人生でどんだけ本物に出会えるか

きのうのこと、あ、そろそろ日付が変わるから、もうおとといの話しになっちゃうけど、名古屋ボストン美術館で「クロード・モネの世界」っていう展覧会を楽しんできたよ。

先に感想を1言で書きます。
「見に行ってよかった!なんとなくだけど、この時期に行けたのがもっとよかった!!」

c0030705_002279.jpg

ボストン美術館は名古屋の金山総合駅に隣接してまして、いつもはクルマか電車で行くんだけど、初めてバスで行ってみました。いや、なとなく。
けど、バスで行ったおかげで、この前ここに書いた「市内ふしぎ発見」のエリアを通過できて、ちょっと得した気分だった(笑)

展覧会の大きな看板に吸い寄せられるように1台の自転車が近づいていきました。
よく見ると、、、
c0030705_024364.jpg
あ!あれは!21世紀バージョンの山下清画伯ではありませんか!ありませんよ、失敬。


アメリカの本館にある石柱に似せた柱がエスカレーター脇に配されています。
モネに敬意を表して、入館前に光を撮ってみました。なんつって。
c0030705_05684.jpg


名古屋のボストン博物館は、アメリカの本館の姉妹館という位置づけで、実は大赤字を抱えたバブルの忘れ形見的な存在であり、オープンまでにもいろいろ物議を醸し、その後も閉館か存続かがたびたび議会でも取り上げられていて、とりあえず2018年までは存続するみたいだけど、潰れちゃったイタリア村同様、実に歪な美術館であります。企画展の出展作品は全部本館からのレンタルで、所蔵作品をまったく持たない美術館。いわゆる“箱”ですね。よしあしはさておき。(名古屋ボストン美術館の沿革@wiki

まだオープンして間もない頃、常設展だった「エジプト・ギリシャ・ローマ 古代地中海世界の美術」ってのを見に行ったっきり、今回が2回目の入館です。

モネって言えば、やっぱ睡蓮っていう印象が強いでしょ?
僕もご他聞に漏れずで、言われれば、ああ、これもモネだっけね?みたいな、おぼろげな知識程度のものなんだけど、でも好きな画家の1人でね。
って言うのも、もう10年くらい前に、NYの近代美術館で、大きな睡蓮の絵を真直で見て圧倒されて、小一時間、その絵の前で立ち尽くしちゃったっていう経験と、数年前に浜名湖に面した公園で開催された花博の会場に、モネが晩年に、それらの睡蓮と池の絵をたくさん描いた自宅の庭を再現したゾーンが設けられて、それを見に行って感銘を受けたっていうのもありまして。(現在そこは浜名湖ガーデンパークとして無料で一般公開されてます)

これがその浜名湖花博の時のスナップです。
c0030705_052412.jpg


あと、この春から僕の写真のホームグラウンドに指定された(笑)揚輝荘の池と、そこにかかる太鼓橋も実にモネの庭にイメージがかぶる気がして、だから今回の展覧会はぜひ見ておきたかったわけです。(揚輝荘の池:2008年・春

いやあ、たっぷり2時間、浸っちゃいました。約22分のスライドショーによる解説を見れたのと、会場内にある画集のおかげもあって、モネの作品と、彼と共に時代をつくったルノワール、ドガ、ピサロ、セザンヌたちの作品や、モネに影響を与えた画家たちや、影響を受けたアメリカの画家たちの作品も合わせて多数展示されていたから、美術に関しては素人の僕でも、すんごく楽しめました。

でね、今回いちばん強く感じたことが1つあってね。
そのスライドショーや画集と実物は、まったく別の絵だっていうことなんだよね。
そんなの当たり前だって言われたらそうなんだけど、例えば、実物はとても暖かい感じなのに、スライドショーや画集では、とても寒そうなイメージになっていたり、真夏の絵だって感じたのに、実物見たら、爽やかで穏やかな春のイメージだったり、、、

