ひさびさにトイデジカメ

ってことで、ひさびさに exemode DC132 で撮ってみたよ。
c0030705_23425245.jpg

c0030705_23423714.jpg

c0030705_2343616.jpg

これはいつもの PowerShot で撮った。
c0030705_23454095.jpg

けど、こういうのは、トイデジカメの方が味があるように思うね。
c0030705_2344217.jpg

このカメラで撮った写真を見るたびに思うんだけど、適当であればあるほど、いい感じに撮れる気がする(笑)
[PR]

by thin-p | 2009-04-29 23:47 | スナップ | Comments(0)

市内ふしぎ発見 -守山区の巻-

今日、市内で古代遺跡を発見した。
c0030705_2347669.jpg


スーパーひとしくん! ←意味不明...
[PR]

by thin-p | 2009-04-27 00:15 | 写真散歩 | Comments(4)

選挙の日って

うちじゃなぜか〜♪ って歌がありましたっけねってな感じの名古屋市長選挙。

c0030705_23201878.jpg夕方に投票所へ行って名前書こうと思って、記入場所に貼られてた立候補者名を見て「あれ?」って思った人も多いんじゃない?
その時に気にしてなかっても、開票速報を見て「あれ?」って思った人もいるんじゃない?
かくいう僕がそうでした。
ずっと3人だと思ってた候補者が、実は4人だったんだよね。
なんか、ヘンテコな人が混ざってたね。さっき気になって調べてみたら、あいたたた...(なぞ・苦笑)

けど、結局なんか消去法しかないっていうのが、ね。なにがってさあ、これからしばらくは嫌でもわざとらしい名古屋弁を聞かなきゃならんのはヤだなあと。って思いつつも。う〜ん。

[PR]

by thin-p | 2009-04-26 23:23 | スナップ | Comments(0)

オフの日曜の朝に聞きたくなる

Dance With Me / Earl Klugh


おはようございます。つってもそろそろ昼ですが。今日も名古屋地方は風がびゅーびゅーいっちゃってまして、部屋の中だとちょっとひんやりした感じですが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

いま聞いてもらったのは、ギタリスト、アール・クルーのダンス・ウィズ・ミー。
オーリアンズのオリジナルも好きだけど、これは高校生の時に友だちに聞かせてもらってからずっとずっと大好きな曲です。いろんなCMや映像作品のBGMに使いまくられてるから知ってる人も多いと思います。
今朝、久々にちゃんとしたオーディオで聴いたんだけど、ああ、なんて素晴らしい音なんだろうってあらためて感動しちゃいました。
確か演奏してるメンツはこんな感じだったと思います。違ってたらすみません。
Guitar:Earl Klugh, Bass:Stanley Clarke, Dr.:Steve Gadd, Keys:Dave Grusin
(加筆:Bass は Louis Johnson だったかも? いや、たぶんそう、、きっとそう)
ブリッジのとこのベースのフィルインは僕が当時初めてコピーしたスラップです(懐)
[PR]

by thin-p | 2009-04-26 11:41 | Fav | Comments(0)

雨の土曜日に聴きたくなる

After The Love Has Gone



僕がこの歌を初めて聴いたのが David Foster と Jay Graydon のデュオグループ AIRPLAY の 1st & Last Almum でだったか、Earth, Wind & Fire の 「I AM」album でだったか、記憶が曖昧だけど、すごく好きな歌です。
後に、Jay Graydon が AIRPLAY名義でソロアルバムを出した時にもセルフカバーが収められていて、それはちょっと甘ったるいんだけど、でもやっぱ楽曲としてとても好きなのでよく聴きます。

昔から僕は、雨降りで特に何も予定の無い今日みたいな土曜日に、この歌を聴きたくなります。
なんとなく切ない気持ちになれるからかなと、なんかこう、「切なさ」ってのが訳もなく心地よいのかもしれません(笑)

ここに貼ったビデオは、AIRPLAY ヴァージョンのボーカル Bill Champlin が、後にメンバーになった Chicago と Earth, Wind & Fire が共演しているライブです。このアレンジって、もうこれ以上いじりようがないほどに完璧だと思います。ホーンのアレンジとか、後半の転調とか、いわゆる神アレンジですね。

あと、Olivia Newton-John の Have You Never Been Mellow とか、Carpenters の Yesterday Once More とか Janis Ian の At Seventeen とかも。

