近頃のヒロインって

主だった連ドラの第1話を一通り録画して、ざーっと見てみる。
ということを、もう何年もやっている。

子どもの頃からテレビドラマが好きだったということもあるが、流行や話題をチェックしたり、物語そのものを勉強したり、その作り方とか演出とかカメラワークとか作り込みやセット、大道具小道具、衣装、、、まあ、テレビドラマブロガーみたいなチェックの仕方はする気もないので、とりあえず、ざーっと見て、気に入ったりすると連ドラ予約録画したりする。

出演者やスタッフやタイアップや、そういうことでチェックする場合もあるが、連ドラ予約するのは、当たり前だけど面白いと思う番組だ。

で、今日のタイトルになるのだが、このところのテレビドラマのヒロインは、どうにも嫌な女、嫌な女性、嫌な女の子ばかりな気がしてならない。
単なる好みではなく、ちょっと前から薄々そう思っていて、今年に入って確信に変わった。

コミックやラノベが原案・原作なものは、元を知らないからなんとも言えないけど、元から嫌な性格なのだろうか。

企画や設定がおかしいのは今に始まった事ではないが、脚本も演出も輪をかけておかしいから余計に嫌な女だなと思えてしまう。

いま、そういうヒロインが求められているのだろうか。
少なくとも僕は求めていない。嫌いだ。

そんなわけで、このところ、なかなか連ドラ予約に昇格できるドラマが無い。

ところで、近頃男が主人公のドラマってなんかあるか?
形的にはそうであっても、女性の登場人物とか話題の女優とかに全部持ってかれちゃってないか?

男が弱くて女が強いっていう、一時たしかにそういう風潮はあったけど、それとも違うんだよな。

ドラマのヒロインがみんなそういう感じって事は、いまって世の中がそういう感じなのか?

テレビ番組の状況とか流れとかはさておき、現実はすでに違う方へ動き始めてる気がするんだけどね。
[PR]

by thin-p | 2016-07-29 00:16 | TV | Comments(0)

ココロに写った自然をパチリ!

週末には珍しくスーツとネクタイで打ち合わせに出かけた。
幸いに夏日ではあるものの、汗がにじむ猛暑でも、じっとりする蒸し暑さも無く、心地よい風がそよぐ土曜日の午後に仕事的な用事は片付いたから、そのまま地下鉄の駅に潜るのが惜しく思え、一昔前のビジネスマンみたいに上着の襟首に指を引っ掛け、同じ側の肩にかぶせて街路樹の日陰の下の広い歩道を一駅分ほど歩いた。

名古屋のよいところを1つあげると、それは市街地の歩道がとても快適だということ。
あらためてそう思いながら信号が変わるのを待っていた交差点の角にキャノンのショールームがあって、そこには小さなギャラリーもあるから少し立ち寄ってみた。

このタイトル「心に写った自然をパチリ!」という巡回展の名古屋開催だった。

キャノンが全国の拠点で、社員やスタッフ、写真講師による子ども向けワークショップを展開していて、そこでの作品から優秀なものを展示していた。

とてもおもしろかった。

小さなギャラリーだけど、大小たくさんのジュニアフォトグラファーズの作品を楽しく見ていて、ふと気がついた。

子どもたちの視点が、僕が出歩いた時に撮るスナップにどことなく通ずるものがある気がした。

裏返せば、僕の視点や視座は子ども的なのかもしれない。
少年のようなキラキラした心と澄んだ瞳を持っているなどと陳腐な自慢をするつもりはこれっぽっちもなく、と但し書きを付けるのが余計だが、直観的に「あ、オレ、こういうの撮ってる」と、そう思ったのだった。

思えば毎年春に開催している高校生のジオラマ作品コンテスト「ハイスクール国際ジオラマグランプリ」のテーマも
「キミのココロに広がる情景をカタチにしよう。オモイを伝えよう。」だ。

佐野元春がニューヨークで制作して1984年にリリースしたアルバムの先行シングル「トゥナイト」で彼も「心に写したピクチャー(風景)忘れない」と歌っている。

ココロに写った自然をパチリ!