と、いうことで、今日は声を大にして2つ言わせてもらいますが、まず1つは、以前もここに描いたけど、芸術ってやつは、実はとても身近なもので、情報がどうであれ、解説がどうであれ、実際がどうであれ、自分の感性を信じて自由に解釈したり楽しんだりしていいんだよってこと。
みんなはこう言ってるけど、自分の感じ方がおかしいのかな?なんて思わず、同じように感じる人がいるかもしれないから、感じたままを表してみるといいと思うんだよね。
そしたら、「だよね!?」ってことになるかもだし、そしたら一気に5倍くらい面白く楽しくなると思うから。てか、なる(笑)

2つめは、世界中の人を魅了してきた(している)作品は、絵画でも彫刻でも音楽でもなんでも、やっぱそれだけの魅力や存在感があり、もし、その本物に触れる機会があるのなら、その本物に興味関心を持てたのなら、ぜひ直に触れるべきだということ。
本物って、見てると色や形が変わってくるんだよね。いや、そう感じるんだよ(笑)椅子に座って、ゆったりと見てたら、さっきまでぼんやりしてた絵が実に明瞭な景色になっていったり、光が揺れ出して、見えなかった色が浮かんできたり。ほんとおもしろかったなあ。

名古屋ボストン美術館の「クロード・モネの世界」は、今年の9月28日まで開催中です。


さて、芸術を堪能して、幸せな気分で帰ろうかと思ってバス停へ行くと、駅に隣接した商業施設 アスナル金山 に、とんでもない数の人が集まってまして、たくさんの老若男女がワーキャー叫びながら、その人の塊が揺れてます。もしかしたら建物自体も揺れてたかも?

こんな感じです。
c0030705_0571094.jpg

その理由は コレ でした。ど平日の真っ昼間だっちゅーに、期末テストの時期だろうに、あとで聞いたら 6,000人集まってたらしいよ?いやあ、すげえ人気なんだね。普通のアイドルと違って、年齢層が実に幅広いからだろうね。実際、すごくいい人たちだしね。これも本物っちゃ本物だし、ま、いっか、みたいな(笑)

と、モネのネタなのに、羞恥心で締めるのもアレだから(笑)僕の「睡蓮」を貼っときます。ちょっと前に東山植物園で撮った写真をアレンジしました。

c0030705_142175.jpg

*本家ボストン美術館所蔵のモネの作品
[PR]

by thin-p | 2008-06-27 01:13 | スナップ | Comments(2)

あじさいカレンダー 2008年6月

c0030705_1101540.jpg

ちょっと前に予告してた「紫陽花写真集」を公開します。
楽しみです、だなんて言われちゃうとがんばれちゃう僕なので、15枚くらいと思ってたのが、30枚も選んじゃいまして(笑)で、6月は30日間だから、お?(豆電球)タイトルはカレンダーだと、ま、単純っちゃ単純ですが(笑2)

紫陽花は僕の住んでる区の花で、アジサイタウン事業というものが毎年いろいろ展開されています。

その中の1つとして、アジサイ写真展の作品募集があるから、またちょっと試しに応募してみようっかな〜と思ってまして、今日公開したアルバムの中から1枚選ぶとしたら、どれがいいでしょう?
よかったらアドバイスを、いやアドバイスじゃなくても、好みで選んでくれていいので、ぜひお気軽にコメントあじさい、いやください(笑)

   *あじさいカレンダー 0806(紫陽花写真集)*
[PR]

by thin-p | 2008-06-24 01:12 | スナップ | Comments(4)

昨日は木曽川をパトロール

c0030705_23454765.jpg

昨日の木曽川です。
水面が通常より5メートルくらい上昇してる大増水&濁流+急流、更に雨。
そんな木曽川でラフティングであります(笑)(*ラフティング by YHA
c0030705_23481621.jpg


何もよりによって昨日みたいな土砂降りの日にやらなくてもと言われそうですが、昨日しかみんなが揃える日がなくて、もう1ヶ月も前から予約してて、プロが「今のうちならまだ大丈夫」と言ってくれたので決行してきました。
あ、プロってのは、今回お世話になった YHA のスタッフの皆さんです。
YHA:ユース ホリディ アドベンチャーズ)

(便宜上の括りとして)我がフットサルチームのメンバーと女子マネージャー(笑)の中で希望者を募り、名乗りを上げた6名の勇者たち(当日になったら勇者から無鉄砲に呼称変更)。当初の計画では午前中にBBQやってからラフティングって予定だったけど、BBQは中止して我々はラフティング1本にすべてを賭ける事をレストランで味噌田楽やカツ丼を食いながら決断したのだ(大袈裟)

と、いうことで、全員が隊長気分で乗船!(笑)
ウェットスーツ&ブーツ、ヤッケ、その上にライフジャケットとヘルメットを着用して、艇を全員で川に浮かべ、一通りのレクチャーを受けて準備完了!

