<   2010年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

写真展は8月5日か6日まで、です

c0030705_23341880.jpg

Village Green Tea Room で 7月3日から開催してきた僕の初写真展が、いよいよ残すところ、あと1週間弱(来週の木曜か金曜までという曖昧な設定・笑)となりました。

たくさんの人を巻き込んだ甲斐あって、いろいろ告知していただいたり、会場に足を運んでいただいちゃったり、初VGTRのお客様には店も気に入ってもらえたようだし、写真展もおかげさまでご好評いただいちゃってまして、うれしたのしだいすき状態です。ありがとうございます!(ドリカムは のぉ39ですが・爆)

僕の写真展を撤収する日に次の写真展の準備をします。
それは、我が写真散歩大好き隊の副隊長にしてフェイヴァリット・フォトグラファーである *michiko* さんの人気シリーズの4回目、その名も「写真散歩4」であります。わー、888 888〜(笑)

僕の写真展のコラボ企画にももちろん参加してもらってて、予告として、現在も3点ほど、彼女の写真も展示してあります。

と、いうことで、まだ VGTRへ行けてない方はぜひ、おいしいお茶とゆったりした時間を楽しめる VGTRヘお出かけください。

で、会期が終了したら、今回の出展作品のすべて(コラボ作品内のものもすべて)と、未公開作品を少し追加した写真集を製作します。と、いうか、すでにレイアウトは出来てまして、あとは細かいところをチェックして印刷に回します。何を隠そう、トップの画像は、iPhotoで編集してるのをキャプったものです。

でもって、もしも実物をお手元に欲しいというような奇特な方がいらっしゃれば、実費でご注文を承ろうかと考えていまして、ええ。

これについては近日中に詳細を告知しますので、ご興味ある方は、どうぞお楽しみに。

 Village Green Tea Room
 名古屋市中区千代田1−4−1カスティーヌ千代田1階 --> Map
 営業時間11:00〜19:00(原則) *休業日はブログでご確認ください。
 tel&fax 052-252-0255 e-mail:villagegtearoom@gmail.com
 専用駐車場なし 地下鉄名城線矢場町駅③出口より南東へ徒歩5分
[PR]

by thin-p | 2010-07-30 23:35 | VGTR通信 | Comments(0)

明日は浜松と袋井からトンパりまっす

c0030705_22573131.jpg

先日、こことかあそことか、いろんなとこで告知した TOMPA_TV のイベント生中継Wヘッダーがいよいよ明日に迫りまして、いまようやくパッキングが済みました。ふぅ。

詳しい放送のスケジュールと内容を再度記載しておくので、御用とお急ぎでない方は暇つぶしにぜひご覧下さい。(ただし、通信環境と天候事情によっては生中継ではなく、イベントを録画したものをあとから配信という形になる場合がありますので、予めご了承下さい。)

 ●生中継@USTREAM #1 「ZAZA Acoustic Plaza #1」
   時間/12時30分〜16時30分
   出演/ZIL ゆかこ @mikan’ marigold song 鈴木健太郎

 ●生中継@USTREAM #1 「ZAZA Acoustic Plaza #1」
   時間/18時30分〜20時00分
   出演/ヒーローズ・アカデミーのみなさん 「H&A」「ミラクル」「MAI」

視聴は TOMPA_TV の下記サイトにアクセスすると、放送サイト(USTREAM)へご案内します。

 *TOMPA_TV 番組案内サイト --> http://mao.co.jp/
 *TOMPA_TV ブログ --> http://tompa.hamazo.tv/

また、TOMPA_TV ナゴヤ支局の放送サイトからも、別カメラで生中継する予定ですので、そちらも合わせてお楽しみ下さい。

 *TOMPA_TV 番組案内サイト --> TOMPA_TV ナゴヤ支局 放送ページ
[PR]

by thin-p | 2010-07-30 22:58 | TOMPA_TV | Comments(0)

1年ぶりーふ@大阪 土砂降り、のち、晴れ

c0030705_037869.jpg

土砂が降らなくても土砂降り。おしゃぶりではない。佐分利信でも、江分利満氏でもなく、猛暑続きにようやく打ち水的な、けれど、雨雲もうっかりやりすぎちゃったってな感じの土砂降りだった今日、形容の仕方が遠回り過ぎるのはさておき、大阪出張、そして1年振りの場所へ行き、1年振りの人に会って、更に新しい出会いなんかもしてきたっていう話しだ、要するに。

大阪へは年に4〜5回仕事で行く。
ただ、そのほとんどがまったくの勝手気侭な自由を満喫できる時間は皆無な現場ばかりなので、友人知人に会ったり、行きたい場所へ行ったり、ほんとうに食いたいものを食いに行ったりということはできない。

