どちらかと言えばエスカレーター派である。

乗降が2フロア以上の場合、エレベーターとエスカレーターのどちらも使える状況なら、仕事の時はエレベーターを、私用で急ぎでは無い時はエスカレーターを選ぶ。

いろいろ見渡せるし、気まぐれができるからね。
c0030705_14445364.jpg

c0030705_14450292.jpg

c0030705_14443593.jpg

c0030705_14450751.jpg
どちらかとえ言えば純情派でもあり、乗降が1フロアの場合は(比較的小さなビルの場合は2フロアでも)階段派。




[PR]

# by thin-p | 2016-08-16 14:46 | スナップ | Comments(0)

夏休み、夏祭り

c0030705_21010148.jpg


c0030705_21010824.jpg

ジャパニーズスモールワールド@ブルーボネット

名古屋港ワイルドフラワーガーデン




[PR]

# by thin-p | 2016-08-15 21:02 | スナップ | Comments(0)

ラジオばなれ

「新しい」「復活の」「次世代の」といった意味を持った「NEO」をステーション名に冠し、「古き良きラジオの復活」と「新しいラジオの在り方」を融合、改めて「音楽との出逢いの場」としてのラジオを提案します。(Radio NEO - About より引用)


という名古屋の Radio NEO → Go URL

「Radio NEO」ってどんなステーション?

・東京「InterFM897」で放送する番組もお聴きいただけます。
・主役は「音楽」。様々なジャンルから選りすぐりの楽曲をお届けします。
・既成概念にとらわれず、「面白い」番組にチャレンジします。

日本で最も新しいラジオ局として生まれ変わった「Radio NEO」。
地元、東海エリアの皆様に「愛されるラジオ」を目指します。(Radio NEO - About より引用)


だそうだ。

愛・地球博の5年前 2000年に開局し、その10年後に消滅したラジオ局 RADIO-i(愛知国際放送)の周波数を引き継いで 2014年に開局したのがこの Radio NEOだ。→ Wikipedia

RADIO-i 開局から Inter FM が事実上のキー局だったが、当時は愛・地球博の絡みと国際放送というイメージも強く、既存のステーションとは一線を画すバイリンガルと音楽のFMとして鳴らしていた。

ラジオが軽視され人気が薄くなっていく時代背景もあったし、営業的なことや財政的な事情も相まって、いつしか既存局の影に隠れるようになって消えていった。

閉局を発表した当時は、リスナーが置いてきぼりにされるような酷い放送をしていた。
(今の在名コミュニティFMは違う意味で酷いけど、ある意味、それ以下だった。)

と、まあ、終わったものを更にやっつけるのはエスカレートする前にやめておこう。

さて、前置きが長くなるのはいつものことだよと理っといた上で本題。

79.5MHzを聞いている最中は それが Radio NEO だと意識することなく Inter FM が 名古屋に居ながら聞けると、ついつい思ってしまっているけど、そうじゃないことを思い知らされるのがタイムテーブルに従い時間になると Inter FM の番組から Radio NEO の制作番組に切り替わる時だ。

開局当初からそう思っていたけど、それでもまあ我慢の範疇だった。

この春から、Inter FM の企画をマネてやり出した番組がどうにも聞いていられないクオリティで、更にはサテライトスタジオからの生中継放送などは音質も内容もどうにも勘弁ならず、よくもまあ21世紀になって15年も経つのに、こんな前世紀のAMの不人気番組みたいなものを放送できたものだなと呆れる。

何が腹立つって、トークだめ、選曲ダメ、バイリンガルが何言ってるか聞き取れない、日本語がヘタ、構成がユルユル、って、全部ダサすぎてダメすぎるのだ。



いろいろな土地へ運転して出かけることが多く、訪れた町にあるコミュニティーFMを選曲するようにしている。
都市圏から広範囲を網羅している番組を惰性で聞き続けるより、土地柄やローカルの話題に触れて、その町や人を少し知ることができると思うからだ。

先日、地方で同じことをして、名古屋に戻って来る最中は iPodで音楽を聴いてきたから、ラジオのチューニングは全国のコミュニティーFMで多く使われている 76.1MHzになったままだった。

その翌日にカーラジオをつけたら MID-FMだった。(名古屋のコミュニティーFM)

もう聞き飽きた80年代〜90年代のPOP、ROCKがトークなしでずっと流れていた。

そのうち、ヘッドラインニュースの時間になってようやく人の声が聞こえてきた。

聞いているうちにカーラジオを蹴り壊したくなる衝動に駆られた。

ドヘタ以下だった。

完全にラジオを離れることはないからタイトルの通りにはならないと思うけど、ラジオを嫌いにさせないで欲しいと、ラジオ番組を作っている人たちに向けて書き残しておこう。

と、そういうわけで、ここ最近はもっぱら運転中は NHK-FM か AMラジオか iPod を聴いている。

[追記] 2010年6月16日のエントリー「死に往くラジオ」
     RADIO-iの終焉を発端にあれこれ書いている。
[PR]

# by thin-p | 2016-08-09 22:32 | Radio | Comments(0)

感想文を表さなくなった理由・・・(んな、大げさな、っていう・笑)

古い友人は、僕が雑文を書くのが好きだと知っている。
かつてはこのブログや自分のウェブサイトに様々な感想やエッセイや創作や、とにかくいろいろな文章を公開していた。

それがいつしかほとんど書かなくなってしまった。
と、今朝 Facebookにポストした。

で、あらためて、なんで書かなくなっちゃったんだろうと振り返ってみた。

いや、振り返るまでもなく、理由は1つだけ。

SNSを始めちゃったからだ。

好きなこと、嫌いなこと、良いと思うこと、ダメだと思うこと、良い作品、ダメな作品、良い店、ダメな店...etc..