いざ、出発進行〜!パトロール開始!!

c0030705_23495529.jpgもー終始こんな感じです(笑)

普段は大岩の間の急流をすり抜けたり、途中で休憩ポイントに停泊するそうだけど、そもそも大岩自体が水没してて見えません(爆)

それにしてもすげえ流れが速くてぐんぐん進みます。

お!隊員の1人が転落しました!!
c0030705_23522737.jpg救助作業開始!

総員、絶妙なチームワークで溺れる隊員を救助しま...せん(爆)

オールの柄でヘルメットを叩いたり、写真を撮ったり、引き上げては突き落とすを繰り返したり(爆)

めっちゃ笑えます(爆2)



c0030705_2355251.jpg僕なんか写真撮ってます(爆)


え〜、もちろん、冗談です。
が、オールで突いたり叩いたり突き落としたのは本当です(笑)

ガイド兼インストラクターの専門スタッフの許可を得て、安全な場所で遊んでますから、良い子はマネしちゃだめだお(笑)
それにしても絶景です。低い雲と靄のせいで、まるで中国の川みたいです。

じゃ、この辺で隊長(僕)の後ろ姿ショットを1枚(笑)ちょっとカッコよくね?(笑2)
c0030705_23574211.jpg


最初は、日本ライン下りも鵜飼も中止だって言うし、遊覧船の船頭のじじいは脅かす事ばっか言いやがるし(それがまた可笑しかったんだけどね・笑)やっぱ中止?とか、ほんとに大丈夫?って、かなり不安だったんだけど、いやあ、楽しかった!!
次回は晴れてて平常時の水かさの時にぜひとももう1回チャレンジしいたいです。今度は中級者コースで、ぜひ!

写真はマリンキットを持ってる隊員2人が撮ってくれました。ありがとう、カワラくんとゆみちゃん!
c0030705_022368.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-06-24 00:17 | 雑記帳 | Comments(2)

夏の扉

c0030705_2354114.jpg

松田聖子のあの歌も決して嫌いじゃないけど、ロバート・A・ハインラインの小説も有名だけど、他にもいろんなジャンルのいろんな作品のタイトルに使われてるけど、6/16の月曜日、実家で迎えた朝は、まさにそんな感じでした。

青空、風に揺れる弦の写真を数枚。よかったらどうぞ/
[PR]

by thin-p | 2008-06-18 00:09 | スナップ | Comments(4)

こうしてるうちが花

う〜ん、、、なやむなぁ、、、あはは、、、たのしいなったらたのしいな〜あはは〜//

c0030705_0471187.jpg

[左→右]
★Nikon COOLPIX P80
 ・メーカーサイト
 ・デジカメWatch 製品説明ページ
 ・これで撮った写真

★Canon PowerShot S5 IS
 ・メーカーサイト
 ・デジカメWatch 製品説明ページ
 ・これで撮った写真

★OLYMPUS CAMEDIA SP-560UZ
 ・メーカーサイト
 ・デジカメWatch 製品説明ページ
 ・これで撮った写真

いや、真剣に購入を検討してるわけじゃないんだけどね(笑)実機にさわっちゃったりすると欲しくなっちゃうわけで、カタログなんかもらってきて眺めたり、あれこれレビューとか写真サイトとか見てると、なんか、この週末に買うために比較検討してるみたいな気分になるわけですよ、わかるでしょ?(笑)
で、なんでもそうなんですが、旅行も買い物も、美味いもの食べに行ってオーダー決める時も、あと、そう、恋愛も、こうやってあれこれ一人でニヤニヤしてる時が実はかなり楽しかったりするものなわけですよ。 ね?(笑)