ほぼ1年前に初めて心斎橋のアップルストアでPCBCをやった時に初めて行った ilhaという cafe+bar で、今月一ヶ月間、同じくその時に初めて会った街角盗撮作家(笑)であり、ポッドキャストのオヤヂラヂヲでもお馴染みのギトさんこと、タカギトオルさんが写真展を開催されているということで、ilhaのランチを食べ、フランスの写真の賞を受賞したギトさんの作品を見て、ギトさんにも会って話したり、去年はあまりうろつけなかったあの界隈を写真散歩しようと企て仕事をでっちあげたのだった(笑)

仕事を片付けてギトさんのオフィスとilhaがある町へ。
地下鉄の駅から店までの路地をグルッと歩いてちょこちょこスナップショット。
c0030705_23395718.jpg

c0030705_23401034.jpg

ilhaにはすぐにっ到着しちゃった。
c0030705_23403181.jpg

ちょうどタイミングよく混雑のピークを超えたところだったようで、ドアを開けるとカウンターと厨房の中の女性二人がにこやかに出迎えてくれた。
覚えていてくれただけで、土砂降りの中、行った甲斐があったとうれしくなった。

1年前とほぼ同じような写真を(笑)
c0030705_2340437.jpg


ほどなくギトさんが近くのオフィスから来てくれた。再会、そしてハグ(うそ・握手・笑)
c0030705_2342687.jpg

きれいな赤のエビチリがメインのプレートランチとコーヒー。やっぱ美味かった。

ギトさんの写真展は、以前ここでも紹介した写真集がフランスの[PX3 PHOTO COMPETITION2010]という賞を受賞した記念に、その収録作品を展示したもので、僕はその写真集を持っているので、コンピュータのディスプレイで見ているのとは違ってリアルな写真のステキさを感じてはいたけれど、やはり大きいサイズで立体的に展示されたものを見れてよかった。
c0030705_23491235.jpg


で、現在開催中の僕の写真展にもギトさんの作品を展示させてもらっているので、会期終了後に印刷予定の写真集の原稿をiPadに入れて持って行き見てもらい、代わりに僕はカッコいい感想ノートに中学生の日記のような文を書いた(笑)
c0030705_23451188.jpg

c0030705_0125743.jpg


その間もずっと、思いつきと流れであっちいったりこっちいったりのいろんなネタの話しで盛り上がっていたら、入り口の方から女性の声で「ギトさ〜ん、こんにちは〜」と。

その声の主は、神戸でTシャツの絵師をしているYASKEさんというチャーミングな女性だった。

初対面だった。

彼女は、たまたま仕事が休みで、神戸からギトさんの写真を見に来たそうで、じゃあ、せっかくだから同席をということになり、紹介してもらって、ポッドキャストの番組名をギトさんに教えてもらって驚いた。

2年前に河合楽器さんのポッドキャスト専用ソフトウェア、exPodの特設サイトで連載されていたポッドキャスターのインタビューシリーズで、僕の回の次の回でフィーチャーされていた「女子だけ体育館に集合!!」という番組をやっているグループの1人が彼女だったからだ。

  縁は異なもの味なもの

この諺はこういう時に使うものではなく、男女の関係に使うそうだけど、男と女なので使っておこう(笑)
人と人、人から人へのつながりや偶然ってのは、ほんと、おもしろい。
c0030705_044261.jpg

ランチタイムが過ぎて店内は僕らだけになったのを幸いに、いろんな席に座ってこんな風に、相変わらず「で、何が撮りたかったの?」って聞かれちゃうような写真を撮ったり。
この写真を撮ってる僕を、ギトさんのブログで見れます(笑)
c0030705_0142011.jpg

これが噂のサンドイッチ撮影攻撃だ(笑) この時にギトさんが撮った写真も彼のブログで見れるよ。
c0030705_0173462.jpg


ギトさんは打合せが入っているとかで、僕とYASKEさんをilhaに残し、いつかまたと握手し合ってからオフィスへ戻って行った。

しばらくの間、YASKEさんと、ilhaの女性たちと、あーでもない、こーでもない的話しをしたのち、YASKEさんは横尾忠則展を見に行くとのことで別れ、僕もそろそろいい頃加減になったので支払いを済まそうとしたら、打合せを終えてタバコを買うついでにギトさんがまたilhaに来てくれて、謎のオヤヂラヂヲ棒やオヤヂラヂヲカードを土産にいただき、そこからまた調子に乗って、その棒のプロモートについて胡散臭いアイディアを出したり、ilhaのイベントのアイディアも(これは真面目に・笑)出し、なぜだかしばらく4人で立ち話(笑)
c0030705_032755.jpg


いやぁ、楽しかった。美味しかった。おもしろかった。

去年、初めてilhaでギトさんと会った時はものすごく暑い日で、初めての大阪でのPCBCイベントを控えた緊張と、前日までの睡眠不足も加わって、少しへたばりかけてたのに、ものすごくリラックスして、いきなり親近感と安堵感を覚えた時と同じように、今回も、いや、今回はまったく最初っから、さも常連のようにリラックスさせてもらって、よい時間を過ごせましたよ、ギトさん、ilhaさん、YASKEさん(笑)

