昨日はドクター・スミスに会ってきた

GWに突入してしまう前に、どうしても訪れておきたい場所と、そこの主に会っておきたくて、昨日は仕事を片付けた後でバスと地下鉄と名鉄電車を乗り継いで東岡崎の駅まで行った。
c0030705_0271452.jpg

昔は仕事の関係でしょっちゅう行っていた岡崎だけど、ここ数年はとんとご無沙汰だったので、まずは駅から歩いて3分程のところを流れる乙川の橋のところまで行ってみた。
c0030705_0265998.jpg


c0030705_0293974.jpgとりあえず1枚だけ撮って、駅の反対側にある目的の場所へ向かう為に引き返す途中、こんなのがいたり(笑)

この2人、僕が近づくまで普通の人として普通に会話してて(笑)それがおもしろくて少し観察したあと前に回り込んでカメラを構えて、はいポーズ!って言ったら喜んで応えてくれたのがまたおもしろかった(笑2)
c0030705_0362539.jpgそれから、どう見ても訳ありっぽい?老人ちょい手前の怪しげなおっさんたちがコソコソなにかやってたり、(いや、まったく安全な街ですよ、念のため)夜の東岡崎駅の周りには惹かれるものが結構あって、それだけでも行った甲斐があったんだけど、そもそも今回は探検が目的じゃないので、それはまた機会をつくることにして、駅の南口を出てすぐのビルにある目的の店へと向かった。

その店とは、ちょっと前にココとアソコで紹介した友人が開いた店「Dr. Smith」だ。
c0030705_0381642.jpg

c0030705_0422681.jpg

c0030705_0543724.jpgc0030705_0544973.jpg
c0030705_0474360.jpg


c0030705_0433992.jpg

c0030705_0451865.jpg

c0030705_0475672.jpg


想像以上にふらりと立ち寄りやすい感じのドアを開けて店に入ると、2人連れの若い女性がカウンターで支払いをしているところだった。
あとで聞いたら、彼女たちはすでにリピーターだそうで、他にもファンを増やしつつあり、開店して3週間ちょいの Dr. Smithの地元の評判は上々らしい。
それはカウンターのスツールに腰掛けて店の雰囲気とマスターの佇まいと見れば、詳しく聞かなくてもすぐに感じ取れた。

酒と音楽と雰囲気と店中にちりばめられたマスターのこだわりのおもしろさは言うに及ばず、料理も美味いし、なにより居心地がいい。でもって、明朗会計だし、お値打ちだし(笑)

僕は特にマスターのセンスとユーモアが大好きなので、昨夜は3時間近く心地よく楽しませてもらった。

とにかく、僕の友だちみんなを Dr.Smithへ連れてきたいと思った。
酒や音楽や美味いものだけじゃなく、様々なジャンルの書物や雑誌のコーナーもあるし、ビリヤードの映像や話題も楽しめるし、まだまだ書ききれないくらいの引き出しを持つマスターが作った店なので、僕と趣味の合う人なら絶対に気に入って喜んでもらえるにちがいないから。

いや、ほんと、お世辞抜きにすごくいい店ですよ、マスター(笑)

GW明けの 5/8(土)はスペシャル・ライブ・イベントが開催される。--> 詳細
c0030705_1341329.jpg

前も書いたけど、僕はそれを手伝いに行く。
イベントは16:00〜と18:00〜の入替制で、1回目の方はまだ若干余裕があるようなので、興味があってご都合のよい方がいれば、ぜひどうぞ。(僕に言ってくれれば予約入れておきます。)

そして、なんと言っても店名の由来にもなっている宇宙家族ロビンソンの、マスター秘蔵のコレクションコーナーが素晴らしい!これだけも一見の価値あり(笑)

にやりとわらう ドクター・スミス(笑)
c0030705_1494329.jpg

<Dr.Smithのフライヤーをどうぞ>


編集後記:抑えめの照明の店内での撮影ということもあるけど、右目のぼやけ具合がちょっと進んじゃったのか、コンピュータに取り込んで大きく広げるとピンボケばっかで...(泣)
けど、まあ、雰囲気が写ってるからいぃっか?(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-04-28 01:54 | スナップ | Comments(1)