デジイチ買うならNikonって決めてるんだけど、この3つだと、OLYMPUSは記録メディアがSDカードじゃないのがネックで、Canonはちょっとごつくて重いのが玉に瑕で、Nikonはバッテリーが単三型じゃない専用タイプなのが残念、、、と、もちろん基本スペックが少しずつ違うからアレだけど、手にした感じがいちばんしっくりきたのはOLYMPUSだったんだよね。で、やっぱ買うならNikonかな、、と思いつつ、Canonのステレオ集音マイクやバリアングルモニターはやっぱ魅力だよな〜とか、写真がまたいちだんと楽しくなって来た近頃なので、こういうシュミレーションが楽しくもあり、うっかりすると、実物がデスクの上に乗っかってたりするから気をつけないと、みたいな(笑)
[PR]

by thin-p | 2008-06-14 01:07 | 雑記帳 | Comments(10)

とても好きな色 -夏至間近・編-

c0030705_0341784.jpg

2月に「とても好きな色」っつって、春の空をバックに紅梅の写真を貼ったんだけど、同じ色の組み合わせでも、ほら、「夏、目前!」になります。  でしょ?
暑かったけど気持ちのいい1日でした。  でしょ?
[PR]

by thin-p | 2008-06-14 00:39 | スナップ | Comments(2)

明日勝つ為にも

c0030705_23423150.jpg

euro2008 はアツいは、梅雨の晴れ間でアツいは、明日のプレゼンの準備で企画書や予算の詰めもかなりアツいは、そんな時にアレですよ、プレゼンの神様の基調講演ですよ、しかも、これまたかなりアツい iPhone 3G 発表、さらに、日本での発売日も決定と、それを見逃すわけがありません。ええ、買う買わないは別として、神様の、ですから、はい。

今日は世界中で、その話題がまさに沸騰中の iPhone 3G のあんなことやこんなことは、ウェブ上にいっぱい散らばってるので、ここでは敢えて書きませんが、それより、基調講演が始まって神様がご登場されたのを見て真っ先に感じたことが、ああ、なんとお痩せになってしまわれたのでしょう...でした。

単なるダイエットの成果なのか、年齢的なことなのかはわからないけど、ちょっと気になりながら、今回もいろいろ学び取らせていただきました。
神様のキーノートだけじゃなく、たくさんのスタッフによるリレーキーノートの進め方が実におもしろかったです。けど、神様はやはり神様でしたね。
よし!おらも明日のプレゼン、自らわくわくしながら楽しげにがんばりまうす!!
ありがとぉ Appleの人々〜//

WWDC 2008 の Keynote を見たい人はコチラへどうぞ --> Apple [us]
[PR]

by thin-p | 2008-06-10 23:49 | Apple | Comments(2)

ゴースト自転車

c0030705_0122320.jpg


それは、ほんの少しだけ宙に浮かびながら、音も無く走り去って行きました。。。つづく
[PR]

by thin-p | 2008-06-10 00:13 | スナップ | Comments(0)

市内ふしぎ発見 -桜山の巻-

写真散歩をしていると、いろんなおもしろいものを発見します。
昨日も出先で用事を片付けたあと、1時間だけその町をパトロール(笑)してみたら、これがまたなかなかにオモローゾーン(仮名称)でありました。

c0030705_016272.jpg映画のオープンセットみたいな袋小路を発見。
「秀ちゃん」のお茶漬けが気になってしょうがない... あー、この時間に食い物ネタは辛いであります(泣)

c0030705_0172320.jpg中はこんな感じです。何枚か撮ったから近々またアップします。たったこんだけの狭い空間なんだけど、だから余計にセットみたいな場所です。ボンボンってケーキの店が入り口にあって、なんでもかなり有名な店らしいです。
で、この袋小路は「ボンボンセンター」というらしく、どうやら、喫茶ボンボンが所有してるみたいで、ボンボンは昼間はカレーもあるらしく、こりゃますます調査が必要であります(笑)


c0030705_23295060.jpg
桜山の交差点から西へ歩くと、滝子商店街というのがありまして、そこに店の片付けをしてる靴屋がありました。

(たぶん店主と奥さんの)老夫婦が作業してます。

c0030705_23322758.jpg
レトロチックな町を散歩してると、おもしろい発見や、ぜひ食べてみたいと思わせる食事の店や喫茶店などをみつけたりして楽しいんだけど、時々、切なくなるシーンに遭遇することがあります。