良いと思うことは問題無いけど、嫌いなことやダメだと思うことが好きな人もいるだろう、と考えてしまって下書きでやめてしまうことが何度かあって、SNSの投稿って、一方的に好き勝手に発信できるブログやウェブサイトでの記事とは違う面倒臭いことがつきまとっちゃうなあと思い始めたのが大きな理由だった。

それと、戯言や雑感や本音本心はネット上に表すより、気心の知れた友人知人と相対して会話した方が楽しいしあと腐れもないと思っている。
SNSは利用するにはいいが、やっぱり何かとめんどくさい。

けれども、思いや本音を表したい気持ちはずっと変わらず持ち続けているから、ここであらためて、本音本心はブログにエントリーして、記事によってはSNSでシェアすることにする。

ま、結局は自意識なのだろうな。気にしないけど、それはそれで割と強い方なので(笑)
[PR]

# by thin-p | 2016-08-02 22:57 | 雑記帳 | Comments(0)

「シン・ゴジラ」を劇場で観終わった時に思い浮かんだのが「風立ちぬ」だった。

c0030705_22321014.jpg


宮崎駿の長編アニメ映画製作引退作品「風立ちぬ」の主人公、堀越二郎を声で演じた庵野秀明が総監督、脚本、編集を担った「シン・ゴジラ」。

二人はジブリ作品「風の谷のナウシカ」で運命的に出会い、師弟関係となったのはよく知られたエピソードだ。

2011年3月に宮崎駿が関東大震災を描いている最中に起きた東日本大震災によって表現者としての覚悟を迫られ、渾身の思いで、まさに命を削り創り上げた「風立ちぬ」を、作家ではなく別のかたちの表現者として第二次世界大戦の真っ只中で「(唯)まっすぐに、(唯)生きねば」を表した庵野秀明だから、「シン・ゴジラ」は弟子から師匠への答え、あるいは「補完」なのではないだろうか、と、そんなことを想像するのであった。

それがあの台詞なのかな、なんてことを思ってみたり。

庵野秀明は園子温や太田隆文よりもっとリアルに震災と原発を捉え、ポジティブなメッセージを添えて表している。

好みの問題もあるけれど、僕にはそう感じられた。


実はもうひとつ、思い出した映画作品があった。

日曜のレイトショーにして最終上映回の劇場のシートに身を沈め、薄明かりがフェードアウトしたのちにスクリーンに映し出された東宝のロゴマーク。
期待と不安が交錯する中で始まった本編の冒頭のシーンは1998年の庵野監督作品「ラブ&ポップ(原作:村上龍)」を彷彿させられたからだ。

で、ああ、これは庵野秀明作品なのだとあらためて確信し、そのあとはエンドロールが終わって場内がうっすら明るくなるまでその感覚的残像があった。

僕は「ラブ&ポップ」公開時、感動のあまりすぐに次回上映のチケットを購入し、二度見したのだった。
映画が原作を超えたと思った。
c0030705_22322036.jpg


雑感、雑文は書き出すと紐付けのメモリがあれこれ出てきちゃうからいつもキリがない、というか、踏ん切りが悪い。ま、しゃーない(笑)

追記(2016.08.02):映画「風立ちぬ」特別予告編

[PR]

# by thin-p | 2016-08-01 22:40 | 映画 | Comments(2)

近頃のヒロインって

主だった連ドラの第1話を一通り録画して、ざーっと見てみる。
ということを、もう何年もやっている。

子どもの頃からテレビドラマが好きだったということもあるが、流行や話題をチェックしたり、物語そのものを勉強したり、その作り方とか演出とかカメラワークとか作り込みやセット、大道具小道具、衣装、、、まあ、テレビドラマブロガーみたいなチェックの仕方はする気もないので、とりあえず、ざーっと見て、気に入ったりすると連ドラ予約録画したりする。

出演者やスタッフやタイアップや、そういうことでチェックする場合もあるが、連ドラ予約するのは、当たり前だけど面白いと思う番組だ。

で、今日のタイトルになるのだが、このところのテレビドラマのヒロインは、どうにも嫌な女、嫌な女性、嫌な女の子ばかりな気がしてならない。
単なる好みではなく、ちょっと前から薄々そう思っていて、今年に入って確信に変わった。

コミックやラノベが原案・原作なものは、元を知らないからなんとも言えないけど、元から嫌な性格なのだろうか。

企画や設定がおかしいのは今に始まった事ではないが、脚本も演出も輪をかけておかしいから余計に嫌な女だなと思えてしまう。

いま、そういうヒロインが求められているのだろうか。
少なくとも僕は求めていない。嫌いだ。

そんなわけで、このところ、なかなか連ドラ予約に昇格できるドラマが無い。

ところで、近頃男が主人公のドラマってなんかあるか?
形的にはそうであっても、女性の登場人物とか話題の女優とかに全部持ってかれちゃってないか?