子どもたちの作品は屋外でのワークショップで撮影されたものであり、自然観察の意味からも文字どおり「自然」が撮影対象だけど、意訳して、自然な気持ち=素直な、感じたままの、心が動いた時に、自然な気持ち、、、と解釈すれば(もちろんそのまま「自然」でも)なんでもアリだと思うし、それを実践しているのが今の僕だ。

そんなことを思いながら、わずか一駅の区間でも、ギャラリーや地下街やユニークな路面店や都市計画で作られた街路樹の植え込みのデザインだったり歩道に置かれたオブジェだったり、企業のエントランスだったり、そういうところに置かれたフライヤーとかイベントチラシとかカタログとか、それこそ直観的にい目についたものや気にとまったものを、ぽいぽいと鞄に入れるのがクセというか、好きでよくやる。

この日も鞄にはたくさんの「紙」がたまっていた。

デザインや割り付けや色使いや紙の質とかサイズとか、そういうバランスを含む「作品」としてのそれらを広げ、目を通してみる。

僕はデザイナーではないけれど、そういう真似事を少しする。
そんな立場からだから、とても勉強になる。反面教師な作品も含め。

わずか地下鉄一駅区間でもいろいろ散らばっているのは都市に暮している特権のひとつだと思うから、それをもっと生かそうなんてこともあらためて思ったり。

と、いう雑書き。
c0030705_1338478.jpg


(写真の中の空色のフライヤーがこのタイトルの写真展フライヤー)

雑文ついでに、街や街路や路地裏でみつけたおもしろ写真とか草花写真だけではなく、実は人もけっこう撮っている。
それらはウェブ上にはほとんど投稿しないから、僕が撮る人物写真を見たことがある人はそんなに多くはない。

自分で言うのもなんだけど、僕の人物写真は結構いけると思う。

と、言ってるだけなら誰でも言えるので(笑)そろそろ公開の機会を作ろうと思う。
[PR]

by thin-p | 2016-07-26 13:39 | スナップ | Comments(0)

豊田グランパス

豊田グランパス

これは僕が生粋の名古屋人ではないからの感想かもしれない。
そして、想像で書く、あくまで私見だ。

そもそもグランパス(の前身)はトヨタ自動車のチームだ。
そして、Jリーグ発足に向けて各地でチームが準備を進める頃には当時の日本サッカーリーグで1部に昇格したばかりという実力レベルだった。
チームの成り立ちは しがらみや無理を重ねたものだったが、Jリーグ開幕に全国で10チームにするためと、中部エリアの名古屋にチームが無いと盛り上がりに欠けるという主旨により、ある意味で中部エリアのメディアと政財界とリーグによってでっちあげられたチームだったのだと思う。

サッカー人気がまだ中途半端だった時代、そんなチームとは無関係だった名古屋市民が感情移入できるわけが無かった。

余談だが、グランパスはJリーグ開幕に向けてマラドーナを獲得するつもりだったそうだ。
その無謀な計画は彼の薬物違反により中止され、代わりに’90年のワールドカップ・イタリア大会で脚光を浴びたゲイリー・リネカーをJリーグ最高年棒で獲得して大失敗する。

思えばチーム編成がちゃんと機能していたのは後の訪れた2回の黄金時代をそれぞれ築いたベンゲル監督とストイコヴィッチ監督の頃だけで、それ以外はまるで冷蔵庫の中身を確かめずにスーパーで目に付いた食材や商品を買い物カートにぽいぽい入れてカード支払いをしている、買い物だけで満足して買ってきたものをことごとく腐らせるか、変な味付けで台無しにしたりしている人のようだ。

閑話休題。

実際、リーグから加盟を打診されたトヨタは、当初は断っていたそうだ。
だったらちゃんと断って、ジュビロやベルマーレやレイソルやセレッソや、それ以降に続く加盟チームと同様に、それなりにチームを整えてから挑めばよかったのだ。

しかし、結局は当初からリーグに加盟することになる。
ここがグランパスの最大の失敗だと思っている。

そして、豊田市かトヨタ自動車のいずれかが別の名称だったらまったく違う展開になっていたのではないかと思っている。

企業名をチーム名に含めることができないことで当時の一番人気チームだったヴェルディはリーグと揉めたりもしていて、それでもリーグは頑として要望を認めず、読売新聞はJリーグに旨味なしと退き、結果としてヴェルディは衰退していった。
もっともヴェルディの衰退はそれだけが要因では無いが。

それほどに企業名ではなくホームタウン名に拘ったJリーグの、しかもオリジナル10(リーグ発足時の加盟10チームの呼称)の一員だからというプライドを、僕はチームから感じたことは無い。