すでに先月閉店しちゃってました。


閉めちゃう店、もう閉まっちゃってる店、閉まりそうな店もあるけど、元気な店もたくさんあり、そしてこの商店街にもご他聞に漏れず、なかなか美味そうな店がけっこうあったから、今度は腹へらして行くぞと心に誓った僕でした〜(今日のワンコ調)

さて、いよいよ今回の「ふしぎ」をお見せしましょう/

c0030705_23385528.jpg

ここもつぶれちゃった八百屋なんだ...と思って近づくと...わ!(びっくり)

c0030705_2340953.jpg「信州のえのき茸」?
あ、ゴミじゃない!新しい!

え?5袋100円!
なんだそれ!(笑)

つーか、アボカボって、、、(泣)
どこのなに?(爆)

わ!1コ10円だって!(笑)

c0030705_23422291.jpgタマネギとジャガイモも、ちゃんとザルに小分けにしてあります。

「馬鈴薯」はわかる。
「中味」ってなんだろう?
「保証付」って、中味なのに?(笑)

ちょっとしなびてるけど(内緒)一山100円じゃいいか?(笑)


けどさー、これ売ってるのかな?それとも片付けしない店なのかな?シャッター閉まってるじゃん?誰もいないし、、、おやおや?なんか書いてあるよ?、、そっからびよ〜んって矢印が伸びてるよ?、、、ん?
c0030705_23542097.jpg

c0030705_23543914.jpg

ぎゃふん! 代金入口。。。入口って(笑)


ちゅーことで、この謎の八百屋の近くにあった写真屋さんの店名をもちまして、土曜日のパトロール報告に代えさせていただきます。あー不亦楽乎(笑)

c0030705_23593476.jpg

[PR]

by thin-p | 2008-06-09 00:05 | 写真散歩 | Comments(2)

Fredio 絶賛配信中〜  ぜひ!

さるウッキー!、、、え〜、「さる」のたび毎回じゃくどい!、と、はい(しゅん:)

ではあらためまして、去る 6月 1日、全国的に水道週間の初日を記念して(うそ)収録された、人気ポッドキャスト番組「Fredio」の特別番組『覚王山にて』の配信が、満を持して本日スタートされました。---> コチラからどうぞ
c0030705_21352247.jpg

ホスト役のひげフレディーさんが幾多の苦難を乗り越え、波瀾万丈の末に銀座の帝王にのし上がっていく男の一代記、いや、ホスト役っていうのはそういうことではなく、ホストとゲストのホストですが、わかってるっつーのな、いや、だからもー、話しが前に進みまへんがなっちゅーねん!

Fredioのホスト、ひげフレディーさんと、ゲストの人が、名古屋の下町、覚王山をぶらぶら散歩しながら、あーでもないこーでもないとお気楽なトークをしてる様子が、実にいい感じでゆる〜く始まったと、そういうことですおもしろいですさあみんなきけ!いますぐに!みたいな。だってたたみかけたくもなっちゃうさ、もー嬉しくて。あ、ゲストの人ってのが僕です(笑)

なんでも、今日が1回目で、明日には2回目が、さらにその先へと続いて行くそうなので、Fredioファンはもちろん、僕のファンも(いたら)チェックするがよい!いや、ぜひ聞いてください(笑)

ひげフィレディーさん、ありがとー!!(大きく手を振ってます・笑)

[ひげフレディーさんの主な活動場所]
  *Fredio(ポッドキャスト)
  *Are You Fredie? (ブログ)
  *issuu(ウェブ写真集)

  *画像の一部を Fredio から借用させていただきました。
[PR]

by thin-p | 2008-06-05 21:39 | お知らせ | Comments(2)