また行きます。いつかなんかおもしろいイベント、一緒にやりましょう。

ilhaを出たら雨が上がっていた。
ギトさんともう1回ハグ、いや、固い握手(笑)をして別れ、そこから心斎橋を抜けて難波まで歩いた。
ギトさんから街角盗撮(笑)の技を直伝してもらって、それを試しつつ歩いた。
が、どうも僕は同じやり方で違うもの(?)ばっか撮ってた(笑)
その写真はまた別のエントリーにアップしようと思う。

1年ぶりのアップルストア心斎橋。
PCBC in 大阪が、なんかもう遠い昔の出来事だったように思えた。
c0030705_032437.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-07-30 00:45 | スナップ | Comments(8)

TOMPA_TV 今週の注目番組

みんなのインターネット放送局「TOMPA_TV(トンパテレビ)」です。
c0030705_1205847.jpg

でさ、けっきょくのところ、TOMPA_TVってなんなのさ?っていう質問が来ないのをいいことに(笑)、実はすでに開局してまして、こんどの土曜日(7/31)には、静岡県浜松市の中心部にある複合商業施設「ザザシティ浜松」で開催される「ZAZA Acoustic Plaza #1」を昼間に生中継するわ、そのあと引き続き、こんどは同じく静岡県袋井市の夏祭り会場から、浜松のタレント養成スクール「ヒーローズ アカデミー」発のアイドル3組のライブをこれまた生中継しちゃうわの大騒ぎ(笑)

 ●生中継@USTREAM #1 「ZAZA Acoustic Plaza #1」
   時間/12時30分〜16時30分
   出演/ZIL ゆかこ @mikan’ marigold song 鈴木健太郎

 ●生中継@USTREAM #1 「ZAZA Acoustic Plaza #1」
   時間/18時30分〜20時00分
   出演/ヒーローズ・アカデミーのみなさん 「H&A」「ミラクル」「MAI」

え?どうやったら見れるか、って? じゃ、まずは TOMPA_TV にアクセスだ!

 *TOMPA_TV 番組案内サイト --> http://mao.co.jp/
 *TOMPA_TV ブログ --> http://tompa.hamazo.tv/

生中継なんでしょ? その時間、出掛けてるし、というアナタ、ご安心を。
TOMPA_TV は iPhoneなどのスマートフォンで外出先でも視聴できます。

更に、ライブを録画したものも公開するので、あとから見たい時に何度でも楽しめます。

TOMPA_TV は音楽イベントだけではなく、地域のスポーツイベントやお祭り、カルチャースクールなどの発表会や講習、工場・企業見学、学校祭の中継やオープンキャンパスの生中継、キッズ&ファミリー向けのチャンネル、エコ・チャンネル、更に、美容室や床屋さんの勝ち抜きシャンプー対決!とか(笑)匠の技拝見とか、各種エンターテインメントも、あ、それから写真散歩チャンネルも、、まだまだ多彩なコンテンツを企画&準備中でして、それらは今後、次々と発信・公開していきます。

TOMPA_TVは静岡県浜松市と愛知県名古屋市を結ぶ東海道線沿線からスタートして、周辺に拡大していきます。

そして、TOMPA_TV は USTRAMとYouTubeはもちろん、Podcast、ツイッター、などと変幻自在に組み合わさりながら、誰でも気軽に簡単に楽しめるものを目指します。

と、ここまで書いてもよくわからないでしょ?(笑)
「TOMPA_TV」は、地域のイベント情報をライブ中継取材(生放送)します。

市民主催・参加型の音楽イベントや地域イベント、個人・グループによるプライベートイベントをはじめ、今、わたしたちの身の回りで起こっている出来事をインターネットでライブ中継取材する「インターネット放送局」です。ライブ中継してほしいイベントがあればお知らせ下さい。取材に出かけていきます。

とにかく、だ!
まずは 7月31日の生中継をご覧あれ! --> TOMPA_TV
時間的にリアルタイムが無理であれば、録画番組をご覧あれ!

そこから何が生まれるか、ぜひ目撃していただきたい。あ、いや、気軽に、ね(笑)

*インターネット環境によっては中継が途切れたり視聴できない可能性もありますが、その場合でも(イベント自体が中止にならない限り)録画コンテンツは後日公開します。

*土曜日の各中継会場で配布するフライヤーを、A'sfの2つのPodcastサイトから今夜先行リリースしました。ちぇき!  A'sf -Pod- Radio   PCBC Podcast

さて、明日は久々の大阪、なんか雨っぽい? けど、ゲリラ豪雨でさえなきゃ、猛暑よりはマシかな。
[PR]

by thin-p | 2010-07-29 01:50 | Comments(0)

畑のトマト、街のトマト

c0030705_23351063.jpg

c0030705_23352365.jpg

[PR]

by thin-p | 2010-07-26 23:35 | スナップ | Comments(2)