Jリーグ開幕年のグランパスのホームスタジアムは実質的には現在の瑞穂公園ラグビー場がそれだった。
これだってJ1ライセンスに於ける収容人数の規定を満たす施設では無いが、隣接の陸上競技場が改修されてそこでの試合開催が増えてからは辛うじて「名古屋がホームタウンのチーム」という雰囲気になったものの、それも豊田スタジアムが出来てからは、やはりグランパスは豊田市のチームだというイメージが強くなったと僕は思っている。

そして、名古屋市民にとってのグランパスはドラゴンズの次かそれ以下の存在だと思う。

オリジナル10のお荷物だったガンバとレッズとグランパスは常に三竦(三すくみ)状態で、Jリーグバブルの中でも名古屋はまったく盛り上がらなかった。
ガンバとレッズのその後の大躍進は周知の通りで、だから2010年に初めてのリーグ優勝を果たした時は、こんな僕でも胸が熱くなったが、しかし名古屋の街は、不運なことに同時に優勝してしまった中日ドラゴンズには沸いても、グランパスの優勝は「ついで」みたいなものだった。
少なくとも僕はそう感じていた。

話がとりとめもなくなってきたが、もう少し続ける。

「豊田グランパス」をJリーグがどうしても認めないのかどうかを再度問うてみて、もし承認されるのならばチーム名を改称してやり直すのが良いと思う。
Jリーグは発足時に「100年構想」を打ち出しているので、まだ80年近くの時間がある。

それがダメなら、もう1つの主要ホームタウン、みよし市を打ち出して「みよしグランパス」でもよい。・・・と思ったけど、なんかピンと来ないので参考意見にとどめておこう(笑)

グランパスは2012年からホームタウンを「愛知県」に広げている。
これもどうかと思うが、それで許されるなら「愛知グランパス」・・・カッコわるいか(笑)

いや、やっぱり「豊田市」は「トヨタ」と読むけど「トヨタ自動車関係者」だけの街ではないのでとリーグに陳情して「豊田グランパス」にするのがいちばんしっくりくると思う。

と、なぜこんなことを書いているかというと、今のグランパスがもうどうしようもない状態で、昨夜の甲府戦に敗れたことで遂にリーグ最下位になってしまって、それに腹を立てた一部のサポーター(500人とも1000人とも伝わっている)がスタジアムに居座り、日付が変わっても解散せずに不満をぶつけ、それに対するチームの対応もお粗末だったようで、チームにずっと蔓延って沈殿しこびり着いてしまっている根本的な問題が噴出したからだ。

噴出と言っても、これまでもチームが低迷している時も大躍進をしている時も、名古屋は熱くなることがなく、遂に最下位になったことも、たくさんの人に迷惑をかけただけで無意味なサポーターの暴挙もほとんど話題にはなっていない。
豊田スタジアムを埋める観客の大半は一般サポーターではなく、トヨタ系企業や自治体によって集客されたものだし、つまりは「チームと共に」と思っているサポーターはリーグの他のチームに比較して、おそらくはそんなに多く無いのではないだろうか。

今年5月、招待券で久しぶりにグランパスのゲームを豊田スタジアムで観戦した。
あれが招待でなかったら時間と交通費を返せと言いたかった。
負けたのは仕方ない。
負けても応援したくなるチームとは程遠い状態だったのがいちばん腹立たしかった。

もともとグランパスなんかこれっぽっちも応援する気がなかった僕が、それでもチームのホームタウンに住んでいるから、応援しているチームや選手を迎えるホームチームの試合を見ているうちに情が移り、黄金時代もそうじゃ無い時もチケットを購入してスタジアムで観戦するようになり、いつしか勝敗に一喜一憂するようになれたのに、だから余計に腹がたつ。

現在のチームとチームの環境には腹が立って仕方ない。

いっそ名古屋グランパスはJ2に落ちてもらって、それに代わろうという危害を持った愛知県内のチームにJ3でもJ2でもいいから頑張ってもらって、グランパスと切磋琢磨してJ1を目指す、そうなればいいかもしれない。

c0030705_12582268.jpg


写真は 2010年5月の豊田スタジアム、FIFAワールドカップ南アフリカ大会によるリーグ中断直前の対アントラーズ戦。
ピクシーが監督で豊スタが最上階スタンドまで埋まってた頃。
[PR]

by thin-p | 2016-07-24 12:59 | サッカー | Comments(0)