きっと何かを疎かにしてる

客観的に見ると、時々そう思う。

個別の詳細は明日以降として、とりあえず、この週末をまとめてみる。

土曜日の昼間は外出してないので飛ばして、PCBCから。
c0030705_1514311.jpg

説明しよう:PCBCとは Podcast Beginners Clubの通称で、アップルストアで開催してるワークショップイベントなのだ。
なんか、今回はいろんな手応えや使命感をあらためて実感した。
*PCBC関連サイトはこちら→[ PCBC / A'sf -Pod- Radio ]

PCBCのあとは、恒例の「夜の部」。今回も新キャラが続々登場してすげーおもしろかった。
c0030705_1551165.jpg

*このエントリー、いちばん↑の写真を撮ってくれたひげフレディーさんのブログ Are You Fredie?に夜の部の写真があります。[ #pcbc / Ciger Bar ]

いい感じにホロ酔いで帰宅して、アジアカップ決勝をテレビ観戦。
c0030705_212094.jpg

優勝が決まった瞬間に、日韓共催W杯で日本が初勝利して以来、涙が溢れそうになった。
写真は2008年夏に出版されてすぐに何気なく買って読んだ「忠成(加部究 著)」
これについても、いつか書く。

明けて今日、と言うか、もう昨日の日曜日。
昼過ぎに、今年で5回目になる名古屋中国春節祭へ出かけ、遅めの昼飯を。
c0030705_24494.jpg

最も日本語が上手くない感じの、つまり本当の中国の味であろう出展ブースを選んでちょこちょこ美味そうなものを少量ずつ買い食い。選んだものはどれも美味かったんだけど、同じ場所で毎年やってるタイフェスの方が全体的に楽しくて美味しい祭りだなというのが感想。
辛くなっちゃうほど寒かったっていうのを差し引いても、各出展ブースのレベルが低い感じ。
ステージイベントも寒いせいもあるかもだけど、どれも楽しそうじゃなかったし、いろいろちょっと残念だった。

そこからテレビ塔の方へ移動して、偶然知った写真展へ。
c0030705_292759.jpg

あまりに寒くて地下に潜り、オアシス21の疑似スケートリンクの横を通り抜けてギャラリーへ。去年より明らかに滑っている人数が多くなってるね。リアルな氷のリンクのナゴリンとどっちが人気なんだろう?久々にちょっとスケートしたくなった。

c0030705_925633.jpgさて、写真展、と言うか、作品展。

数人の出展者がそれぞれの作品を持ち寄ってコラージュした感じのグループ展みたいな感じで、その中の2人の写真作品が目的だった。
携帯のカメラとコンデジで撮ったという写真は、どれも大胆、かつ素直ないい感じで好感が持てた。
なんてな感想を言えるほどの立場じゃないけど、ま、いいよね、モリタさん?(笑)


そこからセントラルパークでやってたJPSっていうプロ写真家のアソシエイションの東海エリアの会員によるグループ展も見て、次の予定までまだ少し間があったから雲間から日が射してきて寒さが少し和らいだのでテイクアウトの珈琲を飲みながら時間調整。

c0030705_2134718.jpg

虹が見えた。写ってないけど。

週末2日間を締めくくるのは、今年でデビュー30周年の佐野クンのアニバーサリ・コンサートツアーのPART2の名古屋公演。
c0030705_2161650.jpg

昨年12月に体験したクラブサーキット・ツアーと今回のホール・ツアー、2ヶ月連続で佐野クンのライブを体験したのは、21か2の時以来だ。
えーと、僕のこと知ってる人には説明するまでもないと思うけど、佐野クンってのは佐野元春のことね。

僕は大人になった。。。かな?まぁ、年をとって目がかすんで涙腺が弱くなったのは確かだ(笑)

さて、明日は1月最後の日、そして月曜日。ブルーマンデーをぶっ飛ばすぜ。

とりあえず 、今はまず眠ろう(笑)

そして、きっと何かを疎かにしていると、ちょっと立ち止まって確かめよう。そんな月末。
[PR]

by thin-p | 2011-01-31 02:32 | スナップ | Comments(0)

