写真散歩大好き隊は科特隊も兼務

え〜、数年振りに大勢の女性ゲストで賑わう夜に気をよくして寝る間を惜しんでますけどなにか?なオレですあらためましてこんばんは。

まずはタイトルの解説から。
科特隊は、言わずと知れた「科学特捜隊」の略称である。

いきなり何を言い出すのかと、あ〜あ、やっぱコイツが隊長じゃ無理だとお思いの君も、まあ最後まで話しを聞きなさい。

まずはここにある1枚の風景写真をご覧いただこう。(カシャ:スライドが動くSE)

c0030705_1191168.jpg

日曜日の昼間に、我が街、覚王山から、コアラでおなじみ、東山動植物園方面を撮影したものだ。でっけええんぴつみたいな東山スカイタワーが見えるだろう。

と、何気ない散歩写真を装っているが、実はこの中に偶然、あるとんでもないものが写り込んでいたのだ!!
もうお気づきかもしれないが、拡大してみよう。これだ〜

1・2・3〜
[PR]

by thin-p | 2008-05-28 01:27 | 写真散歩 | Comments(2)

写真コンテスト「結果発表の巻」

c0030705_23184359.jpg

先週、ココに書いたりポッドキャストで話したとおり、「堀川フラワーフェスティバル2008」の写真コンテストに人生初の挑戦をしまして、その結果発表が24日の土曜日にありまして。

僕の人生初写真コンテスト挑戦は・・・佳作入選でありました!(感極まって嗚咽・笑)

もー、実は内心どきドキそわソワな1週間でありました(笑)普段から自分の写真をいろいろな形で公開したり展示したりもしてきたけど、一般の投票と審査を受けて、結果を出されることなんて、コト写真に関しては、今まで無かったからさぁ。。。

公式サイトを見ると、応募作品をちゃんと全部プリントアウトして審査してもらえたみたいだし、上位3賞は逃したけど、でも、入選できただけでも素直に嬉しいです。いやほんとに、かなり嬉しい(笑)

  *堀川フラワーフェスティバル 2008 公式サイト
  *堀川デジタルフォトコンテスト=全応募作品[デジカメ部門]
  *堀川デジタルフォトコンテスト=全応募作品[写メール部門]
  *コンテストの結果発表ページ

  <フォトコンテスト作品展は、明日から開催>

   *会期:5月27日(火)〜6月1日(日)
   *会場:堀川ギャラリー(納屋橋の東側・旧加藤商会ビル内)

    作品展の時は名前も載るのかな?じゃ、それまでどれだか内緒にしとこう(笑)

再来年、2010年は、堀川が開削されて400年だそうです。すごい歴史あるんだね。
それに向けて、これからもいろいろ催されたり、美化のための啓発も積極的に進められていくだろうから、これをご縁に僕も微力ながら応援させてもらいます。
もし機会があったら次回もまた挑戦しよう。写真散歩が好きなアナタも、ぜひごいっしょに//

あとね、僕のフェイバリットフォトグラファーの1人でもある友だちも参加してステキなショットが入選してます。(たぶん、ご本人から発表があるでしょうから、あえて誰とかどれとかは書きません・笑)
おたがいおめでとー!!(\☆/乾杯\☆/)

c0030705_03146.jpg
  (これは応募作品じゃないよ)
[PR]

by thin-p | 2008-05-27 00:04 | スナップ | Comments(10)

グレートジャーニー [1] の記録:前編

c0030705_2332445.jpg

ここんとこ結構マメに行進してるなあ、ってパレードか!と、いちいちいらんこと書いてますが、筆がノっちゃってるっぽいうちに、さあ今夜も行進行進また更新!!(笑)

先週の日曜日にやった「名古屋横断ウルトラグレートジャーニー」が、世界中の散歩マニアの間で密かに大好評を博しているということで、って、密かな大好評?世界中?と細かい突っ込みは無視して、腰と足裏の豆の痛みが癒えた隊長が、あ、隊長ってのは僕ですが、あの隊長が成し遂げた奇蹟の足跡を、いまここから世界へ、そして後世へと伝承していくことこそが和菓子名、、え〜い、変換のばかめ!もとい!、我が使命!!とばかりに、一週間の時を超えて、再び立ち上がったのだ象!!(注:象は出てきません)

