ヴォランティア(英: volunteer)

ボランティアと書いた方がいいか。

ボランティアの意味を無料奉仕だと思ってる人が多すぎる。

違うからね。

[PR]

# by thin-p | 2018-08-19 21:47 | 雑記帳 | Comments(0)

大晦日の前日に神戸ぶらり旅という酔狂(おまけ)

スナップショットのみ、テキストなし。
c0030705_21423212.jpg


c0030705_21423351.jpg


c0030705_21423446.jpg


c0030705_21423415.jpg


c0030705_21423717.jpg


c0030705_21423505.jpg


c0030705_21423750.jpg


c0030705_21423921.jpg


c0030705_21424094.jpg


c0030705_21424079.jpg



c0030705_21442996.jpg


c0030705_21443000.jpg


c0030705_21442915.jpg


c0030705_21442866.jpg


c0030705_21442700.jpg


c0030705_21443144.jpg


[PR]

# by thin-p | 2017-12-31 21:45 | スナップ | Comments(0)

大晦日の前日に神戸ぶらり旅という酔狂(完結編)

(前回までのあらすじ)


暮れも押し詰まった土曜日に神戸へ出かけた僕は、こんな機会でもなきゃおそらく一生訪れることのなかったかもしれない異人館街とメリケンパークをぶらり写真散歩を堪能したあと、今回の小旅行の目的である友人に会いに、阪神電車で三宮から春日野道駅へと向かったのであった。

※追記:PCブラウザだと写真の左右が少しだけ切れて表示されちゃてるのでクリックでまともに表示されます。


c0030705_19462192.jpg

春日野道駅から Podcastの長寿番組「oyadiradio オヤヂラヂヲ」収録中の ギトさん オフィスへ向かう途中には、昨年はじめて歩いた大日六商店街がある。
暮れのそこを歩いてみたかった。

c0030705_19471872.jpg

c0030705_19462229.jpg

みのる坊 も 元気に商店街の年の瀬を盛り上げていた。
c0030705_19462244.jpg

ここ数年、師走に神戸へ行き、 ギトさん と語り、飲み、歩く、ということを続けている。
今年はそのことを思い出したのがクリスマス目前の水曜日だった。

メッセンジャーで今年は行けないかもしれないけれど、行かないわけじゃないのでまたよろしくです的なことを送ったら、30日に Podcast収録をして、そのあと、ちょっとしたイベントがあることを教えてくれたから、じゃ、やっぱ行っとくかとなり、万障繰り合わせたのであった。

16時頃にオフィスへ行くと、「oyadiradio オヤヂラヂヲ」 ヘヤチラ氏ギトさん が 1本目の収録を終えたところだった。

実は ヘヤチラ氏とは はじめまして だった。
で、収録に参加した。

けれど、なんか、公開収録ライブイベントを VIP席で楽しませてもらっている感覚で、実に楽しかった。

この大晦日に、その僕が到着する前に収録していた 「oyadiradio オヤヂラヂヲ」 が配信されたから、まずはそちらから楽しんでもらえたらと思う。→ コチラからどうぞ。

c0030705_19462326.jpg

僕が参加させてもらったエピソードはほどなく次回に配信されることと思うから、どうぞお楽しみに。
と言うか、僕がイチバン楽しみだけど。(写真はその収録の様子)


収録が済んで三人で近所のラーメン屋「もっこす」で腹ごしらえ。美味いラーメンだった。

さて、その後のイベントとは、王子公園近くの たこ焼きバル Octobar の留守番を ギトさんが務めるというものだ。
去年も食ったコロッケを買い、店に着いて三人で店を開け、三人でハートランドの栓を抜きぼちぼち飲み始めた。

c0030705_20232828.jpg

c0030705_20233284.jpg


ヘヤチラ氏が帰って、入れ替わりに ギトさんの友人たちが一人、また一人と集まって来て、10人も入ればすし詰めという店が暖かく和気藹々となっていった。

c0030705_19462458.jpg

類は友呼ぶとはよく言ったもので、すぐにいろんな話が転がりまわり、話題が噛み合い始めて、いつしかテレビドラマの話題になって盛り上がった頃にiPhoneのアラームが、そろそろ時間だよと振動で知らせてくれて中座させてもらった。

c0030705_19462122.jpg

見送ってくれて、再び店に入って行く ギトさん。今回もありがとう。また来年。


Q•B•Bチーズの前を通り過ぎ、新神戸駅まで歩いた。
c0030705_19462286.jpg

c0030705_19462547.jpg

名古屋行きの最終便は拍子抜けするほどにガラガラだった。
無いと思っていた車内販売が来たから熱い珈琲を飲んで、メールやメッセージにレスを打っていたらすぐに終点に到着した。