758シネマ会議室の夜は更けて

昨夜、TOMPA_TVの新番組「758シネマ会議室」がスタートした。
c0030705_13305173.jpg


映画が大好きだけど、作り方も知らなきゃ機材も何もない、ビデオ撮影と編集をちょっとやったことがあるけどね、くらいのヤツらが、映画を作ってみたいから始まって、みんなに見てもらえる作品を絶対に作り上げたいってなって、本気で取り組んで行くからTOMPA_TVで番組持たせて下さいって言い出して、いいけど、じゃあ、その思いと土台をちゃんと自分たちで作ってみろって言ったら、まだまだしっかりとしたものにはなってないけど、でも「やります!」という本気が見えたから、あれこれ考えてばっかじゃなくて動き出しちゃえと、で、半ば見切り発車だけど昨日の番組スタートと相成ったわけ。

c0030705_13312765.jpg
映画づくりの経験があるとか、人脈やノウハウを持っているとか、どうしても実現したい企画があるとか、全然そうじゃないところから何が生まれるのか。

店や人の紹介ではなく、これから生み出そうとしている、今はまだ陰も形も何もないものを軸に、どうやって動画番組にしていくのか。
c0030705_1332412.jpgいろんな不安材料はあるものの、でも、彼らがこの1ヶ月の間に自ら動き、ゼロから伝を探してたぐり寄せ、いろんなところに飛び込んで集めてきたものはどれも本物だから、たぶんこれを続けていけば、人やモノや情報を引き寄せたり集めたり、向こうから集まってくるんじゃないかと、まぁ、直観と言うか、楽観と言うか、そんな感じで長い目で見守って行こうと、成長して形に成っていく様を記録していこうと、そんなふうに思ってる。


c0030705_13332960.jpg


と、いうことで、この企画と番組の協力者の皆さんを紹介させていただく。

*彼らが自ら作った番組の番宣ビデオの撮影に協力してくれたミッドランドシネマ名古屋空港
*いきなりの問い合わせに具体的なアドバイスをしてくれた名古屋シネマテーク
*自主制作映画をちゃんと知ろうと、近々この地方で開催される映画祭を探して問い合わせ
 したら、いろいろ情報をもらえた、豊田市の小坂本町一丁目映画祭実行委員会M.I.F.
  (この映画祭については昨日の番組の中でも紹介している)

そして、彼らの企画とこの番組のために撮影収録スペースと、関連する有益な情報も提供してくれた名古屋市東区のタナトス編集室・アトリエ「ヒュプノス」のオーナーさんとスタッフさん。

彼らに代わって、いや、彼らと共に、感謝します。これからもよろしくお願いします。

何事もそうだけど、特に映画や舞台は、思いに共感して集まって来る人をどれだけ巻き込めるかが本当に重要で、むしろそれさえあれば必ず何かが生まれるということを信じて実行していってもらいたいと思う。

758シネマ会議室の番宣ビデオ(制作:studio UC --> blog

*このビデオを撮影した日の話し --> コチラ

その第一回放送はこちらで再生できます。(回線の関係で6分割されてます)

さて、映画作品が完成し公開出来るのは1年後になるのか2年後になるのか、よかったら皆さんもいっしょに気長にお付き合いください。僕が責任を持って作り上げさせますから(笑)

でさ、このタナトス編集室が入ってるビルが昭和9年建設の日本陶磁器センターっていうのが、また実に味わい深いビルで、聞けば雑誌やいろいろな撮影場所に使われているそうで、それこそここで1本撮っちゃいたいって感じで(笑)

そして、たぶん来月から、ここ発信の新しい企画やプロジェクトを動かしていくことになりそうだったりもして。

ね?思ったことを人に話すと、いろんな物事や人や情報やきっかけが集まって来るでしょ?(笑)

   [みんなのインターネット放送局 TOMPA_TV]
[PR]

by thin-p | 2011-01-29 13:39 | TOMPA_TV | Comments(0)

iPhoneのカメラって

いい感じで撮れるんだよね。
写真関係のアプリって実に多彩で、素晴らしいものがたくさんあって、前のiPhoneの時はいろいろ試して遊んでたんだけど、iPhone4にしてからはそれらの出番がとんとなくなりまして、素の写真で十分できちゃう。

開田高原でも撮ってきたんで、ちょっと貼っときます。(どれも無加工)

c0030705_1214641.jpg

c0030705_12141665.jpg

c0030705_12142544.jpg

c0030705_12143746.jpg

c0030705_12145042.jpg


あえて少し小さめのサイズで貼ったけど、ね、いい感じでしょ?
[PR]

by thin-p | 2011-01-29 12:15 | Apple | Comments(0)

白川氷柱群

御嶽山麓の壁面から湧き出た地下水が凍って出来る氷の滝だそうで、前からいちど見たかったものの1つでして、このたび遂にそれを我がカメラが捕らえました!(感涙)