いや、立ち上がったっつーか、ポッドキャストでも喋りましたが、「GJ(グレートジャーニー・以下、GJ」の目的が、これまた巷で静かなブームを巻き起こしかけてると噂の「写真散歩(*)」だったわけで、道中、たくさんの写真を撮ってきたわけですから、それを Flickr にもこれから徐々に公開していくつもりなんだけど、ここでもちょっとだけレポートしちゃおうと、そういう趣向です。(*=写真散歩とは、写真を撮りながら散歩することである...え?説明なんかいらない、と? さーせん;)

じゃ、前半戦、出発進行〜!(by いかりや隊長)
[PR]

by thin-p | 2008-05-25 23:48 | 写真散歩 | Comments(5)

覚王山、日泰寺の泰はタイの泰

毎度おなじみの僕の街(言い切っちゃってますが・笑)覚王山にある日泰寺の名前は(あちこちで何度か書いたり話したりしてますが)日本とタイの架け橋になる場所にという願いを込めてつけられたものでありまして、その昔、覚王山の参道から寺へと、本物の象がやってきて行進もしたことがあるらしく、写真で見た事があるんだけど、それは実に平和で夢と希望に溢れてる様子であります。

今日の昼間にアップしたエントリーのところに書いたように、午後から妻子の買い物に付き合いついでに、今日明日と名古屋で開催中のタイ・フェスティバルに行ってきたよ。

近所の小学校の運動会が昼休みの最中に降り出した雨が、結局そのあとずっと続いちゃったから、あいにくだったけど、会場にはたくさんの来場者が仮設テントの中で、タイの食べ物やアトラクションを楽しんでいて、雨であんだけ人がいれば充分だよなって感じだった。晴れてたらきっとそうとう賑わってたんじゃないかな?

c0030705_0205597.jpg僕らはエスニックな食べ物も結構好きだから、雨にも負けずにいくつか食べ歩き。

餅米の粉をココナッツミルクで溶いて、たこ焼きみたいに丸く焼いて、中にコーンを入れたやつ(名前わすれた)と、豚の炙り串焼き(超絶品!ご飯くれ!って感じ)と、僕の大好物の海老チップ(カップいっぱい盛ってくれて、なんと100円!)と、揚げバナナ(バナナパイと言うか、餡の代わりにバナナが入った鯛焼きと言うか、素朴で美味い)と、カオマンガイ(鶏ガラスープで炊いたご飯に蒸し鶏が乗っかったやつ・すげー美味い)。雨さえ振ってなきゃ、トムヤムクン・ラーメンとか、サティとか、いろんな種類のカレーだとか、パクチじゃんじゃん使ったスープや炒め物なんかも食べたかったんだけどね。
もし、明日行くって人は参考にしてください(笑) [タイ・フェスティバル

じゃ、ちょっとだけ写真も貼っときまshow〜

c0030705_026317.jpgもーね、ほんとに、ぜんぶ食いタイって感じ(笑)

参考資料:代表的なタイ料理
c0030705_02748.jpg

タイ式マッサージコーナー。

たくさんの人が参加体験してました。
雨じゃなかったら絶対やってもらってた。
c0030705_0272787.jpg

少し肌寒い中、雨に濡れながらソムチャイ・ルークパンチャマ選手(てきとう)入場であります。

出店ブースや会場内にいたタイの人たちのテンションが俄然上がってます(笑)
c0030705_0274311.jpgムエタイのデモンストレーションマッチが始まろうとしてます。

まずは、神聖な儀式から。

なんとなくだけど、客席全体が静かにアドレナライズされていくように感じられたのが不思議だった。やっぱなんかあるんだろうね。

見たかったけど、寒いし、買い物の途中だったから今日はここまで。
明日は雨があがって、いいイベントになりますように。
c0030705_0281059.jpg

[追記:2008-05-27] タイフェスティバル in 名古屋2008のオフィシャルブログ
[PR]

by thin-p | 2008-05-25 00:38 | スナップ | Comments(4)