名古屋駅は帰省して来たのであろう人や、これから帰省するのであろう人や、久しぶりの再会に盛り上がっている若者やカップル、仕事帰りの人たち、行くあてのない人たちが、どことなく空々しい感じで行き交っていた。
酔っ払って路上で寝てしまったやつの面倒を押し付けられたっぽい貧乏くじを引き当てたやつとか。

c0030705_20240706.jpg

そんな感じで、以上です編集長。

このブログ、来年も引き続きよろしくお願いします。
みなさん、良いお年をお迎えください。




[PR]

# by thin-p | 2017-12-31 20:30 | スナップ | Comments(0)

大晦日の前日に神戸ぶらり旅という酔狂(中編)

(前回までのあらすじ)


※追記:PCブラウザだと写真の左右が少しだけ切れて表示されちゃてるのでクリックでまともに表示されます。


新神戸駅に着いた僕は、これまで観光で訪れたことがなかった神戸を写真散歩することにして北野の異人館エリアを歩いた。


さて、異人館街のオランダエリアの屋外販売スタンドでホットワインを入れ、観光案内所をのぞいて見た。

ボランティアのおじいさんが、異人館のランドマーク的な風見鶏(前回の北野天満神社からの景色に写り込んでいるもの)は敷島製パンのロゴに使われていて、創業者が住んでいたという、元々アメリカ人の家屋だった建物が震災の被害を受けて取り壊されるところを、現在の場所へ移してスタバになったという説明を聞き訪れてみた。



c0030705_15455398.jpg

ただ、敷島製パンは昔、名古屋デザイン博の仕事でかなり詳しく勉強したことがあり、そんな史実に覚えがなかったのでたどり着いてから Wikipediaで調べてみても、どうもそういう記述がない。

ということで、このことについて詳しい人がいたらご教授願いたい。

そこから元町まで路地や通りを、適当にシャッターを切りながらぶらぶら歩いた。

なんとなくよさそうな珈琲屋で美味い珈琲を飲んで、また歩いた。

1年前に ギトさん に連れて行ってもらった美味くて安くていい感じの阪神電車高架下の中華料理屋とか、豚まん屋を見つけたけれど、せっかくなので新たな開拓を目指して南京町へ。

c0030705_16265981.jpg


中華街の点心の人気店の行列もスルーして進み、路地に入ったところに見つけた明石焼きを食べてみた。

c0030705_15455485.jpg

看板に「1961」と書かれていたので、僕の誕生年に創業かと親近感を覚えたのだった。
中で食べると10個で600円、外で立ち食いなら 5個で350円。
昨日はとても暖かい日だったこともあり、外での5個を選び、焼いてもらっている間に話しかけられたので、名古屋から来たとかそんなことを言いながら、気になった「1961」について聞いてみた。

店の創業年ではなく、オーナーの誕生年だそうだ。

「僕も1961年生まれです。」と言ったら、なんかいろいろサービスしてくれた。実に美味かった。

南京広場に面したところに、間口一間ほどの小さな、しかし活気のあるラーメン専門店があった。
薬味のネギだけのラーメンが250円、ワンタン麺は300円。
人気はフカヒレラーメン400円だそうだが、僕はフカヒレの価値がまったく理解できないので
好物のワンタン麺を選んだ。
これが絶品だった。肉汁がじわっと出るワンタンが3つ乗っていた。