では、その驚異の世界へと、みなさんをご案内しましょう...

c0030705_115297.jpg

先住民が遺した物なのか、はたまた探検隊の置き土産なのかはわからないけど、謎の像が我々を出迎えてくれました。

この平和な風景の向こう側に、あの驚くべき光景が広がっていたのです。
c0030705_1153239.jpg

山間のこの河辺は日が隠れるのが早く、昭和生まれのお母さんたちが「3時のおやつよ〜!」って言っちゃう時間なのに、あたりはすでに薄暗くなりかけていました。

川の真ん中に河童が泳いでいました。ほら、アタマの皿が見えるでしょう?
c0030705_1155474.jpg


さあ、みなさん、ごらんください。これが白川氷柱群です。

c0030705_11562443.jpg

c0030705_11561392.jpg

c0030705_11564693.jpg

c0030705_11581861.jpg


氷の色は実は白色ではなく、限りなく透明に近いブルーであると、真冬の大自然の中に1日いると実感できるし、僕はいつも無意識にその色を求めていたんだと、あらためて思ったりしました。

いやぁ、楽しい1日でした。

誘ってくれた hiro-Rさんの開田高原写真展2010-2011を企画します。
開田高原、御嶽山、信州、そして hiro-Rさんの写真ファンの皆さん(笑)どうぞお楽しみに。
[PR]

by thin-p | 2011-01-29 12:07 | スナップ | Comments(0)

南信州冬景色

ごらんあれが御嶽山〜標高3,067mの火山だ〜と〜、知ってる人が指をさす〜♪
c0030705_11262778.jpg

はい、と、いうことで、南信州、開田高原の木曽馬の里の子馬に勝手にチリチリと命名した自称名付親こと、開田高原の四季写真展でもお馴染み、そしてある時は海外サッカー通として昨年のCLでは僕の方が予想的中しちゃったことで有名な(笑)hiro-Rさんと冬の開田高原を撮る男ふたりぶらり日帰りの旅へ、先週の日曜日に行ってきたよっていう、ええ、朝6時待ち合わせですよ、もー(笑)

早朝の高原、雪が舞い新雪&深雪に足を取られながら、一眼レフで撮りながらだから手袋とかできず、それでも道なき道を行くという、ほんと、よっぽど物好きじゃなきゃ行かないようなところですよ、ええ、笑っちゃうくらいに(笑)

けど、それまでして行ってよかったと、あの感動感激は行ったもんじゃなきゃわからんと、それだけを心の支えに雪行きて進軍(字が違う)てな感じで..

や、冗談はさておき、ほんとに美しい景色でした。

それを僕の写真で、しかも幅500pixのデータでここに貼っても伝えきれるものじゃないけれど、少しでも伝えられたらと。

c0030705_11263973.jpg


c0030705_1127347.jpg

c0030705_11293763.jpg

c0030705_12194521.jpg

hiro-R氏(←逆光写真に凝ってるらしいよ)(氏が勝手に名付けたチリチリと・笑→)
c0030705_11272876.jpg
c0030705_11274976.jpg

c0030705_11295167.jpg

c0030705_1130249.jpg

c0030705_11301387.jpg

c0030705_11302379.jpg

このあと、木曽名物のすんき蕎麦を食い、温泉に浸かって体を温めてから、我々は更なる秘境へと向かったのでありました。
そこには大自然が造り出した絶景が広がっていたのです。その写真は別項で。

あ〜あ〜あ、あ〜〜!南信州〜冬景色〜(絶唱系)〜♪
[PR]

by thin-p | 2011-01-29 11:32 | スナップ | Comments(0)

真冬に八百屋の店先で旬の野菜鍋という贅沢

c0030705_1129069.jpg

火曜日のこと、TOMPA_TVの人気番組、八百屋の店先から生放送する世界初の八百屋TV、「新・八百屋物語 yaotomi TV」で、トマトレタス鍋をやった。

レタスって夏のイメージがあるでしょ?そして、生で食べる以外の料理って、あるんだけど、なんとなく調理するイメージってないでしょ?
なので、たいていの人は、レタスの旬が実は今だっていうのも知らないでしょ?
実際、僕も言われるまで知らなかったし。

で、夏も温暖化とか猛暑とかで品薄〜高価になっていたレタスが、今は余ってたりするそうで、ただ、市場に出しても、そういう夏野菜的イメージからか、あまり売れないらしく、結果、それほど安く買えないという、実はちょっと不遇な野菜だそうで。