百年の鼓動

僕も愛用してる Ibanez(弦楽器)と TAMA(打楽器)を製造販売している星野楽器が、今年、創業100周年を迎えたそうだ。すごい。100年だよ100年![星野楽器グループ
c0030705_1119497.jpg

それを記念して、昨日と今日、Zepp Nagoya で、「百年の鼓動」と銘打ったライブイベントが開催され、実は、昨日の夜、それに招待されてたんで行って来たんだよ。

c0030705_11201683.jpg初日の昨日は TAMA(ドラマー)をフィーチャーした内容。

小森さんって人は、かの難波弘之さんのバンド、センス・オブ・ワンダーのドラムで、すごいキャリアのドラマーでして、TRIX ってのも、元カシオペアとか元T・スクウェアとか、それ系音楽好きにはすぐにピンと来るバンドだね。僕は知っているのに知らんぷり(なぞ・笑)

けど、やっぱなんつったって、Simon Philips のバンドであります。

c0030705_11204935.jpg今日、2日目は、もう、おまつり!って感じで、佐野クンのパートナーとしてもお馴染み、TAMA ユーザーの古田 “Mighty” たかし!を中心に、奥田民生、PUFFY、大橋卓弥(スキマスイッチの太ってる方・笑)、他、、なんと豪華なラインナップなんでしょうって感じで。
この内容で前売5,000円!!

今時すごいよね。ちなみに昨日のは前売4,000円。もー星野楽器様々ですって払ってないけど(笑)

それにしても、いやあ、メインアクトの Simon Philips Band のすごかったことすごかったこと(感嘆)あんなに素晴らしい音楽を4,000円ぽっきりで体験できたなんて!払ってないけど(くどい・笑)

その前に、まずは1組目、知る人ぞ知る人気ドラマー小森啓資さんのバンドによるプログレ・フュージョン。このバンドは今回のイベントのためだけのセッションだそうで、けど、ベースはこちらも知る人ぞ知るフレットレスの名手、永井敏己さん、若そうだけどすげえギターだなと思ってたら、若干20歳だってんだから驚きの菰口雄矢さんっていう、小森さんと一緒にやってるっていうギタリストの3人組。
とてもすごい演奏だったんだけど、う〜ん、おもしろくなかった(苦笑)音もいまいちだったし、やってる本人たちがつまんなさそうだったのがよろしくない。古い日本のセッションミュージシャン気質が鼻につくと申しましょうか。いい音楽やってんだから、もうちょっとなんとかなるだろうに、残念。

c0030705_11415781.jpgってゆーか、ぜっぷぅ〜!ぜっぷ〜ぅのすたっふゅ〜!
あ、あのー、冷房効き過ぎなんすけど〜(寒、、震、、)
立って「いぇ〜い!」なバンドじゃないんすから、もうちょっと緩めで一つお願いできないっすかね〜(泣)

(お陰で今朝は肩凝ばっちりさ・泣)

次に登場したのは、TRIX っていう正統派ジャパニーズ・フュージョンバンド。

元カシオペアのドラムとT・スクウェアのベースが中心になって結成されて、(あいにく僕はまったく知らなかったが)もう5枚もアルバム出してるバンドだった。バンドの光るウチワ(笑)とか持ったファンの人もたくさんいて、そうか、なかなか人気あるんだなあと思っていると、ものすごく景気のいい1曲目が始まって、もー、こっぱずかしくなるような懐かし過ぎる音楽で(苦笑)

あー、学生の頃は、夏の野外フェスとかで、ビール片手にこういう音楽で「いぇ〜い!」とかやってたなあって、思わず遠い目になっちゃうって感じ。こんだけ80年代のまんまっていうのも、ある意味すごいかも(笑)ま、カシオペアとT・スクウェアの合体だし、そのまんまだし(爆)

思ったんだけど、この手のフュージョンミュージックって、日本独自の音楽だなあと。
YAMAHA臭と申しましょうか(爆)あたしゃやっぱちょっち苦手だわ〜ってそんな感じ。けど、ファンの人たちは大盛り上がりです。客席のノリも80年代そのまんまです(爆2)なんか、ほんとにタイムスリップしたような気分だったわ(笑)