それは多分、中高生の頃に、雨で部活が休みで友だちとも約束していなくて、特にテスト前だったりする土曜日の午後に聞いていた FMラジオのカウントダウン番組の刷り込みなんだと思います。

それから、もう1曲、Chicago の Saturday In The Park も こんな雨の土曜日に聴きたくなります。
そのわけは、書きません(笑)

c0030705_14504266.jpg

[PR]

by thin-p | 2009-04-25 14:55 | Fav | Comments(3)

企画書を書き上げた

iWork で作成したところがミソだったりする。
夕方、あれこれ一段落してから書き始めて一気に仕上げたところもミソだったりする。
更に、そいつをPDFにしてCc付きのメールで提出したところもミソだったりする。
さあ、どんなリアクションが来るのでしょう? 楽しみ楽しみ。あ、皆さんも乞うご期待(笑)
c0030705_23572024.jpg

そうそう、あとさあ、iLifeやiPhoneやiTunesやiPodやiMacは一発変換できるのに、「あいわーく」は出来ないんだね?もしかして、「あいわーく」じゃないのかな?
てなことを考えると眠れなくなっちゃうので忘れます。ばいなら。よい週末を/
[PR]

by thin-p | 2009-04-25 00:00 | Apple | Comments(4)

記念切手

c0030705_2320162.jpg

今月は僕の誕生月です。
そして、サンフランシスコ在住の友人で、先日もここで紹介した猫娘の誕生月でもあります。
彼女は僕の3日前に生まれてますけど、僕はその10年ほど前に生まれてます(笑)
そして、僕が彼女に出会って、来年で20年になります(!・大笑い)

それらを記念して、アメリカ合衆国郵政公社、USPS が発行した記念切手シートが届きました。USPSってとこだけうそですけどみたいな。

ほんとは、その猫娘が僕が今年の2月に代々木公園で撮った河津桜の写真を使って作ってくれたんです。
オリジナル写真は これ@Flickr です。
河津桜 -Kawadu zakura-

で、それを使って先日フォトカードを送ってくれたもんだから、びっくりするやら嬉しいやらで、もしまだあるなら送ってくれ〜とリクエストしたら、それに彼女が応えてくれたってわけです。

ほらね、ちゃんと使える切手です(笑)
c0030705_23302284.jpg
一緒に写ってるのは、彼女が今年から始めたカレンダーカードの2月号と3月号で、彼女の写真を1ヶ月のカレンダーにして毎月送ってくれるというお楽しみ企画。こういうアイディアも素敵だね。

そう、なんかアメリカも郵政関係がネットと民間の宅配に押されまくっちゃってて深刻な状況らしく、来月また郵便料金が値上がりするんだって。だから差額分の切手を買ってアメリカの友だちに送る時に使おうって思ったけど、このシートせっかくなので大事にとっときます。小〜中学生の時は切手収集も趣味だったし(笑)

猫娘、ことナオコちゃん(ちゃんて・笑)、ものすげえ嬉しかったよ、どうもありがとう//
来年の20周年はおもしろいこと企んで盛り上がろうZ!(笑)

と、いうことで、桜の季節のお祝い事を記念して、この春、僕が名古屋にいる時にちょっとずつ撮ってた桜の写真をアルバムにしました。
選りすぐりの32枚。みんなにも楽しんでもらえたら嬉しいです。

  >> 桜 -Sakura- 2009
c0030705_23444741.jpg

[PR]

by thin-p | 2009-04-20 23:45 | スナップ | Comments(2)

368Y Par4 第2打

これは もうだいぶ前のこと、当時かなりハマってた村上龍の小説タイトルです。
(読者レビューのない簡素な作品紹介ページってことで>紀伊国屋書店BookWeb
僕はこの作品がとても好きです。
設定が好きなのと、あと、やっぱ、タイトルにもなってる物語のクライマックスシーンが最高なんです。
この作品に興味関心のある人、特に同世代の男性、さらにゴルフをやったり知ってたりする人にはおすすめの1冊です。

と、今夜は本の話ではなく、今日は恒例の仲間内ゴルフ(ミニ)コンペでしたって話です。
c0030705_02112.jpg

まぁ、スコアは相変わらずのたいしたものじゃないんだけど、何がって、ニアピン賞ですよ、あーた!(笑)
213Y(ヤード)Par3 第1打は #3アイアンでピンまで約3mに1オン、これを1パットで沈められないのがヘボなんですが、無難にパー。