c0030705_15455446.jpg

豚まんを食い、中国茶を飲み、海老団子でビールを飲んで、淡路の玉ねぎスープを飲んだ。


体も心も温まり、どうしても行きたかった場所へ向かった。

南京町から南へ歩き、メリケンパークへ。
今年は神戸会場150年だった。
夏の間に訪れたかったが、結局最終日の前日になった。

c0030705_15455599.jpg


ずっと来たかった場所。
神戸港震災メモリアルパーク。

c0030705_11170277.jpg

いろいろ思うところがあって、ベンチで靴をぬいで、紙コップで持って来た珈琲を飲み、しばらく黄昏。

飲み終えた空の紙コップを持って三ノ宮駅まで写真散歩。


阪神電車に乗って Podcastの長寿番組「oyadiradio オヤヂラヂヲ」の今年最後の収録が行われている ギトさん の事務所へ向かった。

梅田行きの普通列車はガラガラで、発車までのほんの少しの時間に、暖かな光が差し込むシートの上で一瞬熟睡して発車と同時に目覚めた。
今年いちばん幸せなうたた寝だった。

つづく(次回はいよいよ最終回!・笑)



メリケンパークにて

c0030705_15455521.jpg




[PR]

# by thin-p | 2017-12-31 16:24 | スナップ | Comments(0)

大晦日の前日に神戸ぶらり旅という酔狂(前編)

2017年最後のプライベート・イベントとして、ちょっと神戸へ行ってきた。

この “ちょっと” というのが ちょっといいなと自分では思っている。

新幹線は帰省ラッシュで超満員。
前日に指定席を予約しようとしたが出来なかった。
まあ、なんとなく東京へ行くよりいいか、と妙な開き直りで自由席の扉の前に並ぼうと名古屋駅のホームへ上がると、ちょうど先発の車両が発車したところで、運良く列の先頭を獲得した。

きっとこれは今年の運の重箱の隅にあったごまめほどの良運の残りなのだと思って、ほどなく到着した博多行きののぞみに乗り込んだら、やはり現実は厳しくて、通路に立つことになった。

とりあえず京都駅での乗降で目の前の席が空くことに期待してぼんやりとやり過ごした。

京都駅で背中側のカップルが席を立ったが、振り返る前に隣の若者2人組がすっと座って、これが列車内の席取りゲームの厳しさよ、と、諦めかけたその時、完全に停車する少し前に目の前の3列席の窓側のサブカル女子がイヤホンをくるくるとしまい、テーブルをたたみ、荷物置きのキャリングケースを下ろそうとして、通路側のサラリーマンがそれをサポートし、彼女は真ん中の席の女性に すみませんと言いながら僕の顎のあたりをいい匂いの柔らかな髪の毛で撫でながら通路に出た。

いろんなラッキーに小躍りしそうになるのを抑え、その窓側の席へ潜り込もうとしたら、真ん中の席の女性が窓側へずれたから、なおさら席を確保しやすくなって、通路側のサラリーマンの膝の前をすみませんと言いながらすり抜けて、僕はめでたく超満車の新幹線の自由席を自由に使えることとなった。

窓側に移った女性は、元の席の前席の背もたれの網袋に、なんかいろんなお菓子とか文庫本とかポータブル・オーディオ・プレイヤーと、それに巻きつけたイヤホンコードとか、こまごまと詰め込んでいたから、窓側の席から、彼女が座っていた席の新しい主になった僕に、すみませんと言いながら、それらを今の自分の目の前の網袋へと写す作業をしている時に、のぞみ号は再び西へと走り出した。

網袋が空になる最後の引っ越し荷物はチョコレートが1粒ずつ小分けになっている袋だった。

彼女がそれを取り出して自分の前に移す時に、僕の顔を見た。
僕は一瞬、少し背中を背もたれに押し付ける(というほど力は入っていなかったけど)形になって、彼女の顔を見た。