ただ写真が好きなだけ

用事が昼をまたいだから昼飯は出先で済まそうと思っていたが、そこにあった飲食店は快晴の日曜の賑わいのおかげで、めぼしいメニューがことごとく品切れだったから、帰宅途中にどこか適当な店に入ればいいやと名古屋に向かって街道を走っていたら、ちょっと前にテレビで見た商店街に差し掛かった。

駅前なのに 1時間100円というコインパーキングに車を停めて、その商店街の名前が施されたゲートをくぐると、テレビで紹介されてたユニークなたこ焼きやがあった。
c0030705_23592632.jpg

商店街にはたこ焼きの店がもう1軒、お好み焼きの店ももう1軒あったけど、僕がテレビで見たのは間違いなくこの店だった。だって、ほら、こんな風に店先に紙芝居の自転車が停まってたから間違いない。
c0030705_003235.jpg

と、それはそれとして、まずは空腹を満たすのが先だ。
c0030705_00932.jpg

たこ焼きの香ばしいいいにおいが漂う店先に立ち、とりあえず 6個入りのソース味を注文すると、おじさんは、ちょうど今焼き上がるとこだから、急いでなければちょっと待っててと。
もちろん待つに決まってる。
c0030705_005065.jpg

たこ焼きの仕上げをしながら、おじさんは僕の肩にかけたカメラに気付き、写真を撮ってるの?と聞いてきた。

ただ好きで撮ってる素人ですけど、と答えると、じゃあ、せっかく来てくれたから、後で紙芝居やってあげるわと言って嬉しそうに笑った。
紙芝居のところには「声をかけてください。手が空いていればいつでも始めますよ〜」と書いてあるから、内心やってくれるなら見たいなあと思っていたのだけど、もしリクエストに応えてもらったとしても、紙芝居をやっているおじさんを撮っている僕という、客観的に見るとなんかあまり粋な感じがしないなあとも思っていたので、おじさんが申し出てくれてよかった(笑)

あとは僕以外に、できたら子どもが1人でも一緒に見てくれるといいんだけど、そんな事を思いながら店先のベンチに座って焼きたてのたこ焼きを頬張った。
大きなタコが柔らかく、しっかりとした塊感のあるたこ焼きだった。
僕はこういう田舎っぽいたこ焼きが好きだ。美味いのと空腹とで、あっと言う間に食べ終わったがまだ物足りない。肉入り焼そば200円ってのをもらった。これもごくごく普通に想像できる焼そばで美味かった。
c0030705_011018.jpg

おじさんはなぜか僕に興味を持ってくれたらしく、どこから来たの?とか、写真展とかやってるの?とか、聞いてきたり、毎月第三土曜日は商店街に市が立って模擬店がたくさん出たり、ジャグラーがパフォーマンスをやりに来たりでおもしろいからシャッターチャンスもたくさん出来るだろうし、是非また遊びにいらっしゃいとか、いろいろ話してくれて、いつの間にか僕の祖母がやっていた駄菓子屋のお好み焼きの話しに広がっていって、じゃあせっかくだからお好み焼きももらおうってことになって、100円玉と引き換えにキャベツと卵と豚肉に隠し味のカラシマヨ付きのをもらって3口くらいで食べた。
うまい!というほどではないが(笑)うまかった(笑2)

その間に自転車に乗った親子がかき氷を食べに来たり、近所の子どもが補助輪付きの自転車でやってきたりして、うまい具合に紙芝居を上演するにちょうどいいくらいの人数が集まって、いよいよ「アンパンマン」が開演した。
c0030705_0392.jpg

店先にラジカセを出してプレイボタンを押すとおなじみのアンパンマンのテーマ曲が流れてきて、おじさんは勢い良く拍子木を打ち鳴らし、自転車にくくりつけられた太鼓のSEを効果的に使いつつ、声色も使い分けて、アンパンマンをおもしろおかしく見せてくれた。
c0030705_022596.jpg