さてさて、そんな前座2組(爆)がようやく終わって、いよいよ巨匠の登場であります。

Simon Philips Band。[Simon Phirips - Official Website
サイモンのドラムスにギター、サキソフォン、キーボード、ベースを加えた5人編成。
このバンドで今日からジャパンツアーが始まったみたい。---> 詳細はコチラ

これ、その手の音が好きな人はぜひ!です。ほんと素晴らしかった。
何かに例えるのは失礼とは存じつつ、説明の為にあえて例えを出すならば、ウェザー・リポートにジェイ・グレイドンとチック・コリアが参加したって感じ。って言えばわかるかな?わかる人だけわかってください(笑)あ、あくまで僕の感想ですが。

特にギターの Andy Timmons と サキソフォンの Everette Harp が素晴らしくて、2人のユニゾンプレーは鳥肌もの。
キーボードがこれまた、全曲ほとんどフェンダー・ローズピアノっていう感涙もの。
そして、ベースが黒人セッションベースマンの正統派って感じで、エイブラム・ラボリエルみたいな感じ?渋くてタイトでグルーヴィーで。

サイモン・フィリップって、それこそ、古くはマイケルシェンカー・グループの1stアルバムとかから、最近じゃ亡きジェフ・ポーカロの後がまとして TOTO でやってたり、すごいミュージシャンたちとのセッションワークなどなど、とにかくものすごいオールラウンダーだから、随所にいろんな要素のドラミングが入ってきて、だけど、ただの技の総合商社みたいな、大道芸人的なドラミングではなく、すごいことやってることが気にならなくなっちゃう不思議なプレイだったことにいちばん感心しちゃった。要するに、実に心地よかったと、そういうことです。

セットチェンジの間には、星野楽器ゆかりの世界中のアーティストからのメッセージビデオも流れ、そこにはジョージ・ベンソンから、スリップノットまで、ほんとに多彩なミュージシャンが登場してて、Ibanez と TAMA の国際性と言うか、業績と信頼性を垣間見た。これがうちから歩いて行けるところにある会社なんだよな〜と、(注:先日のグレートジャーニーが基準です・笑)そんなことも思いつつ、かくいう僕だって、Ibanez のベースギターを、かれこれ、四半世紀以上愛用してるわけだし、そのうち1本は世界で2本しかないやつだし、最近3本目を手に入れちゃったりもしてるし(笑)、僭越ながら、僕もそっち側に入っていいっすかみたいな、子どもじみてますけど、ちょっと誇らしく思えた100年目の夜でした。

さて、近くの小学校から運動会の音や歓声が聞こえてきます。雨じゃなくてよかったね。
仕事も片付いたし、午後はタイ・フェスティバルに行ってみよう。

(サイモンバンドの今回のツアーでのみ販売されるアルバムを聴きながら。)
c0030705_1265198.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-05-24 12:04 | 雑記帳 | Comments(5)

いまがいちばんいい季節かもね

c0030705_015562.jpg

風呂上がりの今は、やさしい風が吹いてて心地いいけど、昨日今日と、昼間はけっこう暑かったねえ。まあ、暑いって行っても、日差しはそれなりに強いんだけど、空気が乾燥してるから部屋とか木陰はなんとなくひんやりしたりすることもあったりしてね。

c0030705_02408.jpg
昼間にね、近所に考え事する時や一仕事片付けたあととかによく散歩する遊歩道があるんだけど、駅へ行く途中にそこを通って行ったんだ。

暑いし、木陰で休憩中の老夫婦。(決めつけてますが、たぶん夫婦だと思います・笑)

c0030705_031995.jpg

道路工事の交通整理の警備員さんも一休みしながら帆船を眺めてます。

  ・・・ん?・・・帆船?