「よろしかったらどうぞ。」

なんということだ。
彼女はその小分けのチョコレートを1つ取り出してくれた。

「ありがとうございます。」

と自然に言ったつもりだったが、もしも録音されていたら「え?あ、ありがとうございます。」だったと思う。

「どちらまでですか?」

と聞かれ「新神戸までです。」と答え、受け取っらチョコをこ袋から出して「いただきます。」と続けた。

「私は岡山です。」

「帰省ですか?」

「はい。帰省ですか?」

「いえ、友人に会いに行きます。」

「いいですね。」

たぶん京都と新大阪の真ん中あたりに差し掛かるころに、会話は自然な流れでフェードアウトし、けれど、彼女の遠足のお菓子的ないろんなお菓子は僕らの共有のものとなり、それをつまみながら彼女も僕も文庫本を読み始めていた。

本を読むために彼女はカーテンを下ろした。
車窓の外を流れる景色が消え、僕らの席は隔絶された空間となったから、新大阪手前から新神戸の間の外の様子がまったく見えなくなったことだけがちょっとだけ残念だった。

という、カメラを回さない旅番組みたいな不思議な出来事があって、のぞみ号は新神戸に到着した。

では良いお年を、とお互いに言い合って、窓側の彼女とは別れた。

通路側のサラリーマン(と思しき男性)は思いっきり爆睡していたので、起こさないように彼の膝をまたいで通路から車外へと出て、ホームから彼女が座っているあたりの窓を見たら、カーテンがすっと上がって、彼女が小さく手を振ってくれたから、僕も小さく手を振り返しておじぎをした。

と、いうことで、ここからは のぞみ号が新神戸駅のトンネルに消えたあとの写真をどうぞ(笑)

※追記:PCブラウザだと写真の左右が少しだけ切れて表示されちゃてるのでクリックでまともに表示されます。

新神戸から北野の異人館エリアへ。

c0030705_11170289.jpg

c0030705_11170246.jpg

おそらく今夜から明日にかけては大賑わいになるであろう北野天満神社へ。
穏やかな年の瀬に風見鶏も静かに街を見下ろしていた。

c0030705_11170397.jpg

北野町広場ではジャグラー、マジシャン、書家、絵師などが大道芸と露店を開いていた。
オランダ、ベルギー、オーストリアのエリアでホットワインをちょいと入れて坂道と小道をぶらり散策。

c0030705_11170389.jpg

英国館では外国人老若男女と日本人の若い女子グループのシャーロック・ホームズがうろうろしていた。

c0030705_11170409.jpg

英国館の床。

c0030705_11170447.jpg

快晴のベイカー・ストリート。反射的に「霧のベイカー・ストリート」が思い浮かぶ貧相な思考(笑)

c0030705_12001001.jpg


ワトソン博士のコートと帽子、鏡の中にはホームズ。

c0030705_11170576.jpg


向こうへ突き落としてやりたくなるハンプティ・ダンプティ。

c0030705_11170556.jpg


神戸といえばパンと珈琲ということで、人気の ル・パン神戸北野 へ。
クロックムッシュとミルクフランス、ゴルゴンゾーラと蜂蜜のカンパーニュを選び、店先の椅子で食べた。
うまかった。うまかったが、夏に取材で回った愛知県豊橋市の14のパン店とさほど大きな違いは感じられず。
言い換えれば豊橋の14のパン店はどこも素晴らしかったということだ。
と、パン特集を担当させてもらった取材ライターは思った(笑)

c0030705_11170517.jpg

神戸といえば珈琲、とさっき書いたが、実は神戸といえば紅茶だそうだ。
今回は紅茶専門店までは足を伸ばせなかったが、次回はぜひ飲んでみよう。

ということで、前半はここまで。
後半は大晦日のあれやこれやを片付けて余力があれば。

c0030705_12162402.jpg





[PR]

# by thin-p | 2017-12-31 12:20 | スナップ | Comments(0)

言論の自由を考える

趣味や嗜好の「好きではないもの」「苦手なもの」「嫌いなもの・嫌悪感を抱くもの」「ダメだと思うもの」について SNSで本心、本音を表すことをしなくなって久しい。

飲食についてはそれほど意識をしないけれど、音楽や映画や書物や人物のそれを表すと、SNSでつながりのある、それが好きな誰かの気に障るのでは、とついつい気にしてしまうから。

オンライン/オフラインのそれぞれに溢れる、みんなが使う言葉の選び方についても同様で、それが嫌だとか耳障りだとかを表すと、それを使って会話や投稿をしている人たちを批判することになる、とか気にして飲み込んだり引っ込めていたり。