ものすごく嬉しかったであります!!(泣) ええ、ええ、こういう小さいささやかな賞でも、ほんとすごく嬉しいんですよ(笑)いやあ、楽しかった楽しかった(笑)(写真はニアピンの旗と #3アイアン)

え〜と、ただですねえ...正直に言います。Par取ったのはそこだけ・・・とほほ(涙)
もひとつ正直に言います。ドライバーでフェアウェイキープできたのは2回だけです・・・(涙2)
けど、今日はアイアンがそれほど悪かなかったのと、パターも 3パット以内だったのが救いです、って、その程度ですみません、とほほほほ(涙3)

天気もよかったし、景色もよかったし、いい汗かけたし、また練習してがんばります!(笑)
[PR]

by thin-p | 2009-04-20 00:06 | スナップ | Comments(0)

写真のはなし三題 -3-

今夜は「写真のはなし三題」ということで、-1--2-、とお送りして参りましたが、いよいよ3つめのお話を。

先日もサッカー観戦に一緒に行った友人(男・笑)が近頃オリンパスのデジイチ(デジタルの一眼レフカメラ)でいろいろ撮影を楽しんでいるって話を飲みの席で聞きまして、特に、南信州の開田高原や、あちこちの野山の四季を撮ってると、で、それらをフジのフォトブックにまとめていると。
後日その写真集を見せてもらったら、これが実に良いんですね。
c0030705_0323954.jpg

これは僕ら仲間内だけが見て「良い!」って言ってるだけじゃ勿体ないと。こんな僕でも堂々と世界中に自作を公開して、それなりにリアクションがあったりするんだから、彼の作品ももっと多くの人とシェアした方がいいに決まってると、なんなら僕の場所に僕が代理で公開するって口説いて(笑)冬の開田高原の写真を10点ほど預かったわけです。なぜ自分で公開しないのかは内緒です(一説によると、公開する為の“機械”がないらしいよ?・爆)

それらを水曜日に僕の Flickr に公開したところ、やっぱすぐにコメントが付いて、プレビュー数もいい感じなんです。ほら、ね?(笑)
  >> KAIDA Plateau by hiro-R @ Flickr (「hiro-R」ってのは、彼のハンドルです)
それと、ウェブアルバムとしても公開しました。場所は僕の iDisk内のギャラリーです。
まずは冬の写真だけですが、この先、季節の写真を追加していく予定なのでタイトルは「四季」にしてます。
  >> 開田高原の四季 @iDisk

ね?いいっしょ? 青と白のコントラストなんか、まさしくオリンパスだし。

c0030705_0332294.jpg

c0030705_0333782.jpg
と、いうことで、再来月、彼の写真展をプロデュース&ディレクションさせてもらいます。
会場はおなじみの Village Green Ten Room です。
詳しいことが決まったらまた告知させてもらいますから、南信州や木曽馬、大自然に興味関心のある方はもちろん、そうじゃない人も、僕のプロデュースに興味がある方も(笑)、ぜひご期待下さい!

そして、その写真展も、もちろん写真集にします。

さあ、いかがでしたでしょうか、写真のはなし三題。
撮影するのも、その作品もデジタルで、編集も加工もデジタルで、公開場所にもネットやウェブやデジタルなテクノロジーを使うけど、フィジカルでリアルでアナログでローファイな作品を自分たちの手で作り誰かとシェアできるなんて、むしろそっちの方がすごいことなんだっていう気がしてる今日この頃です。

さぁてと、人の作品のアレンジやディレクションも楽しいけど、ぼちぼち自分の作品も公開してきますね。
なんだかんだ日々撮ってるし(笑)
まずは公開のタイミングを逸してた今年の桜シリーズとか、ツアーの最中に撮った出張写真散歩とか。

そして、そろそろポッドキャスティングも、ね(笑)
それじゃあ皆さん、よい週末を/  ば〜いさんきゅ〜
[PR]

by thin-p | 2009-04-18 00:37 | アートワーク | Comments(0)