仕事半分、趣味半分で覚王山夏祭

昨日と今日は各地で夏祭りが催され、毎度おなじみの名古屋の覚王山でも夏祭(なつさい)だった。
仕事半分、趣味半分でオープンの14時ちょっと前に会場に着くように、わざわざ歩いて出掛けた。そう、あの猛暑の中を(笑)

c0030705_23322285.jpg

他のシーズンは10:00〜18:00の開催だけど、夏はそれだと出展者も参加者も死んじゃうので、14:00〜21:00。まぁ、14時は暑さのピークなんだけどね(笑)

ブースが完成してすでに客の呼び込みを初めている出展者もいれば、ようやく準備を始めたばかりの出展者もいたが、すでに会場は大勢の来場者で賑わっていた。

石材店の前に水着の古着っていうのもなかなか風情があってよい(笑)
c0030705_23372920.jpg


覚王山祭りの常連、中部ウクレレ連合、略して「う中連」の皆さんによるウクレレ無料レッスンコーナー。
c0030705_23382528.jpg

いつもは見てるだけだったけど、今日は体験させてもらってみた。その様子をiPhoneで録音したので、夕方ポッドキャストで配信した。よかったら僕と先生のウクレレ・セッションをお聞き下さい(笑)
ウクレレって、ちゃんと教えてもらって弾いたのは初めてだったけど、あらためてステキな音色だなあと思って、ちょっと始めてみちゃおっかなと悪いクセが出てきてるけど、どうしましょう(笑)

c0030705_23424759.jpg

c0030705_23425945.jpg

c0030705_23431517.jpg


南信州の特産物を紹介するアンテナショップのブースで、ブルーベリー100%の冷えた生ジュースを飲んだ。ブルーベリーは目に効くというけど、あれはホントだ。少なくとも僕は飲むと毎回、必ず目の後ろが熱くなって、ピントが合うような気がする。

さて、昼飯は何を食おうと一通り飲食ブースをチェックしていたら、覚王山祭りでは見たことない有機農法野菜の店があり、一夜漬のキュウリが串に刺さってザルの上で冷やしてあった。1本100円。
c0030705_01273.jpg

いい色だし美味そうだったから弾ける笑顔のお姉さんに 1本下さいと言ったら、そのまんまの元気と笑顔でありがとうございます!と言いながら、下の方の氷に近いところにあったキュウリを取り出してくれた。
そいつにかじりつくと同時くらいに、その隣にいたあんちゃんが僕を見て、イベントのお仕事されてませんか?と聞いてきた。

いかにも、拙者、イベント関係の仕事だが、と答えると(いや、普通に答えたんだけどね)あーやっぱり!と彼。

どうやら4〜5年前にウチの仕事をアルバイトでやってくれたらしく、現場で会った僕を覚えてくれていたのだった。

名前を聞いて、その時のポジションを聞いたら僕も彼を思い出した。

お互い、おー!とか言いながら握手をして、ところで何やってんの?と聞くと、実は八百屋を始めました、と。

なになに?そうか、これはちょっとオモシロいことになりそうだぞ、というアイディアを思いつきながら、連絡先や店の場所も聞きながら、冷えたうまいキュウリをかじった。

夏の暑い日にキュウリを食べるのは熱中症や脱水症状を防いだりする効果があるそうで、中国人は上海万博の会場でみんなキュウリをかじりながら歩いているというニュースを先日テレビで見たが、夏になるとスイカやキュウリをたくさん食うのは、そういう昔の人の知恵だったのだということを、今日あらためて思った。

今度は店に野菜を買いに行くよと言って記念に1枚。(あ、目つぶってた・笑)
c0030705_02432.jpg

こういう再会はほんとに楽しい。

さて、暑さにカラダが馴染んできて、適度に胃に物が入っていよいよ本格的に腹がへってきた。

今回選んだのは、人気のフレンチレストラン特製のローストビーフのフランスパン・サンド。
めちゃめちゃ美味い厚切りローストビーフが丸ごと1枚、それ自体が美味い少し柔らかめのフランスパンに挟んであって、特製のソースと緑の野菜が添えてあった。
c0030705_022257.jpg

猛暑の炎天下で、まさかあんなに美味いローストビーフにありつけるとは、というくらい美味かった。
そして、ウィルキンソンのジンジャーエール辛口。くーっ!うまい!
単品だと200円だけど、サンドとセットだと100円とのことで、まぁラッキー!(笑)
c0030705_0192735.jpg

生ビールもスパークリングワインもあって、できることならそっちがよかったんだけど、生憎3時間後には車を運転せねばならない用事があり、泣く泣く残念した、いや、断念した...(涙)
けど、それを補って余あるほどにローストビーフ・サンド+ウィルキンソンは最強だった。
今度はちゃんとディナーを食いに行こう。

