年の瀬だから〜今年は大阪・神戸 徘徊〜神戸編-1

まずは、ここに至る大阪編からどうぞ

さて、大阪編を見てもらったという前提で、神戸編です。その1です。

今回の関西行きはギトさんタカギトヲル氏)の写真展を見る事と、もうひとつ、ギトさんのテリトリーを徘徊することが目的だった。
案内されるままに大阪の新町から地下鉄〜初めて乗る鉄道〜神戸の灘駅へ向かいながら「なんとなく」な会話。

お互いの親とか家族のこと、震災のこと、仕事のこと、いろんなこと。

春日野駅に到着して、ギトさんのレコメンドスポットを、ギトさん馴染みの地元の人たちのアドバイスも受けつつ、興味が湧くようなガイドも受けつつカメラ片手に歩いた。

それこそ、こんな機会でもなければ一生訪れることの無かった街だと思っていたら、駅からすぐのところに王子動物園が現れ、パンダがいるようになったと知ったからではなく、子どの頃に来た場所だという記憶が突然蘇って少し震えた。
c0030705_2291892.jpg


記憶が蘇ったと言っても、実はほとんど何も覚えていない。
いないんだけど、潜在意識に残っているはずだから、不思議な郷愁というか、親近感というか、とても気持ちが落ち着き自分が街に馴染んでいくのを楽しんだ。

と、いうことで、テキストはこのへんにして、今回もエキブロの1エントリーに画像15ファイルまでというルールに則って写真をアップしていこう。

駅から坂をあがっていって阪急の高架をくぐる手前の路地に実にユニークな古書店があった。
関東志向のサブカル女子だったら入り浸っちゃうんじゃないかなっていう感じで、店主も一見それにピッタリくる感じなんだけど、なんというか筋が通っているというか、とにかくセンスが良いのだ。

そんな古本屋 ワールドエンズ・ガーデンでしゃれたものを買ってみた。
c0030705_2283868.jpg


その阪急の高架下がとても面白かった。
店舗だったりアトリエだったり会社や作業場、劇団、などなど。
線路に沿ってカメラ持って何駅も歩いてしまえる。また行こう。
c0030705_2291282.jpg

c0030705_2291486.jpg

c0030705_2283664.jpg


何がおもしろいって、そういう緩い混沌さ加減を大きく包む鉄道高架の建築的なユニークさと、微妙な感じで散りばめられた様々な謎の意匠の織りなす時空の歪み、捻れ、擦れが、特にそれらを面白がることができる人であるギトさんによるガイドと共に見て回るのはすごく面白かった。
c0030705_2284519.jpg


こんな感じで歩道橋が刺さっていたり。
c0030705_2281457.jpg


レトロな色合いの阪急電車の車両の中を想像したら、また映画を観たくなった。
c0030705_2282110.jpg



申し遅れたけれど、コロッケが大好物だ。
それを見透かしてギトさんが揚げたてのあつあつコロッケを奢ってくれた(笑)

ここのコロッケはラードの味と揚げたての衣から匂い立つ香ばしさ、ジャガイモに包まれた玉ねぎの甘さが絶妙で本当にうまかった。水谷家。「コロッケと・・・」の・・・はナイショにしとこう(笑)
c0030705_2283458.jpg


高架下の窪みのところで写真を撮ってくれるというので、撮られながら撮ってあげた。
c0030705_2285456.jpg


前後するけど、王子動物園に隣接して横尾忠則現代美術館、神戸文学館(関西学院初代チャペルだった建物)、原田の森ギャラリーなどが並び、これは何としてもまた来なきゃな街になった。
c0030705_2292236.jpg


写真は撮らなかったけど、その神戸文学館では開館100周年記念企画展として「横溝正史〜金田一耕助の神戸を探偵する」が開催されていて、それは少し覗かせてもらった。
こういうものが普通の人たちの暮らしの中に何食わぬ顔をして存在していることはものすごく羨ましく、感覚的な説明しかできないけれど、文化とはそういうものだと思って来たことをあらためて確信した。
確信したなんて、そんな大げさなものではなく、実際、そこを観て回っている最中も僕らは他言できないようなことばかり話していたし(笑)

幼児と母親、小学生、中学生、高校生たちが坂の上の方から降りてくる時間になって、ビックリハウスとか宝島でおもしろネタにされちゃうような変な建物とかそういうのがある路地裏がまたおもしろかった。