で、前回の yaotomi TVで、冬にレタスをおいしくたくさん食べよう!っていう呼びかけと、おすすめレシピを募集したところ、本番中にツイッターで「トマトレタス鍋」という提案が届き、それを今回生放送中で試食してみようということになったわけ。
c0030705_1120141.jpg

いやぁ、美味かった。
アイディアもさることながら、生産者農家から直で仕入れている八百屋が選んだ野菜がメインの料理であり、出来立てだし、調理を仕上げたのが、この春からyaotomiのメンバーに加わる美味いラーメン屋の店主だし、なんつったって、日が暮れた真冬の屋外で、土鍋+七輪+豆炭だし、僕を含めて6人でワイワイやりながらっていう、夏のバーベキューとはまた違うおもしろテンションで、ほんとに美味かった。レシピを提案してくれた smallパパさん、ありがとうございました!

鍋のあと、残った炭火で売り物の干し芋を。これまた極上の美味さだった。
c0030705_11222442.jpg

c0030705_11225125.jpg

c0030705_11232261.jpg


名古屋市千種区の八百屋、yaotomiから隔週火曜日の夕方6時から生中継している yaotomi TVは、八百屋ならではの野菜情報はもちろん、お買い物に来るお客さんや街の人たちや視聴者とのやり取り、店主やスタッフ、友だちとのくだらないやりとり(←褒めてます。てか、下手なバラエティ番組よりオモシロイ・笑)、季節感覚、それから、時には八百屋経営とか農業経営の問題なんかも、全部いっしょに鍋に入れちゃって、放送時間の1時間が過ぎる頃には、雑炊やうどんで締める直前の鍋の極上のスープみたいな、しかも毎回違う美味さを楽しめるという、他に類を見ない番組だ。

次回は 2月8日(火)18時から、こんどはブロッコリーを使ったレシピを募集して、それを番組内で試食する予定。もしオススメのブロッコリー鍋レシピがある方はここのコメントでもツイッターでもいいからお寄せいただきたい。そして、ぜひ一緒に放送をお楽しみいただきたい。
とは言え、平日の夕方だから見れない人の方が多いと思うので、録画版でバックナンバー共々、ぜひお楽しみいただきたい。

 *産地直送!こだわり野菜の八百屋 yaotomi のブログ
 *yaotomiオーナー、犬飼くんのツイッターアカウント @yaotomi831
 *yaotomi TV の ページ @ TOMPA_TV
 *TOMPA_TV
[PR]

by thin-p | 2011-01-28 11:29 | TOMPA_TV | Comments(0)

“兄貴潰し”というタイトルのお笑いライブ

c0030705_10392515.jpg

先週の土曜日は豊橋駅前文化ホールで月イチ開催されているお笑いライブシリーズ「兄貴潰し」の生中継をやってきた。
「豊橋から新しいお笑い文化を全世界へ発信して芸人が育つ土壌を作りたい!」そんな思いから始まった東海エリアのインディーズ芸人が愛をこめて笑わす月イチ定期ライブ「兄貴潰し」

連日テレビに登場する一般的知名度のある芸人は一人も出ていない。
芸人になりたい、あるいは、今、とりあえずお笑いがしたいという素人も出演している。
手作り、手弁当のイベント。そして入場観覧無料。
そんなライブイベントが実に56回も続いている。つまりもうすぐ5周年。
とか言いつつ、僕もこのイベントを知ったのは昨年の夏。
知って、そして、いいなと思ったからには一人でも多くの人に知ってもらいたい。そして、ライブのおもしろさを体験してもらいたいと思う。
c0030705_10452716.jpg

M-1が終わり、テレビのネタ見せ番組が次々と打ち切られた今、大量生産、大量宣伝、大量消費ではない、偶発性や馴れ合いに頼らず一発勝負の緊張感も体感出来るライブを体験すると、楽しい時間を舞台と客席で共有できるのはもちろん、拡大再生産されたものがいかに薄っぺらいかわかっておもしろいよ。

だからこそ、芸人は今までのテレビのスキームや、その中でなんとなく人気者になっていた芸人や作られた笑いや芸風やノリや姿勢の真似なんかしないで、もっと芸を磨いて本気で臨んで欲しいという思いも抱きつつ、TOMPA_TVは今年後半には2つのスペシャルな「お笑い企画」に関わっていく。