ものすごく楽しかった。
子どもたちが無邪気に笑ったりストーリーに反応して歓声を上げたりするくらいに、おじさんの紙芝居は楽しかった。
c0030705_0172379.jpg


そして、何より印象的だったのは、紙芝居をやり終えて、「おしまい」と言った直後のおじさんの満足そうな横顔だった。

「市(勝川弘法市)の時はお客さんが多いから、保育園の先生にやってもらってるんだわ」と言いながら、ラジカセを店の中へ戻して、子どもたちに「は〜ひふ〜へほ〜!ばいばいき〜ん!!」と手を振るおじさんと子どもの笑顔がいちばんのシャッターチャンスだったと、あとで思ったけど、そのやり取りの間、僕はなんだかほのぼのしちゃって1枚も撮ってなかった。おじさんの満足そうな横顔も、ほらこの程度のものが1枚だけ。
c0030705_054379.jpg

まあ、そこらへんが、ただの写真好きの素人なわけだ(笑)

*愛知県春日井市勝川駅前の勝川大弘法通り商店街 ---> 「勝っちゃたこ」

さて、この商店街、毎月第三土曜日の市共々、その名の示すある名物があるのだった。
それについてはまたこんど。。。(拍子木)
c0030705_0134457.jpg


勝っちゃたこのおじさん、どうもありがとう。また行くわ。
c0030705_0133271.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-04-26 00:19 | 写真散歩 | Comments(2)

団欒

団欒とだんだんだだんと〜♪ (Dang Dang / 松任谷由実) とか、リンリンと団欒、などといったことなどを思いついたらそのままタイプしちゃわなくてもいいのにって言われたって、口笛で答えていたあの頃〜♪ ってどの頃だ。
おしまい。

さて、幸福の五段階(一般的には「マズローの欲求五段階」)ってのがあって、昔はそれを勉強したこともあったんだけど、そういう理屈に当てはめたものなんかじゃなく、素直に「ああ、しあわせだなあ」って思えればそれがいちばん幸せなんだって、そう思えるようになったのは最近だ。

いや、もっと昔はそんなこと何も考えずに、いつも素直に「ああ、しあわせだなあ」って思う瞬間がたくさんあって、それは大人になる前の男の浅はかな幸せも含まれてはいるが(笑)、日常的にも仕事でも社会的にもいろんな幸せがあったのに、組織の中で管理する側の立場になるに伴い、心理学だの経営学だの人心掌握術だのといった知識を詰め込まれ、いつしか幸せを理性で捉えるようになって、片方には常に素直な感性も残していたと自分では信じていたけど、でも物事を分析したり、その五段階的な構造として捉えようとすることがクセになってしまったのだった。つまり幸せを無意識に理論化していたのだと思う。

だから、ようやく最近、そういうクセが直ったんだと言った方が正確だな(笑)

c0030705_114210.jpg

c0030705_115254.jpg

c0030705_12447.jpg

c0030705_121493.jpg


美味いものを知っている。酒は強くないけど旨いと思える。それらをおいしく楽しめる団欒の中にいられる。

それをしあわせと呼ばずに何と呼ぼうマー坊天気予報。。。どて...

今夜はとてもうれしい夜だった。
[PR]

by thin-p | 2010-04-25 01:10 | 雑記帳 | Comments(2)

今年はヘビメタ部も活発だZ!

c0030705_14892.jpg

写真散歩大好き隊や下町グルメ散策隊だけではなく、今年はヘビメタ部も順調である。
あ、ヘビメタ部っつっても、ネーミングのマヌケさをおもしろがってるだけで実際はハードロックなんだが、っつっても、一般の人々からすればヘビメタもハードロックも同じじゃねーかYo!って言われるかもだけど、きっぱり違う。

で、今日は我がヘビメタ部の2010年度の活動第二弾実行日だったのだって話しよ、要するに。

ゲイリー・ムーア@Zepp Nagoya

いや、すごかった。MCは曲名の紹介のみ、あとは最初っから最後までずっと演奏しっぱなし。

小手先でチョイチョイなんてことは一切せず、終始ド本気でド真剣勝負って感じで、なんか、魂でギター弾いてるっていう、そう、だから、ある意味ソウルミュージック、みたいな。