おそらくもうじき出産だろうけど、近づいても怒られなかった。
c0030705_229952.jpg


謎の鉄骨(無人)屋敷のチェーンロック。
c0030705_2283165.jpg


メタリック地蔵堂。
c0030705_229389.jpg


はい、神戸編-1はここまで。
次回はギトさんのオフィスのビル屋上へあがりますよ。   〜つづく〜


*高架下でギトさんが撮ってくれたスナップ*

c0030705_22414913.jpg

[PR]

# by thin-p | 2016-12-14 22:43 | 写真散歩 | Comments(0)

年の瀬だから〜今年は大阪・神戸 徘徊〜大阪編

師走は忙しい。街は慌ただしい。
そんな時に1日オフを作るのが面白い。

タカギ トヲル氏、通称 ギトさん の神戸での写真展が大阪西区新町の アンポポ食堂 1Fギャラリーで開催中と聞き、何の日か知らないが、昨日 12/12を今年の年の瀬オフの日に充てた。

ギトさんとは 7年前に出会って、その後も会うのは毎年1回程なのだけれど、同い年とか、志向を理解できるとか嗜好と思考も共感できたり、感性的には尊敬や憧れを抱くことができ、無防備になれる同姓として とても稀有な不思議な存在になった。

今回の写真展を開催しているアンポポ食堂は、その7年前の初対面の路地にあり(なんか意味深だな・笑)、更には、写真展のテーマがその界隈の、今はもうなくなってしまった場所などを収めた作品だということで、これ以上ない場所で待ち合わせをした。

アンポポ食堂に着くと、1F美容院の店主が声をかけてくれた。
すると二階の食堂から そちらの店主が降りてきた。
ギトさんと初めて会ったカフェ・イリヤの二人の女性店主のひとり、おがやんだった。

もう一人のさっちんが九条でイリヤの名を継いだカフェには昨年と一昨年に、その時もギトさんの写真展を見に行って、九条の街を徘徊した。

・・・と、いろいろ書き出したら止まらないので(笑)、写真を貼っていこう。

ギトさんをネタにした写真投稿で加工写真をアップしても意味がないので、今回は少しトリミングしたもの以外は ほぼ無加工で。

新大阪から御堂筋線で心斎橋へ。
人工的な歳末感に嘗ての心斎橋界隈のイメージからの違和感というか隔世の感に、もうそのあたりを歩かなくてもいいやと、アップルストアも用がないし(笑)と、路地裏を新町へ歩いた。
c0030705_2142780.jpg


なんか、ワインが飲み放題的なことが書かれた黒板の上に吊ってあった店名にちなんだもの。
c0030705_21394022.jpg


ランチの店を探している外国人カップルの彼女の方。彼は彼女の視線の向こうの方を走り回っていた。
c0030705_21405589.jpg


アンポポ食堂の並び。角の黄色いビルに、この春までギトさんのオフィスがあった。
c0030705_21525278.jpg


その黄色いビル側から。
c0030705_21394623.jpg


ギャラリーの内側から外の風景。
c0030705_21394356.jpg


アンポポ食堂 1Fギャラリーの小窓から隣の美容室が覗ける。が、覗くための窓ではない(笑)
c0030705_2140267.jpg


少ししたら思いがけず 紙芝居師で、NHK朝ドラなどに俳優として出演したり、なんだかんだいろんなことをしている平成のインチキおじさん(失敬・笑)こと、F-1さん、こと 藤井一さん、こと 菅原春秋堂さんが現れた。
たまたまギトさんに連絡したら、僕の来阪を聞き、ついでに会いにきてくれたとのこと。
c0030705_21392761.jpg


ほどなくギトさんも。
c0030705_21395026.jpg


ギトさんファンにはお馴染みの花屋さんに作品パネルの納品とのことで、ついて行って紹介してもらった。
c0030705_21395772.jpg


僕も習って花屋さんの店先で 1枚。
c0030705_21401179.jpg


再びギャラリーで作品を見たり、「ご自由に」の温かいお茶をいただいたり。
c0030705_21401562.jpg


で、アンポポ食堂へ上がり、とても美味い日替わりランチを食べて、とても美味い珈琲を飲みながらギトさんによる音声収録。
それは早くも配信されているので、ここまでの流れの延長でご視聴ください。

2016年12月12日ギト写真展にて[oyadiradio / gitophoto ] (リンク先プレイヤーで視聴可)

本来は幼児を連れたママさんランチ会的なんかに良いようにかわいらしくあつらえられて、かわいい絵本とか小さな椅子なんかが配された座敷スペースで、おっさん3人がおしゃべりしている図を思い描いて聴いてもらえば3倍楽しめると思う(笑)