ウエスタン・ラリアットか?
(違うにきまってます)


せ、せ、船長〜! ぶ、ぶ、ブラックパール号であります!!
c0030705_051086.jpg





(ちょっと違う)


c0030705_062423.jpg

どうやら、この辺でアパートの建築をやってるクルーの1人が持って来たラジコンの帆船を池で操縦してて、工事の人や建築の人たちが昼飯休憩に集まってきて、大の男がわいわい子どもみたいに遊んでいるところでした。

もう、みんなすっかり仲間です。僕もね(笑)

あ〜けど行かなきゃ、、、(泣)アポずらそうかと一瞬考えてました、僕ったら(爆)

たぶん工事が終わるまでには、あと2〜3隻、船が増える予感(笑)

今朝未明のCL観戦で朝からクタクタだったから(結局見ちゃったらしいよ?・笑)昨日書いたパブには行かなかったけど、代わりといっちゃ何だけど、夜はうまいトンテキも食えたし(にや)あ〜、今日もいい日でした(大欠伸・笑)明日は Zepp だ。寝よ zzZ
c0030705_093460.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-05-23 00:12 | スナップ | Comments(0)

UEFA CL 07/08 まもなく決勝

c0030705_0492170.jpg

も〜今年はど〜でもいいですよ〜って感じになっちゃった CLですが、今夜このあと、日本時間では午前 3:35分頃から、モスクワのルジニキ・スタジアムで決勝のキックオフであります。

マンチェスターU × チェルシー、ついこの前、イングランド・プレミアリーグ優勝を最後まで争ったチーム同士が、ここで再び戦うわけですが、正直どっちでもいいです。けど、バラックとシェフチェンコは応援したいので、チェルシーにプレミアでの雪辱を果たして欲しいなと思いつつ、C・ロナルドが行くとこまで行っちゃうかな?って、ちょっと応援したい気もあり、ま、どっちでもいいんですが(笑)とりあえず寝て、起きれたら見よう。

明日あたり、ここへビール飲みに行こうかな?(たまにいく、いい感じのパブです)


[PR]

by thin-p | 2008-05-22 00:53 | サッカー | Comments(2)

写真コンテストに初応募したぞ!の巻

c0030705_013764.jpg

昨日、ポッドキャストでも話したんだけど、2年後の2010年に開削400年を迎える名古屋の堀川で、現在「堀川フラワーフェスティバル2008」っていうイベントが開催されてまして、名駅にいちばん近いエリアの橋や川辺では数々の催しが行われています。

そのイベントの1つ、堀川デジタルフォトコンテストっていうのがあって、実はそれに応募してみました。え〜、実に人生初の写真コンテスト応募であります(笑)

今日(5/20)が応募締め切りで、5/21 から 5/23 まで、フェスティバルの公式サイト上で一般投票が行われ、更に主催者による審査も加わり、5/24(土)に、同じく、そのサイト上で結果が発表されるんです。もーどきどきそわそわです(笑)

デジカメ部門と携帯部門があるんだけど、デジカメ部門の上位15点が、5/27(火)から 6/1(日)まで、堀川に架かる納屋橋という橋のたもとにある堀川ギャラリーで展示されるそうです。選ばれて展示されると嬉しいなと、わくわくしてます(笑)

ちなみに、その堀川ギャラリーってのは、旧加藤商会ビルと呼ばれる登録有形文化財の地下にあり、地上階には、タイ料理のサイアムガーデンが入っています。この建物、橋の造形とレトロチックな街灯、そして大きい柳の木と絶妙にマッチしていて、僕はけっこう気に入ってます。

そうだ、ついでに、今週末は名古屋でタイフェスティバルが開催されますね。行きたいなあ、、行けるかな?、行っちゃおうかな。

話しをタイからコンテストに戻しますが(笑)今回は一人何点応募してもいいってことだったから、僕は6点出しちゃいました。(僕の応募作品はここに貼ったのとは別のものです)

ほんとは、これとこれが僕のだよって、それに投票してよって言いたいとこですが(笑)そういうのナシで投票の結果もあわせて楽しみたいので、土曜日までは内緒にしときます。