サッカーで言えば、素早いパス回しで相手を翻弄して、ファンタジックにゴールを決めるっていうのとは真反対の、ミッドレンジからはもちろん、センターサークル手前だろうが、ものすげえ重いシュートを前半だけで12本くらい撃ってきちゃうみたいな、しかもそれがただの力任せじゃなくて、全部枠に飛んでるっていう、そういうプレイ。

けど、不思議と和らぐっていうか和むっていうか、あ、字は同じだけチョリッスでもアジエンスでもなくどニュアンスよニュアンス。昔ニュアンスしましょっていう歌があったでしょ?関係ないけど。

そんでもって、音が素晴らしくいいんだな、これがまた。
レスポールとファイヤーバードを使い分けてたけど、しびれるくらいにいい音だった。

最後に(僕にとっては)大感動&感涙モノの短いフレーズも弾いてくれて、とにかく素晴らしいステージだった。

ただ、1つ、いや、2つだけ残念にもほどがあるってくらいのマイナス要素があって、それは、もー、あたまくるくらいにドラムスとベースがヘタくそで、ゲイリーのギターに圧倒されてる間は気にならないんだけど、ちょっと音に隙間が出来たりすると、そのどヘタくそなリズム隊のクソ最低な演奏にイライラしちゃって、だからゲイリーの250%とのギャップがあり過ぎちゃってさ、ったく、あのやろうどもめ。ブギやシャッフルが出来ないなら出来るまで練習してこい!

2月のマイケル・シェンカーの時がサイモン・フィリップス&ニール・マーレイっていう凄腕ミュージシャンだったから、今夜のゲイリーのバックのショボさが余計に目についてしょうがなかったよ。

あと、ハモンドは音はよかったけど、プレイはいまいちだったなあ。ただのバックミュージシャンの演奏よりヒドかった。実につまんない演奏だった。

それから、今日は2Fはシートがあって、1Fはオールスタンディングだった。
僕らはチケット取ったのが直前だったから既に2Fはソールドアウトで1Fで見たんだけど、これがもうギューギュー詰め状態で、ただでさえ平均年令が極めて高い客層だから開演直後に酸欠や気分が悪くなって退場する人続出っていう有様で、あれは当日券はナシにするか、1FのPA席周辺のスペースも解放すべきだったよな。

開演直前なんかラッシュ時の地下鉄の扉付近みたいな状態になってたから、早めにスタッフが高いとこから見て少しずつ詰め合うことを客に指示すれば、みんな大人なんだから動くのにしないから、背の低い女性客はどんどん壁際に押しやられちゃったり、実際、直前にはスタッフが客に協力を求めて、みんながそれに素直に協力して事なきをえたんだから、もっと早く判断してやっとけっていう話しだよ。

更にもう1つ言えば、今回はロック寄りじゃなくてブルーズ寄りの選曲でのライブだったし、客の年齢層も高いんだから、スペースに余裕が出来ればドリンクももっと売れただろうし、そこら辺の判断や運営の仕方はなってなかった。

と、いうことで、ゲイリーには大満足だったけど、ライブとして、イベントとしてはイマ3くらいだった。

なんだけど、やっぱゲイリーの素晴らしさには部員一同、皆感動していたので、ライブの後に寄ったブリティッシュ・スタイル・パブのエールとフィッシュ&チップスと、毎度爆笑のヘビメタ(ロック全般のことね)談義は大いに盛り上がりましたとさ、めでたしめでたし。

さ〜て、次回のヘビメタ部のターゲットは・・・ エイジアです。お楽しみに〜/

余談だけど、今でこそムーアと言えば世界一好きなギタリストの苗字だけど、映画少年だった僕には、高校生になるまでは、ムーアと言えばジェームス・ボンドだった。

(写真は季節外れの寒風吹きすさぶ開演前のZepp Nagoyaの入り口から見た名駅@iPhone)
[PR]

by thin-p | 2010-04-24 01:05 | Fav | Comments(3)