 *TOMPA_TV(豊橋、浜松から生中継したお笑いライブの録画版も見れるよ)
 *豊橋お笑いライブ「兄貴潰し」
 *浜松爆笑お笑いライブ
 *遠州発 浜松爆笑お笑いライブ出世城
 *浜松お笑いライブ〜折れないハート〜
[PR]

by thin-p | 2011-01-28 10:47 | TOMPA_TV | Comments(0)

つらら

大黒摩季の歌ではない。それはららら。かと言って、むじんくんでもない。わかっとる。

先日の記録的大雪の翌朝、自宅のガレージの屋根のつららから落ちる雫。
c0030705_92596.jpg


こちらは日曜日の早朝、開田高原の木曽馬の里の厩舎の屋根のつらら。
c0030705_9255268.jpg

もっと長い、2mくらいのつららもあったんだけど、上の写真に合わせて、こっちも雫が落ちる瞬間が写ってたのでこれを採用。

開田高原の写真は別エントリーにて。
[PR]

by thin-p | 2011-01-28 09:39 | スナップ | Comments(0)

3つのカメラで雪の日曜を振り返る

iPhone Photo(Twitterでも使った5枚)
c0030705_0413344.jpg

c0030705_0414848.jpg

c0030705_0415942.jpg

c0030705_0422513.jpg

c0030705_0423631.jpg


PENTAX Optio E90
c0030705_0434647.jpg

c0030705_0464611.jpg

c0030705_046597.jpg

c0030705_0471222.jpg


Nikon D60(夕方アップしたNikonの他の写真は --> こちら
c0030705_0512546.jpg

c0030705_051363.jpg

c0030705_0523927.jpg

[PR]

by thin-p | 2011-01-17 00:53 | スナップ | Comments(0)

雪×オフ=写真散歩

2008年6月に「Are You Fredie?」とか「Fredio」などでおなじみのひげフレディーさんの番組企画で覚王山散策ポッドキャストをやらせてもらった時に僕らはこんなことを喋ってました。

「揚輝荘は季節毎に撮りにきたい場所、雪が降ったらすぐに撮りに来る」

 *Fredio「覚王山にて」シリーズ(全3回)--> こちらで聞けます。
c0030705_18454176.jpg

と、いうことで、今日はオフ、いろんなことが一区切り付いた日曜日だったので思いっきり堂々と寝坊しようとしてたんだけど、けっきょく電話で起こされて、話しながらカーテン明けたら外は雪。
寒いし二度寝しようと思ったけど、でもせっかく雪だし、起きちゃったし、よし揚輝荘だ!と(笑)
c0030705_18455232.jpg

けっこう降ってたし寒いし、もしかしたら開園してないかな?と思いつつ行ってみたら、えらい!ちゃんと開いてました。

ボランティアの係員に挨拶して入って行くと、プロのカメラマンが1人撮りにきてると教えられ、庭の奥の方を見ると確かに雪の中でカメラを抱えている人が。

「ここまで雪化粧した揚輝荘は珍しいですからね。どうぞごゆっくり」

と、係の人。
c0030705_18492260.jpg

c0030705_1849347.jpg

c0030705_18494447.jpg

c0030705_18495538.jpg

寒い中、カメラに雪がかからないよう傘をさしながらシャッターを切ってたら、いつものようにだんだん夢中になって、最初は雪の景色をほんの少し撮ったら帰ろうと思てったのに、気がつくとけっこうな時間になっていて、これまた気がつくと体が芯まで冷え、指先がかじかんでまして、子どもかっていう(笑)

寒さついでに日泰寺の境内も。
c0030705_18501056.jpg


参道のいちばん端のスタバまで行って熱い飲み物で体を温めようと思ったけど、手っ取り早く日泰寺の門前の米屋で熱いうどんを。
そう、この米屋さん、うどん、きしめん、そば、中華そば、ざるそば、五平餅、みたらし、おでんなどが食えるんです。
大きなストーブが焚かれた店内は常連客や覚王山散策に来たカップルも食事をしていて、なんとなく、雪国の鉄道の駅みたいなっていう、僕の単純な連想がそのシーンを思い浮かばせてくれまして、出汁の臭いと湯気が立った熱いうどんは、実にうまかったです。

と、いうオフで雪の日曜日はこんな感じで始まり、もうじき終わろうとしています。
c0030705_1915791.jpg

[PR]

by thin-p | 2011-01-16 19:03 | 写真散歩 | Comments(2)