3時から参道の途中にあるコインパーキングでは子ども縁日が始まった。
c0030705_09919.jpg

c0030705_0194057.jpg


もう何年もやってるイベントで、一時期ちょっとマンネリ?って感じたこともあったけど、最近はなにか新しい感性が加わったような、いろんな細かな部分が少しずつ改善されて、またオモシロさを増したように感じ、やっぱおもしろい町だなあと思いつつ、地下鉄で2駅向こうの商店街の夏祭り現場へと移動するのであった。

あとは仕事の話しなので割愛して締めます(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-07-26 00:20 | Comments(0)

ウドちゃんになった気がした

【追記あり:2010-07-28】

1ヶ月以上前にブログ用にタイプしたものの、あれやこれやでアップしそこねてた記事なんだけど、お蔵入りは勿体ないのと、内容的に今がいいタイミングなので(笑)今更だけど公開しちゃうのさ。(そういう記事がかなりあるんだよな、これが・笑)

---<ここから書いてストックしてたテキスト>---

名古屋のTV局、メ~テレ製作の番組「ウドちゃんの旅してゴメン」っていうのが結構好きで、現場が入ってない週末の朝は大抵見ている。
出来ればウドちゃんの代わりにあちこち旅してゴメンしたいと思ったりする。なにをゴメンするのかはさておき(笑)

この手の番組が好きなのだ。
いわゆる旅モノっていうより、ゆる~い感じでその辺をぶらぶら歩きながら、その土地の美味いものを食べ歩いたり歴史を探訪したり、そこで暮らす老若男女と触れ合ったり、っていう類いの番組が。

こういうのはNHKがうまい。
「鶴瓶の家族に乾杯」とか「街道てくてく旅」とか、平日昼の「生中継 ふるさと一番!」とか(ほとんど見れないけど、たま~に見るとおもしろい・笑)、あと秋からセカンドシーズンが始まるブラタモリも今から楽しみだ。

このエリアだと、あとは CBCの「そこが知りたい 特捜!板東リサーチ」と、東海テレビの「西川きよしのご縁です」も好きだ。あ、あと「ぐっさん家」ってのがまたおもしろい。

実家の浜松に帰った時にちらっと見る静岡ローカルのそれ系番組もそうだけど、こういう番組は作ってる人が本当にその土地に対する思いを持って作っているんだなあと思う。そして、やっぱ小旅行や散歩や人が好きな人が、ほんとに好きで作っているんだろうなって思う。

で、そのウドちゃんのやつは、土曜の朝のぼんやりムード漂う自宅のリビングで、濃いコーヒーを飲みながら、新聞に目を通しながらテレビにも目をやりつつ、時折、ああ、いい景色だなあとか、ああ、美味そうだな、食ってみたいなあとか、ウドちゃんっていい人だなあとか、町の人たちもいい人たちだなあ、と思いながらの30分間が心地よくて特に気に入っている。

東海テレビのスタイルプラスっていう番組の中のコーナーで、高井アナが名古屋の町をカメラを持って散歩する「はじめの一歩」っていうのも好きだ。
まさに写真散歩だもんね。

ご存知のように僕はカメラを持ってあちこちぶらつく趣味がある。
撮った写真をすべてどこかに公開するとか、訪れた場所や美味しい食べ物をすべてブログで公表して誰かに勧めたりするわけではない。
リアルに会う人には割と「この前、どこどこでこういうことがあった」などと話す事はあるが、ウェブ用のネタにするのは、せいぜいその3分の1くらいなものだ。いや、もっと少ないな。
飲食店に至っては、滅多に紹介記事を書くことはない。

それについては特に理由はなく、単に記事にする時間がないとか、あとは、せっかく見つけた場所をそう簡単に明かしたくないというケチくさい根性だったり(笑)
まぁいちばんはやっぱ面倒くさいからだ(笑2)
いや、1つ理由があることはある。
それはあとで書く。

さて、前置きだけで本題に入る前に終わっちゃいそうなので、そろそろこのエントリーのタイトルの話しをしようか。


まあ「そのまんま」だ(笑)

実は近頃、写真散歩をしていると、まるで自分がウドちゃんになったような気分になる場面が結構あって、土地の人から親切やサービスを受けたり、その場所にまつわる様々なエピソードや名物なんかを紹介してもらえたり、じいさんや子どもが勝手についてきたり(笑)そういうことがちょこちょこあるのだ。

これが実におもしろくて楽しい。

僕が熱心なブロガーであれば、嬉々としてアップしまくるであろうくらいにネタには事欠かない。が、生憎そこまで暇じゃない(笑)
それ以前にそういうことをなんでもかんでも公表するのは野暮だと思うから書かないでおくことの方が多いっていうのもある。それに、そういう出来事や体験は、その場にいないとおもしろくないことの方が多いし。