公式サイトではすべての応募作品が閲覧できて、投票や感想コメントも書き込めますので、よかったらぜひ開いて見てみてください。

*堀川フラワーフェスティバル2008
*デジタルフォトコンテストの概要ページ
*デジカメ部門の応募作品閲覧〜投票ページ

[PR]

by thin-p | 2008-05-21 00:27 | スナップ | Comments(0)

グレートジャーニー

アフリカ大陸の最南端あたりにいた人の中の、かなりぶっとんだ連中が、ある日突然、北上を始め、ヨーロッパからユーラシア大陸を東へ東へと横断して、更に北米大陸の上の方へと渡り、今度はそこからず〜っと南下して、南米大陸の最南端まで歩いたっていう、あれである。

その途中で立ち寄った土地土地が気に入って、そこに根を生やしたグループもあったらしく、それが日本人の祖先とも交わったっていう話しなんだけど、その祖先を実際に訪ねた人の話しを直接聞いた(2004年当時のエピソード参照ページ)ことのある僕は、いつかは自分も!と思っていたのだ。

その日がまさか今日になるとわ!!

その足跡をたどる驚愕のレポートは、後日するかどうかは別として、って別にするなよちゃんとしろ!という声があればします(笑)

とにかく、自分でもちょっとびっくりしてますが、ほんとは今日やる予定だった仕事が、とんとん拍子に金曜〜昨日でほぼ片付いて、昼ちょと前から1人フリーになり、予定も何もなかったという、ただそれだけのきっかけで、この偉大な旅は始まってたのでした。

帰りも全部自力で!と思っていたんだけど、いや、気力と体力は充分あったさ。
だけど、足の裏にマメが出来ちゃって(泣)あと、腰が痛くなって(泣2)しょうがないから、娘のダンスの送迎にクルマで出掛けてるはずの妻に「助けてメール」を送って、帰りの途中で救助してもらったさ(泣3)あ、言うまでもなく、それ以外は全部歩きだよ(笑)

こうして、全歩行距離、約20kmに及んだ僕の無計画グレートジャーニーは無事に、そして、ものすごい達成感と爽快感と共にゴールしたのでした。

足の裏と腰を鍛えて、今度は寝不足とか運動不足じゃない時に、またどっか行ってみようとおもうところが偉いでしょ(笑)やっぱ僕らは、あの偉大な旅人の子孫だったってことを身をもって証明したわけだしね(笑2)(つーか、あした大丈夫か、オレ?・爆)

c0030705_031951.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-05-19 00:38 | 雑記帳 | Comments(2)

ロッジへの入り口にて

ダイアン、午後6時13分、片付けに少し手間取ったが、それ以外には特に問題はなかった。今日はロードハウスや WRダイナーには寄らずに、まっすぐに家に帰るつもりだが、夕方の公園に差し掛かった。缶コーヒーが飲みたくなった。

晴れた1日だったから、ことのほか夕陽が眩しい。

自転車で走り回ったりブランコを揺らす子どもたちや、キャッチボールの親子、母親だちの談笑、広場の中はとても賑やかなのに、なぜか妙に心落ち着く。
公園の脇にある自動販売機で缶コーヒーを買って、空いているベンチのそばまで行くと、そこにあるテーブルの上に枝と花が並んでいた。実に美しかった。

c0030705_23274452.jpg


ダイアン、夕陽は時として、沈む間際にオレンジ色の中に淡いピンク色や薄い紫色の光が混ざっていることがあるのを知っているかい。

そう、この色調はフォトショップではない。まったくの、素だ。

心落ち着いてリフレッシュしたから改めて確信した。

素晴らしい作品に出会うのは、何も美術館やアトリエばかりとは限らない。
そして、それを作るのも、芸術家ばかりだとも限らない。

c0030705_2328583.jpg
[なんのこっちゃと思った人への解説]

近所の公園のテーブルに、公園内の花や枝がきれいに並べられていたと、で、それをやったのは、たぶん、“小さい人たち”で、“大きい人たち”の仕業ではないと、そういうことです。って、解説じゃねえじゃねえかよと、更にさえなんのこっちゃな人は、ま、この作品を一緒にお楽しみください(笑)

c0030705_23292682.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-05-17 23:32 | スナップ | Comments(2)