や雑感や本音本心はネット上に表すより、気心の知れた友人知人と相対して会話した方が楽しいしあと腐れもないと思っている。
SNSは利用するにはいいが、やっぱり何かとめんどくさい。

けれども、思いや本音を表したい気持ちはずっと変わらず持ち続けているから、ここであらためて、本音本心はブログにエントリーして、記事によってはSNSでシェアすることにする。

ま、結局は自意識なのだろうな。気にしないけど、それはそれで割と強い方なので(笑)
[PR]

by thin-p | 2016-08-02 22:57 | 雑記帳 | Comments(0)

何から伝えればいいのか、わからないまま時は流れて(大阪ぶらり旅 編)

や、時は流れてって、昨日の話しですけどね。

はい、僕の例の面白エピソードを聞いたことがある人にはお馴染みのアノ歌からはじめてみましたが、つまり昨日久々に大阪へ行ってきたよって話ですよ、要するに。
で、何から伝えればいいのか…ってほどに、今回もたくさんのエピソードを持ち帰ってきまして。

昔だったら事細かに旅の記録的なことを書き残そうとしたけど、もうそういう表層的なことを面白可笑しく書くような季節も過ぎて…っていう、ね。
長々と書いても、僕の文才をフル稼働しても、第三者には伝えきれない、というか、伝わるわけがない、いや、理解なんかできるわけがないし、今回は久々にまったくのオフだったってのもあるから、もう細々とは書かない。


だってね。

商店街をぶらついて思いつくまま食べ歩きしてるのを知ってか知らずか、寄る店よる店、みんな世話焼いてくれたり。

2年も前にたまたま立ち寄った食堂に行ってみたら、ちゃんと覚えてくれてて、再訪をとても喜んでくれて、いろいろサービスしてくれたり、とか。

思いがけず再会した「表現」を標榜している渋い声の紙芝居師でナレーターで役者でコンサルタントなおっさんと、なぜだか遠い外国の話しをしたり。

いろいろな偶然とそのきっかけの連鎖で知っただけの僕を、行きつけのような、常連のようにさせてくれる居心地の良いカフェを今月閉めるという女主人と、さも先週も来て今週も来た的な、そうそう、あの話の続きなんだけどね、みたいな感じで美味しい珈琲と、普段は絶対オーダーしないタルトがこの上なく美味しく思えたり。

最初は店を閉めると聞いて残念だな、とか、寂しいなとも思ったけど、女店主と今生のお別れってわけではないと思ったら、勘定払って店を出て、あの急な螺旋階段で地上に降り立つまで終始いつもどおりでお互いいられたのも心地よい余韻になった、な、と。

そういうひとつひとつを面白がれて楽しめちゃうってのは、ある意味才能だな、とか言っちゃったりなんかしたりして。かっこわらい。

なので、とりあえず何を食ったか書いときます(笑)

まず新幹線の珈琲。
新大阪〜難波へ。
そこで大阪以外では「キツネそば」だけど、大阪だと「たぬきそば」を立ち食いで。
イカ焼きを立ち食いで。
千日〜法善寺〜御堂筋〜をぶらぶらと。
九条の「欧風めしや 皆様のゼニヤ食堂」で絶品トルコライスを。
浅利のおすましをサービスしていただいちゃって、しかも…(このパートだけ、別記事書くかも)
九条の商店街の路地裏で天ぷらを立ち食い。
同じく商店街でたこ焼きを。
14時から焼き始める角の焼き鳥屋で焼きたてのねぎまとモツ焼を。
cafe hamesh で珈琲とオリジナルタルト(絶品!)を。
九条の路地裏の居酒屋で、ギトさんとサシ飲み。
ここで食ったものを列記しとこうか。
タコの煮付けの先付けから、刺身(10点)盛り、クジラの生姜焼き、モツ煮込み、カキフライ、白子の軍艦巻き。もーね、何食っても美味くて絶品な上に良心的に安し居心地も良い。

その居酒屋で ギトさん、こと、同い年のタカギトオル氏とのサシ飲み。
3回とか4回とかしか会ったこともなく、その人の何を知ってるわけでもなく、相手だって僕の何を知ってるでもない間柄なのに、いや、だからなのかな、誰にも話したことのない、もしかしたら墓場へ持っていくしかなかったかもしれない話しをしたりされたり、そんなことや。お互いの腹を掻っ捌いた挙句に出した結論が、二人とも目指すのはマッサージ師、という、そんな感じで(笑)

てなわけで、とりとめもなく写真も適当なチョイスやけど、まあ、ほんま行ってよかったから、言いたいのはそれだけやから、そんでカンニンしたってや、な。(ネイティブの皆さん、ゴメンなさい・笑)

c0030705_22253616.jpg

c0030705_22252426.jpg

c0030705_22251478.jpg

c0030705_22251970.jpg

c0030705_2225636.jpg

c0030705_22244931.jpg

c0030705_22253397.jpg

c0030705_222529100.jpg

c0030705_2224971.jpg

c0030705_22241598.jpg

c0030705_22242825.jpg

c0030705_22242452.jpg

[PR]

by thin-p | 2015-12-10 22:29 | 雑記帳 | Comments(2)