南信州の土産、まずは「南木曽編」

はい、と、ゆーことで、日曜日に行ってきた南信州の土産をお裾分です。

昨日は日中外で動くと軽く汗ばむほどの陽気だったのに、今日はまた冴えない天気になっちゃって、どうやら明日も同じようなものだそうだから、まずはちょっと晴れやかなのを1枚貼っておきます。
c0030705_0112681.jpg


日曜日は中央道の中津川インターから馬籠宿、賤母山を越え、ミツバツツジが見頃を迎えている南木曽町の天白公園というところでまずはカメラのウォーミングアップ。ついでにここからデスマスじゃなくなりマス。

天白公園ではつつじまつりが開催されているらしく、駐車場や沿道には露店のテントなどが多数並んでいて、僕らが到着した時にはまだ開店の準備を始めているところだった。

ミツバツツジも遠くに見える中央アルプスも青空も美しく、しばらく夢中でシャッターを切りまくった。
ふと気がつくと、いつの間にか駐車場はたくさんの車で埋まりつつあり、観光バスも停まっていて、模擬店も既に全部開店して、公園全体が賑わいはじめていた。

目的はミツバツツジだったけど、それ以上に花桃が見事な満開で、まさしく春爛漫といった風情だった。

<と、そんな南木曽の春、2010のフォトアルバムをウェブギャラリーで公開>

で、このあとは「開田高原編」へと続きます。準備ができたら公開するからお楽しみに。

[PR]

by thin-p | 2010-04-23 00:21 | 写真散歩 | Comments(2)

マルコムとヴィヴィアン

c0030705_1161880.jpg


マルコム・マクラーレンが約2週間前に亡くなっていたらしい。

c0030705_1171011.jpg彼が関わった音楽やファッションや出来事やムーブメントの作為性や胡散臭さやニセモノっぽさやインチキで狂気を演じてる実はインテリな照れ屋っぽさが好きで、それらを雑誌やレコードで追いかけてた頃があった。
追いかけてたって言っても適当に、だけど(笑)

セックス・ピストルズのジョン・ロットンがジョニー・ライドンになって、PIL(パブリック・イメージ・リミテッド)になって、再びセックス・ピストルズで茶番を演じるちょっと前、ヴィヴィアン・ウエストウッドのネクタイを扱ってる店があの頃の名古屋には1軒だけあって、そこは僕がずっと贔屓にしていたセレクトショップで、スーツやシャツやネクタイなどはすべてそこと決めていた店だった。

普段はそこで揃えたトラッドなスーツにトラッドなシャツとトラッドなネクタイだったけど、そのちょっとキンキーでポップなネクタイたちも時々合わせて会社にも締めていった。

床に就こうと思ってたんだけど、ウェブのニュース記事で彼の他界を知って、なんとなくそんなこんなを思い出し、いまこのアルバムを聞いている。

c0030705_1173143.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-04-21 01:20 | 雑記帳 | Comments(0)

南木曽から開田高原、472枚

ってことで、“土産”がすげえたくさんあります(笑)

が、今朝は 5時起きだったので、今日のところはその100分の1くらいだけ(笑)お披露目して、続きはまた明日(か明後日)〜(欠伸...)
c0030705_2350063.jpg

c0030705_23591175.jpg

c0030705_23592426.jpg

c0030705_0565884.jpg

c0030705_02390.jpg

c0030705_021224.jpg

いや、早起きして出掛けた甲斐がありましたよ、ええ v(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-04-18 23:51 | 写真散歩 | Comments(0)

明日は南信州へ

いろいろと一段落したところで今朝の庭先のチューリップです。
c0030705_0164322.jpg

で、ちょうどタイミングよく開田高原の木曽馬でおなじみの(紹介が簡単過ぎ?・笑)の hiro-Rさんが写真遠足に誘ってくれたので、明日はミツバツツジが見頃を迎えた南木曽までちょいと出掛けてきます。

ここんとこ異常な寒さが続いてますが、どうやら日頃から品行方正で言動が紳士な僕のおかげで明日は今日より暖かいみたいだし、南信州は晴れみたいだし(笑)

つーことで “お土産”どっさり持ち帰るかんな〜!
[PR]

by thin-p | 2010-04-18 00:20 | スナップ | Comments(6)

to you...