写真のはなし三題 -2-

今夜は「写真のはなし三題」と題しまして、文字通り、写真のはなしを3題続けてエントリーという趣向でお送りしています。って、説明がそのまま過ぎるだろという突っ込みは流しまして、写真集「写真散歩」の話題に続いて 2つめの話題も写真集です。

かれこれ約1ヶ月前のこと...  おや? またアメリカのApple から何か届いたよ?
この前の時と同じ箱と、あと、色違いのでっかいのもあるよ?
c0030705_23203712.jpg

じゃじゃーん!
c0030705_2322547.jpg

あ、写真集だ! でっかいのと中っくらいの。

〜解説しよう〜

先月、僕の年の離れた弟のような友人が晴れて結婚したってことをここにも書きました。
幸せのお裾分け
その時に二人へのプレゼントとして、僕の写真と、写真散歩大好き隊隊員2名にも何点かふさわしい写真を提供してもらって、世界に1冊だけのオリジナル写真集を作りました。
c0030705_23293041.jpg

その隊員2名とは、写真集「写真散歩」の *michiko* こと ねむちん(どっちがどっち?・笑)と、サンフランシスコのイカしたロックバンド「フジコちゃん」のボーカリストでロックンロール・ウィドゥ(いや、ウィドゥじゃないか・爆)で新造写真家の篠山キャシャーンとしても活躍中の猫娘です。わかるか、その説明で?(笑)
実は彼女たちもだけど、新郎も Apple Store でシリーズ開催してきたイベント、Pod Jam の併催企画「世界の絵葉書展」の第一回目からの皆勤メンバーであり、ねむちんは数年間から新郎と面識もあるので協力してもらったと、そういうわけでした。

今回は世界に1冊だけの記念作品ということで、ハードカバータイプの大きなサイズ(21.5cm×28cm)のにしました。
c0030705_23285184.jpg

使ったのはもちろん今回も AppleiLifeの中の写真管理アプリケーション、iPhotoと、
iPhotoプリンとサービス
c0030705_23415276.jpg
あ、小さい方は僕らの記念用ってことで、世界に1冊のはでっかくてしっかりしたやつにして、僕らのはソフトカバーの中サイズのにしました。小サイズ(6.7 × 8.9cm)で選択できるテーマは1種類だけですが、大と中は今回みたいに同じデザインとレイアウトで2タイプを作る事ができます。

c0030705_23324821.jpg
ハードカバーは黒か茶を選べます。なかなか渋くてカッコいいです。
(選んだテーマで仕様が異なります)

その上に写真やタイトルをレイアウトしたソフトカバーがつきます。

これ、1回見ちゃうと、やっぱいいなあって、次回は絶対こっちで作りたいって思っちゃいます。

c0030705_23322930.jpgこんな感じで、その巻き込んだ内側に写真やテキストを入れる事もできます。
写真に写ってるのは、2007年の今頃、僕が撮ったVilllage Green Tea Room での新郎新婦です。

リンゴマークの印刷の有無も選べますが、当然入れました(笑)
ソフトカバータイプの方は裏表紙に入れる事ができます。
c0030705_23432998.jpg

これと同様のフォトブック製作プログラムや写真のプリントサービスって、例えばフジフィルムだとかキャノンだとか、あと Flickrなんかでもいろいろやってて、結構人気みたいですね。
そう、これ、1回でも作った人は絶対2冊目3冊目と作りたくなっちゃいます。すでに僕がそうです(笑)
値段やクオリティや作り方は好みがあるから一概にどれがベストとは言えないし、特にiPhotoのコレはMac使ってないとできないものだし、いずれも料金がかかるものだけど、自分の写真が本になるってのはほんとに感動モノですよ。
同じ写真でも、ただの紙焼きの3倍から10倍素晴らしく見えるし、素人写真だからこそ、でっかく引き延ばしてパネルにするよりカッコよく見えちゃいます。いや、ほんと(笑)
c0030705_0472081.jpg

と、いうことで、今年はあと2〜3冊プロデュースしようと思ってます。
そんでもって、僕の写真集と写真展(になるか、なんでもぶっ込んだミクスチャー作品展になるかは未定)をぜひ作ろうと思ってます。乞うご期待!(笑)

さてさて、本日は「写真のはなし三題」ということでお送りしていますが、じゃ 3つめにいきましょうか〜
[PR]

by thin-p | 2009-04-17 23:58 | アートワーク | Comments(2)