と、ゆるやかな時間を過ごしたアンポポ食堂を後に、藤井さんとはここで別れて、今回のもう1つのテーマ、この春からのギトさんのホームグラウンド徘徊へと続くのであった。

以上、大阪編でした。次回、神戸編をお楽しみに!
(神戸編での会話は一切公開できないので写真だけになると思うけど・なぞ笑)

*おまけ*
c0030705_21411149.jpg

アンポポ食堂のトイレへ続く廊下。タイムトンネルになっている(笑)
[PR]

# by thin-p | 2016-12-13 22:20 | 写真散歩 | Comments(0)

「お世話になりました」という台湾の作家によるジオラマ

c0030705_22001109.jpg

作品名:お世話になりました

作者:鄭鴻展(台湾)


8月最終週末に浜松市で「第5回浜松ジオラマグランプリ」を開催した。

この大会は、全国から応募のあったジオラマ(情景模型)作品のうち、一次審査を通過したものを浜松市の会場に展示して、一般来場者とプロ作家審査員の投票でグランプリと各賞を決める、世界で唯一のジオラマコンテスト大会だ。

応募者の年齢性別も作風も年々幅が広がり、その多彩さとクオリティはたくさんの感動を与えてもらえる。

SNSのおかげで海外の愛好者にも情報が伝わるようになって、昨年と今年は台湾からの応募作品もあった。

今年はその台湾からの作品が一般来場者投票も審査員投票も1位で、従って総合優勝としてグランプリを獲得した。

応募時に提出してもらった作品説明には、作者がFacebookで世話になった鰻屋の店主に感謝を伝えたくて、だけどお礼はいつも辞されるから、画像検索の写真を元に、その店をジオラマ作品で再現して大会に応募することで恩返しになればと書かれていた。
ジオラマを作り始めてまだ日は浅いそうで、寝る間を惜しんで作り上げたと語っていた。

FBのフィギュアグループで知り合い、お世話になった69才のおじいさんの店を、googleの写真を見ながら想像し、ジオラマにすることで忠実に再現しました。

おじいさんは私が礼を返すのをいつも断るため、代わりにこの作品を見て頂けたら喜んで貰えるかと思い、制作しました。この作品は、私からおじいさんへの、【感謝の気持ち】です。(応募書類より引用)

写真は店の表からのものだけど、裏側は厨房や客席、座敷などが驚くほど緻密に丁寧に再現されていて感動的ですらある。

その店は名古屋の店だということを知り、今日、出かけたついでに行ってみた。
便利な世の中なので科学の力ですぐに見つかった。

c0030705_22071056.jpg

いま浜松ジオラマファクトリーで展示されている作品の実物がそこに建っていた。

玄関に張り紙があった。

c0030705_22074013.jpg

近づいてみたら、店主が急病でしばらくのあいだ休業すると書かれていた。
日付は 8月22日だった。

名古屋市北区「うなぎの芝金中店」のご主人の病気をが治り、お店も再開して、そして鄭さんの心が届くことを心から願う。


c0030705_22075987.jpg


*浜松ジオラマグランプリ事務局長としては今回に限らず、出展作品と作者について個別に言及することは原則として控えている。だから、これはあくまで個人として書いた。


[PR]

# by thin-p | 2016-09-04 22:12 | 雑記帳 | Comments(0)

インターネットでの発言発信は、かくも恐ろしいという例

先日 Facebook に、アスリートにとっての 銀メダルと銅メダルの意味について、オリンピックのライブを見ながら思ったことを投稿した。


僕は Facebook への投稿を Twitter へマルチポストしない設定にしているけれど、自動投稿設定にしている場合は本文の冒頭部分だけが Twitterにポストされ表示もその部分となる。


例えば、Facebook投稿本文の冒頭数行に何かを否定することを書いて、それが後半に続く「肯定」的意図の内容の前振りだったりすると、否定的な部分だけが Twitter に流れることになる。

興味を持ってリンクを辿ればちゃんとした意図が伝わるけれど、パッと見ただけではネガティブな印象だけが伝わり、更に RTやネタ系サイトなどで その投稿者の人格も含めてネガティブさだけが一人歩きをして、それが公人や有名人だったりすれば当然炎上となる。