まぁ、一番の理由は、こんなブログでも最近は何故か1日のアクセス数が200を超えていたりして、たまにびっくりするくらいの数字が出てることがあるから、あまり具体的に書いて、万が一これを読んだ誰かが僕が受けたのと同じようなサービスを期待して、例えばその店や場所を訪ねてしまって、同じような施しを受けれなかったなんてことを店の人に文句言ったりしちゃうと、せっかく親切にしてくれた店に迷惑をかけてしまうことになるかもしれない。それだけは絶対いやだ。

さっき書きかけた“なんでもかんでも公表しない理由”の最たるものがこれだ。

けど、あまりに楽しいことが続くので、どうしてもこれだけはというネタを今日は1つ書いておきたい(笑)

そんなこんなで、話半分くらいにボリュームダウンして書くことにする。
えーと、話半分ってそういう意味か?ま、ある意味合ってるかもしれない?(爆)


先日、とある町へ電車で写真散歩にでかけた。
名古屋から普通電車で1時間かからないくらいの地方都市だ。
c0030705_12144549.jpg


古い町並みや商店街を写真散歩して、そこにあった団子屋に1本70円のみたらしだんごを食べに寄った。
c0030705_12171057.jpg

注文を受けてから焼く店なので、おばちゃんが焼いている間、駄菓子屋風だが駄菓子より自家製の漬物や梅干しなんかが陳列されている店の中に入ってその商品棚を見ていたら、手作りジャムの瓶の隙間に件のウドちゃんの番組の毎回の〆でウドちゃんが描くクレヨン絵と詩が印刷されたポストカードが飾られていて、壁には番組が店を訪れた証明のステッカーが貼ってあった。
c0030705_1215326.jpg

あ、ウドちゃん来たんだ。とボソっと言ったら、それを聞いたおばちゃんが焼け上がって香ばしい匂いを漂わすだんごをタレに浸して皿に乗せながら、そうなのよ~、ねえ、お客さん、ウドちゃんに会ったら、今度はちゃんと来る前にちゃんと来るよって言ってから来てねって言っておいてくださる?と。

あ、いや、会わないよ、ウドちゃんとは(笑)とか言いながら、椅子に腰掛けて焼けた団子を頬張ると熱いお茶を入れてくれた。どちらも絶品だった。
そしてウドちゃんの番組が来た時の話しを楽しく聞かせてもらった。
おばちゃんはなんだかんだ言いながらも嬉しそうに話してくれた。

 あなたたち(連れがいた)も今日は取材か何かなの?お仕事?

 いやいや、ただの写真と散歩が好きなだけの素人ですよ。

 へぇ、なんか取材の人かと思った。

最近は写真散歩の時はいつも一眼レフのカメラを手に持って歩いてる。
一眼って言っても、僕のは入門機でレンズも標準のものだ。
まぁ、今時はみんな写真を撮るけど、その大半は携帯電話かコンデジだから、見るからにカメラという形のものを持って、あれこれ撮り歩いていれば、一般より少しは写真をやってる人と、そう思われるのかもしれない。
ただ最近は男性も女性も、特に中高年の写真愛好者がデジタル一眼レフのカメラを持って観光地だけではなく市街地にもけっこういる。
僕がそういう人たちと違って捉えられるのは、想像だけど、写真を撮る為に写真を撮っている人と、ぶらり旅や散歩で感じたものを画像として残す為に写真を撮っているのの違いだと思う。
写真は撮るけど(しかもすごい枚数・笑)、人と話したり食べたり、ギャラリーとかがあれば寄ってみたりもすることの方が主なのだ。
だから向こうから話しかけてもくれるし、そういう流れの中で、取材?とかカメラのお仕事?と聞かれ、否定しても、そんなことはどうでもよくなってサービスしてくれたりするのだろう。
現に去年の暮れの市場での蟹の値引きの時もそうだったし、ちょっと前の勝川駅前の紙芝居をやってくれるたこ焼き屋のおじさんの時もそうだったしね(笑)

ただ、強調しておきたいのは、僕はそうやってカメラマン?とかって言われた時は、必ずそうじゃないと言う。だって実際ちがうんだし。
飲食店やカフェで必ず食う前に写真を撮って、味から接客から内装から事細かに全部ブログに書くなんてこともしてないし(笑)

 僕らは取材とかじゃないですから安心して下さい(笑)

団子屋のテーブルの上にはグリーンピースごはんのおにぎりや、きゃらぶきの佃煮や高菜の漬物なんかもあって、ちょうど昼時に差し掛かった頃だったので、ほんとはどこかでランチをと思っていたけど、まあ、小さなおにぎりだし、なんだかとっても美味そうだし、せっかくだから1つ食べていこうかなと思ったと同時くらいに、おばちゃんが目の前のおにぎり2つ調理場に持って行って温めてあげると言った。