子どもの頃から暖房機と言えば石油ストーブだった。
コタツをほとんど使ったことがなく、大学時代と結婚する前のアパート暮らしの期間に、灯油の保管だとか、万が一のことを考えて石油ストーブではなくコタツと電気ストーブを使っていた以外はもっぱら石油ストーブ+エアコンで冬を過ごしている。
妻子もイチバンは石油ストーブということで、今でもそれぞれの部屋にはエアコン以外に石油ストーブが置かれている。
ちなみにその他の部屋はすべてガスヒーター+エアコンだ。

実は昨夜、我が家に備蓄されていた灯油が底をついた。
本来ならこの週末あたりにストーブやポリタンクを倉庫にしまうのに灯油の残量がゼロになって、今年はうまいことコントロールできたなあと悦に入るところなのに、この異常な寒波のために今夜またガソリンスタンドで灯油を買うはめになってしまった。

ポリタンクを満タンにすると約18リットル。
灯油を買う場合、巡回で売りにくる灯油屋もガソリンスタンドも通常は満タンが相場だ。しかし、今はもう春。この先ストーブが要るほどの寒さがいつまでも続くとは考えにくく、余らせて夏を超すのも物騒だなと、おそらく巡回の灯油屋だと融通が利かずに18リットル買うか寒さを堪えるかという二者択一を迫られたかもしれないが、顔なじみのガソリンスタンドは快く何リットルでもいいよと言ってくれて、とりあえず我が家のストーブ2台分を想定して5リットル購入した。

と、いうことで、季節外れの寒風が吹きすさぶ今夜のこの時間も、再び灯油を満タンにした石油ストーブのおかげで我が家は快適だ。
そんな心地よさを皆さんにもお裾分けしたいので、灯油にちなんだとってもステキな音楽を1曲お届けしよう。


「真夜中のドア/松原みき」 この歌、すごく好きです。歌ってた松原みきも大好きでした。
新年度や新生活のスタートの慌ただしさに加えてのこの寒波、どちら様もご自愛のほど。
[PR]

by thin-p | 2010-04-14 23:45 | 雑記帳 | Comments(0)

エアポート2010

エアポート'75 とか '80 とか、そんなエアポート+西暦下二桁(2000っていうのは四桁だけど)をタイトルにした映画を1本でも見たことある人〜?
じゃ、いま手を上げた人の中で、エアポート'80を見ちゃったことある人〜?

ね?あれ、サイコーだったでしょ? もう、どうやったらあんな腹抱えて笑うしか無いイカレポンチにもほどがあるっぞ!な映画が撮れるんだ!って思ったでしょ?(笑)

もうね、惨事に巻き込まれる主役の飛行機がコンコルドで、その機長がアラン・ドロン。しかも、(当然CAなんて呼び名じゃない時代なので)スチュワーデスがシルビア・クリステルときたもんだ。コンコルドはSFに出てくる戦闘機か?ってな扱いだし(泣)
とにかくすべてに於いて、だってフランスだも〜んしるぶぷれ〜ぼんそわ〜ざますからってプロデューサー以下スタッフ全員が開き直ってるとしか思えない上にストーリーと演出が気絶するほどに破壊的な作品だもんね(笑)

さあ、興味が湧いた未見の貴方は速攻 TSUTAYAヘゴー!(GEOでもいいよ・爆)

と、どうでもいい話しを前置きに、中部国際空港でのスナップを。

c0030705_043892.jpg

c0030705_0431848.jpg

c0030705_04331100.jpg

c0030705_043419.jpg

c0030705_0435263.jpg

c0030705_044446.jpg

c0030705_0441582.jpg

c0030705_0442581.jpg

c0030705_0443588.jpg

c0030705_0444578.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-04-13 00:49 | スナップ | Comments(4)