民進党議員が、僕とは表現の仕方は違えども、銀メダルの意味と、それを獲得した選手を讃え労う内容を Facebookに投稿した。


それはここにあげた例のようなもので、本意の前の書き出し部分にネガティブなことを書いてしまったために Twitterで揚げ足を取られ攻撃されている。


文章を書くのが好きな人なのだろう。議員だからということもあるだろう。

SNSの効果的使い方も意識していたりもするのであろう。

SNSの書き出しはキャッチーであるべき、という意識もあったのかもしれない。


と、いうことで、Facebook → Twitter 設定をしている人は気にしとくとよいと思います。


該当の投稿

Twitter → https://twitter.com/310kakizawa/status/766456001323081728

Facebook → https://www.facebook.com/mito.kakizawa/posts/1085320288215369


この議員についてはこの件で初めて知ったので、特にどうという思いはない。

投稿内容についてもどうこう言うつもりはない。


[PR]

# by thin-p | 2016-08-22 10:56 | 雑記帳 | Comments(0)

写真集を作る。写真展を開く。(ことにした)

c0030705_18464301.jpg

撮った写真を出展したり、作品としてまとめたり、といったことからしばらく遠ざかっていた。
それはウェブでも。

撮った写真で構成された写真作品や冊子とか、写真が使われたグッズ、商品、ポスター、チラシ、フライヤーなんかは、その間もいくつかあったけど、自分の写真をSNS以外で、ちゃんと作品として発表したりすることを(ウェブも含め)ここ三年ほどしてこなかった。
コンテストも一時期はよくエントリーしていたけど、それもめっきりしなくなっていた。

カメラを持ち歩かなくなった、というのが大きな理由だと気付いた。
それと、事務所の引越しでダンボールに入りっぱなしになっていたトイカメラたちをようやく外に出してやって、久しぶりに使ってみたら、これが実に面白く、大げさではなく、いつしか忘れていた撮る楽しさを思い出した。

特に「学研・大人の科学」付録の二眼レフカメラの銀塩写真と、液晶モニターのないデジタルのトイカメラのふたつがとても楽しくて、近頃はまたデジイチとトイカメラの両方をフライターグに入れて持ち歩いている。

一昨日、久々に撮った二眼レフカメラの写真を現像プリントしてみて、いっしょに持ち歩いていたデジイチやiPhoneカメラでの写真をコンピュータに取り込んで広げてみて、久しぶりにちゃんと形にしたくなった。

SNS の TL ではないところに、ちゃんと表出して、自分でも手にとってみたくなり、人にも見てもらって、そして形あるものとしてこの世に残したくなった。

このところ、ちょっとした縁で、ギャラリーやカメラのショールームや展示会場などに行く機会があり、パブリッシングや作品発表、販売、などの新しい形をいろいろ知ることもできて、ちょうど作りたかったものがあるから試したくなったということもある。

先週から始まった あいちトリエンナーレ2016でいろいろな刺激を受けて、自分も何か表出したくなった、ということもある。

とにかく、写真集を作る。それと合わせて写真展を開く。
できたら年内に。遅くても来春に。

ってことで、その二眼レフカメラの写真をいくつか貼っておこう。
とか言いつつ、自分で組み立てた二眼レフカメラを使ってフィルムで撮った写真じゃなかったら、人に見せるほどのものじゃないね(笑)

c0030705_18471117.jpg

c0030705_18471170.jpg

c0030705_18471040.jpg

c0030705_18471134.jpg

c0030705_18471119.jpg

c0030705_18471285.jpg

c0030705_18471027.jpg

c0030705_18471083.jpg

c0030705_18471021.jpg

写真集は 2010年に一冊つくり、写真展は 2010、2011、2013年にそれぞれ1回ずつ開いた。

[PR]

# by thin-p | 2016-08-16 18:55 | アートワーク | Comments(0)

どちらかと言えばエスカレーター派である。

乗降が2フロア以上の場合、エレベーターとエスカレーターのどちらも使える状況なら、仕事の時はエレベーターを、私用で急ぎでは無い時はエスカレーターを選ぶ。

いろいろ見渡せるし、気まぐれができるからね。
c0030705_14445364.jpg

c0030705_14450292.jpg

c0030705_14443593.jpg

c0030705_14450751.jpg
どちらかとえ言えば純情派でもあり、乗降が1フロアの場合は(比較的小さなビルの場合は2フロアでも)階段派。




[PR]

# by thin-p | 2016-08-16 14:46 | スナップ | Comments(0)

夏休み、夏祭り

c0030705_21010148.jpg


c0030705_21010824.jpg

ジャパニーズスモールワールド@ブルーボネット

名古屋港ワイルドフラワーガーデン




[PR]

# by thin-p | 2016-08-15 21:02 | スナップ | Comments(0)