まだ食べると決めたわけじゃなかったけど、僕らはおばちゃんの自由さを楽しむことにした。

私も味見したいし、一緒に食べていい?とか言って、自分用のと、更にもう1つ温め、どこかに電話をかけて友だちを呼び出した。

 あ、私、いまからお昼食べるんだけど、あなた来ない?みたいな感じで。

その友だちのおばちゃんがすぐに店に来て、僕らは期せずして4人で昼飯を食うことになって、そしたら奥にいた大きな猫もやってきて、ほんの少し前はとても静かで穏やかだった店の中が一気に賑やかになった。
c0030705_1216561.jpg

ほら、旅番組で立ち寄った家の近所の人が集まってきて宴会が始まっちゃうみたいな、あんな感じ(笑)

レンジでチンされて湯気を立てたおにぎりが運ばれてきた。
僕はグリーンピースの炊き込みごはんがあまり好きではない。青臭さがちょっと苦手なのだ。
でも、それは今まで僕が食べてきたものとはまったく別の食べ物だった。
よい青臭さだった。新鮮な野菜の匂いっていうの?
聞けば朝摘んだグリーンピースを使って炊いたそうで、とてもうまかった。

おばちゃんはテーブルの上にあったきゃらぶきの佃煮をおにぎりのパックの蓋に少しずつ乗せてくれて、自分と呼び出されたおばちゃんの分も取り分けた。

c0030705_12154381.jpg


僕の前には 350円と書かれた黄色い紙が貼ってある鮎の甘露煮が3尾入ったパックがあった。
これは僕らのために用意されていたのだと思い(笑)温めてもらって食べた。
旬よりは少し早く型も小さかったが、さすが天然の鮎はうまかった。頭から尻尾まで全部食えた。
ただみたらしを1本食べに寄った団子屋で、こんなに美味しい昼飯にありつけるとはまったく思ってもみなかった。

更におばちゃんはペーパーフィルターを使って目の前でいれてくれた熱いコーヒーにクリームサンドクッキーを添えて出してくれた。言うまでもなくうまかった。

こんな感じで地元の人とのふれあいと味を存分に楽しませてもらって、さて勘定をたのむと490円だと言う。
何も考えずに、はいはい〜と、490円×2人分を払おうとしたら、二人分だと言う。

 え?何がどうなって490円なの?

 最初に食べた団子が1本70円×2本と、鮎の甘露煮の350円を足して490円。

 安っ! って、えーー?おにぎりとコーヒーと佃煮とクッキーは?

 いいのいいの。

 いやいやいや、いいのいいのって、おばちゃん(笑)

 いいのいいの、楽しかったしおいしいおいしいって食べてくれたから(笑)

 いやぁ、ほんとすみません、ごちそうさまでした。ありがとうー!

 いいからいいから。
 その代わりに、ウドちゃんに会ったら言っておいてね。
 来るときはいきなり来ないでねって。

 あ、だから僕らはそういうんじゃなくて、、、
 はい、わかりました、会ったら伝えます(笑)

と、つまりはそういうことだったのだ。
c0030705_12163219.jpg

さっきも書いたけど、カメラマンだとか取材だとかに勘違いされた時は必ずちゃんと否定する。実際ちがうんだから当然だ(笑)
だから、その(ちょっとうれしい)勘違いに乗じて施しを受けたり、ましてやその人たちを騙すなんてことは誓ってしない。
ただ、向こうが楽しんでくれて喜んでくれるのなら、その好意や善意に甘えてもいいかなと最近は思い、それもひっくるめてのぶらり旅だったり写真散歩だったりするんだと、時には僕がウドちゃんになって人との自然なふれあいを楽しんでいいんだと、そんな今日この頃なのである(笑)
c0030705_12185841.jpg


実はウドちゃんとは数回仕事で一緒になったことがある。
芸人の素を明かすのは失礼なので書かないけど、僕はテレビの中のウドちゃんも素のウドちゃんもとても好きだ。

---<ここまで書いてあった/ここから書き足し>---

あの日、市役所近くの商店街から(わざと)迷い込んだ裏路地のスナック街の隙間から見上げた空が、現在開催中の僕の写真展のフライヤーになった。
c0030705_12172669.jpg


猛暑日が続く今年の夏は、冷夏やジメジメが続く湿った夏よりは個人的にはいいと思うんだけど、風物詩や季節感的にはね。
農作物や熱射病などで深刻な問題になってるから、いいことばかりじゃないのも確かにあるんだけど。

ステキな団子屋のある この“とある町”というのが、毎年埼玉の熊谷市と日本一暑い町を競い合ってそれぞれ観光的にアピールしていて、それを夏祭りのキャッチコピーにも利用していて、最高気温が熊谷市に抜かれると「くそー!」と悔しがる人もいる陶器でも有名な岐阜県の多治見市だ(笑)

そんな多治見の「みんなでてりゃあ夏まつり」のイベントがこの週末から始まっていて、来週の日曜にはクライマックスとなる花火大会や神輿、ダンスバトルなどが賑やかに開催される。