てへっ

78回目の誕生日を迎えた母に今朝電話をしたら
「いまねえ、ボウリングの練習中!てへっ」だって。

実際に「てへっ」とは言ってないけど、女の子がちょっと照れて嬉しそうに「えへっ」とか「きゃはっ」っていう感じで発する擬音に、例えば小さく舌の先を唇から出して、首を少し前に出しつつ上目づかいの、思わず「しゃーねーなー」とこっちが笑ってしまうような態度の絵が合わさったイメージを、うまいこと表すのが、つまり「てへっ」になのだと、母の弾んだ声を電話越しに聴いて妙に納得したのであった。

c0030705_0151888.jpg

写真は、秋に実家に寄った時のスナップ。カモフラージュTシャツなんか着たりして、人間の年齢にしたら母と同世代になって、すっかり足腰が弱ってしまった飼い犬に運動をさせているところ。腕時計は親父の愛用品だったもの。
[PR]

by thin-p | 2015-11-11 00:16 | 雑記帳 | Comments(0)

魔女の秘密展

名古屋市博物館での「魔女の秘密展」
仕事を切り上げて出掛けた甲斐があった。

c0030705_2125444.jpg


史実、宗教、群集心理、不安、不満、業、戦争...そしてファンタジー。
テーマに現実と非現実が混ざり合っていること、人間の負の面(ダークサイド)、危険な思想と思考、危うさ、S&M、差別、欲望、残虐性、現実逃避、利己、排他、純粋主義...それらを巧みにやんわりと刺激する、良く練られ構成されたなかなかすごい企画展だった。

更に Now & Then のすべての女の子を惹き付けるマーチャンダイズ。

と、この内容で感想を FB にポストしようとしたら、中に人にダメだと断られた。
NGワードがたくさん含まれているからだろうな。

この企画展、名古屋では 9/27まで。ぜひ。

名古屋市博物館「魔女の秘密展」

魔女の秘密展 公式サイト
*10/10から浜松で開催だそうだよ。
[PR]

by thin-p | 2015-09-22 21:27 | 雑記帳 | Comments(0)

歳時記

制度や法律、ルールについての意見は様々あってよいと思っている。
いや、そうあるべきだと思っている。

c0030705_23205853.jpg


安保法案については基本的に賛成という立場である。
ただし、その賛成は無条件という訳ではない。
腑に落ちない事やそこに至らしめた立法府のやり方を諸手をあげて支持するつもりはない。

反対の人がいても当然だと思う。
しかし、それが己の考えであれば良いが、そうした風潮やムードを間違ったことに利用しているヤツらに騙されちゃいけない。
好き嫌いや気分でどうこうできる問題ではない。
まともな審議を阻んだのは誰なのか、煽動しているのは何なのか、まともな感性と常識を持った人であれば、冷静に考えれば明白なことだ。

で、実は、そんなことより(そんなこと、だなんて書くと怒る人もいるかもしれないが)日本の伝承文化である歳時記をめちゃくちゃにしちゃったハッピーマンデー制度を法制化したことの方が間違ってたと思う。

暦そのものに新旧があるから季節のズレはとっくに生じてしまっているし、それは仕方ない。

けど、四季を持つ国の季節感や歳時記という素晴らしい伝承文化を、後世にどう残して行くかを考えるこの頃。

そういう形而上のことを感じたり理解出来るのが日本人の日本人たる所以だと思う。
[PR]

by thin-p | 2015-09-21 23:24 | 雑記帳 | Comments(0)

Yuming Chord を聴きながら思う

◆「Yuming Chord」
古き良きものから最新モードまで今気になるワードを松任谷由実が語る30分!◆

っていうのを聴いている。

金曜の午前中にデスクワークをしている時は楽しみに聴いている。
あらためて言うまでもないが(好き嫌いはあるだろうけど)フリートークの言葉選びと感性に感心しながら耳と気持ちに心地よく響く声・テンポ・温度の合間に次々流れる名曲で校正された濃密な30分間。

とてもステキなプログラムだから余計に、日々(名古屋市内の同局)でオン・エアされ続けているヘタなラジオタレントたちの耳障りな声とセンスの無い借り物トークと個性の無い企画と選曲が悲しくなる。

30年近く前に僕が駆け出しのラジオディレクターだった時代のローカルFMもまぁタイガイだったけど、あの頃はわけのわからない勢いとか同時性を生み出そうという気概だけはあった。

あの頃よりも劣化してるのが更に悲しい。

Yuming Chord @Tokyo FM
[PR]

by thin-p | 2014-12-12 11:33 | 雑記帳 | Comments(0)