男が弱くて女が強いっていう、一時たしかにそういう風潮はあったけど、それとも違うんだよな。

ドラマのヒロインがみんなそういう感じって事は、いまって世の中がそういう感じなのか?

テレビ番組の状況とか流れとかはさておき、現実はすでに違う方へ動き始めてる気がするんだけどね。
[PR]

# by thin-p | 2016-07-29 00:16 | TV | Comments(0)

ココロに写った自然をパチリ!

週末には珍しくスーツとネクタイで打ち合わせに出かけた。
幸いに夏日ではあるものの、汗がにじむ猛暑でも、じっとりする蒸し暑さも無く、心地よい風がそよぐ土曜日の午後に仕事的な用事は片付いたから、そのまま地下鉄の駅に潜るのが惜しく思え、一昔前のビジネスマンみたいに上着の襟首に指を引っ掛け、同じ側の肩にかぶせて街路樹の日陰の下の広い歩道を一駅分ほど歩いた。

名古屋のよいところを1つあげると、それは市街地の歩道がとても快適だということ。
あらためてそう思いながら信号が変わるのを待っていた交差点の角にキャノンのショールームがあって、そこには小さなギャラリーもあるから少し立ち寄ってみた。

このタイトル「心に写った自然をパチリ!」という巡回展の名古屋開催だった。

キャノンが全国の拠点で、社員やスタッフ、写真講師による子ども向けワークショップを展開していて、そこでの作品から優秀なものを展示していた。

とてもおもしろかった。

小さなギャラリーだけど、大小たくさんのジュニアフォトグラファーズの作品を楽しく見ていて、ふと気がついた。

子どもたちの視点が、僕が出歩いた時に撮るスナップにどことなく通ずるものがある気がした。

裏返せば、僕の視点や視座は子ども的なのかもしれない。
少年のようなキラキラした心と澄んだ瞳を持っているなどと陳腐な自慢をするつもりはこれっぽっちもなく、と但し書きを付けるのが余計だが、直観的に「あ、オレ、こういうの撮ってる」と、そう思ったのだった。

思えば毎年春に開催している高校生のジオラマ作品コンテスト「ハイスクール国際ジオラマグランプリ」のテーマも
「キミのココロに広がる情景をカタチにしよう。オモイを伝えよう。」だ。

佐野元春がニューヨークで制作して1984年にリリースしたアルバムの先行シングル「トゥナイト」で彼も「心に写したピクチャー(風景)忘れない」と歌っている。

ココロに写った自然をパチリ!

子どもたちの作品は屋外でのワークショップで撮影されたものであり、自然観察の意味からも文字どおり「自然」が撮影対象だけど、意訳して、自然な気持ち=素直な、感じたままの、心が動いた時に、自然な気持ち、、、と解釈すれば(もちろんそのまま「自然」でも)なんでもアリだと思うし、それを実践しているのが今の僕だ。

そんなことを思いながら、わずか一駅の区間でも、ギャラリーや地下街やユニークな路面店や都市計画で作られた街路樹の植え込みのデザインだったり歩道に置かれたオブジェだったり、企業のエントランスだったり、そういうところに置かれたフライヤーとかイベントチラシとかカタログとか、それこそ直観的にい目についたものや気にとまったものを、ぽいぽいと鞄に入れるのがクセというか、好きでよくやる。

この日も鞄にはたくさんの「紙」がたまっていた。

デザインや割り付けや色使いや紙の質とかサイズとか、そういうバランスを含む「作品」としてのそれらを広げ、目を通してみる。

僕はデザイナーではないけれど、そういう真似事を少しする。
そんな立場からだから、とても勉強になる。反面教師な作品も含め。

わずか地下鉄一駅区間でもいろいろ散らばっているのは都市に暮している特権のひとつだと思うから、それをもっと生かそうなんてこともあらためて思ったり。

と、いう雑書き。
c0030705_1338478.jpg


(写真の中の空色のフライヤーがこのタイトルの写真展フライヤー)

雑文ついでに、街や街路や路地裏でみつけたおもしろ写真とか草花写真だけではなく、実は人もけっこう撮っている。
それらはウェブ上にはほとんど投稿しないから、僕が撮る人物写真を見たことがある人はそんなに多くはない。

自分で言うのもなんだけど、僕の人物写真は結構いけると思う。

と、言ってるだけなら誰でも言えるので(笑)そろそろ公開の機会を作ろうと思う。
[PR]

# by thin-p | 2016-07-26 13:39 | スナップ | Comments(0)