まさに「日本一暑い町の日本一熱い夏まつり」。--> ござっせブログ / たじみ夏まつり実行委員会

確かに暑いし、それに出掛けるにはそれなりの勇気と覚悟が必要だけど、僕は多治見の町もこの祭りもとても好きだから、興味のある人には(自己責任で・爆)お勧めしている。いや、猛暑日を除けば観光に散歩にアウトドアにゴルフにと、歴史もあるし、とてもおもしろい町ですから(笑)

で、その市民踊りイベントのフィナーレの音楽と振り付けをプロデュースしたのが僕だということも末筆に付け加えておこう(笑)

【追記:2010-07-28】

友だちの猫娘が先月のアタマに来日したので会って飲んだ。
その時に、この話しを聞かせたら俄然興味を持って、友だちを誘ってさっそく出掛けたそうで、彼女が行った日には、朴葉寿司が食えたらしい。
これは彼女が撮ってきてサンフランシスコに帰国したあとで送ってくれた写真。
c0030705_22495421.jpg

これを見て、なんだか悔しいと思う僕は自分でも卑しいと思う(笑) またいこ!
[PR]

by thin-p | 2010-07-25 12:25 | 写真散歩 | Comments(2)

昨日は2つの黄色い電車に乗った

c0030705_1113359.jpg


c0030705_1134541.jpg昼間は黄色いローカル線に乗って夏の田舎道へ、夜は名古屋開府400年のマスコットキャラクターの ぜんまいざむらい みたいな はち丸たちをカラフルに賑やかに配した、かつての東山線を思い出させる黄色いラッピング地下鉄「夢列車(っていう名前らしい)」で、かつてのかわいい(うそ・いや、ほんと・てか、みんながかわいがってた?・爆)スタッフ(女性)の送別会へ。

猛暑日の真っ昼間にほとんど炎天下で過ごしていたんだけど、広大な田圃を渡ってくる風は都会のアスファルトやビルの谷間を抜けてくる風とは違い肌にやさしく、清く澄んだ小川のせせらぎや、田んぼの用水の音が常に耳に届き、それが実に心地よかった。

c0030705_1123435.jpg

そして、木陰に入れば一瞬で涼しくなるということにあらためて感動した。

芝生の上を裸足で歩いたり、木陰で大の字になって寝転んでみたり。
c0030705_1115672.jpg

c0030705_1171218.jpg

たくさん歩いて少し疲れていたけど、肩凝り腰痛は不思議と消え去っていた。
思いっきり汗腺と毛穴全開にして新陳代謝しまくって、指先でこするとヒリっとしちゃうくらいに赤く日焼けしたカラダには、気心の知れたかつての部下やスタッフたちと酌み交わすビールの美味かったこと美味かったこと。

昼間は昼間で絵に描いたような夏の田舎の風景に心洗われ、夜は20年来の付き合いの連中十数人との送別会をきっかけに集まった飲み会(笑)は、世界一うまいあんかけスパゲッティと、それを供してくれる店のマスターとおかあさんの心遣いのおかげと主役の人柄で実にリラックスした雰囲気で別れ際まで今までとなんら変わりないものだった。

昼間の出来事や様々な出会いと夜の宴がどちらも最高にステキなものになったのは、2種類の幸せの黄色い電車のおかげだったと思う。

c0030705_1192016.jpg


函館行っても元気でな。またいつか、うまいパン焼いて持って来てくれ(笑) じゃ、また!
[PR]

by thin-p | 2010-07-25 01:22 | スナップ | Comments(0)

Google ヘソを曲げる の巻

Googleの乗り換え案内が、島へ行きたきゃ海の中を歩け、と無茶を言うって話しを書きました。
で、ものは試しに、先日調べた島よりちょっと離れた島を目的地に指定したらどうなるのかやってみました。

半島の右側に浮かぶのが先日の日間賀島、その下にあるのが今日の目的地、篠島です。
c0030705_085458.jpg


そしたらね...
c0030705_0101271.jpg


なんでだよ? 人類の体力は日間賀島までしか保たないってことなのか?
あるいは、あんまし夜中にからかうもんじゃないってヘソを曲げたのかな?

とりあえず気になって眠れないので誰か夏休みの自由研究で実験してみて報告してくれたまへ。
[PR]

by thin-p | 2010-07-22 00:17 | 雑記帳 | Comments(0)

Google 無茶を言う の巻

今日ね、ちょっと観光関係の調べものしてて、名古屋駅から知多半島の先端のちょっと先にある日間賀島っていうとこまでの公共交通機関での所要時間をGoogleの乗換案内で調べてみたんだよ。
c0030705_073937.jpg

そしたらさあ、Googleったら、こんな無茶言うんだもん...

c0030705_075020.jpg


思わず吹いたっちゅーの(笑)


てかさ、がんばれば名鉄河和駅から日間賀島まで 3時間14分で行けるんだ?(笑)
[PR]

by thin-p | 2010-07-20 00:11 | 雑記帳 | Comments(2)