番組、作品、イベントなどに於いても、くだらないと吐いて捨てれば良いものを、それを僕が言ってしまったらおしまいだ、とか、それは言わない約束でしょ、みたいに思って踏みとどまったり。

面白くもなんとも無い意見や思想や、なんのひねりもない正論や、曖昧なソース浅い知識と思い込みでさらに歪曲して捉えたまま、さも自分の思想哲学のごとく拡散している連中と、それらを手放しで褒め讃え追従するフリだけで、実際は何もしていないバカな連中が、などと表したら、それを崇拝している誰かが気を悪くしないだろうか、などと、ついそう考えてしまう癖がいつの間にかついてしまっていることに自己嫌悪したり。

「飲食についてはそれほどでもない」と書いたけれど、飲食店についてはあれこれ思うところはたくさんあるが、それも SNSのつながりを意識して、なにも公に発表しなくてもよいだろうと思って表さないようにしている。

と、いう閉塞感というか不自由さを、実は少し前まで悩んでいた。
ま、悩んでいた、というほど大げさなものでもないが、ネガティブな感想や攻撃的意見は、どう表そうが、文字だけで正確に伝えられるものでもなく、それが世に言う炎上にであり、僕なんかの個人的な意見がそういう現象にまで発展することは無いだろうけれど、普通の文章でさえ、ちょっとしたニュアンスの捉え方で誤解を招くこともあるし、それは言葉足らずということでなんとなく解決・解消できてはいるものの。

そもそも、ネットが無い頃は、そういう戯言は直に相対する身近な人たち、家族や同僚や友人たちと、本音と冗談を交えながら、ひとつの話題として表し合い、補完し合い、学んだり自分が知らない情報を得たりしていたわけで、ネット上で文句や悪口や批判や自分の間抜けな出来事や、時には自分が引き起こしてしまった事件についても平気で発信してしまう人は、そういうオンライン/オフラインがシームレスになってしまっているのだろう。

ネット上で文字だけで物事を正確に表すことができる人なんかごくわずかなはずなのに、ライターと名乗る連中ですら、ろくな文章が書けていないのに、ましてや素人がと、言わずもがなだと思う。

直に話せたり、例えば自分の言葉で話した音声を収録し配信するのならまだしも。

ネットの上で政治、経済、社会、哲学、宗教、芸術、芸能、日常、暮らし、趣味趣向、嗜好を区分せずに、伸びやかに自由に発信したり、交感・交換したりするのに、僕のメンタリティでは対応できないことを自覚した。

そしたら少しは楽になった気がする。

僕の言論の自由は、自分の作品とオフラインで展開するものと決めたら更に楽になった。

と、いうことなので、よろしくお願いします。

[PR]

# by thin-p | 2017-10-15 11:59 | 雑記帳 | Comments(0)

水曜日に届いたレンズで(後編)

前編からどうぞ


と、いうことで、水曜日に届いたタムロンのレンズで撮ったスナップをあと何枚か。

名古屋城本丸御殿 復元工事 素屋根内見学(7/2まで)の様子。
なかなか見れるものじゃない。大きな動きがある作業ではないけれど、ちょっと見入っちゃった。

c0030705_11254070.jpg


c0030705_11254005.jpg


工事見学のことも、それが今日(7/2)までなことも、そこへ行くまで知らなかった。運が良かった。
c0030705_11254113.jpg



名古屋城 正門
c0030705_11254167.jpg


護国神社の紫陽花(ピントはヒメジョオンだけど)
c0030705_11254269.jpg


前日の雨の名残にテレビ塔。
c0030705_11254251.jpg


オアシス21が賑わっていたので近寄ってみたら 3on3の大会&イベントだった。
c0030705_11254353.jpg


c0030705_11254354.jpg
ゲームやアトラクションの合間にチアダンス。

c0030705_11254438.jpg
彼女たちはラウンドガールみたいに、ゲーム前にチームロゴのボードを場内へ見せる役も。
c0030705_11361463.jpg

c0030705_11254578.jpg


c0030705_11331144.jpg

以上です、編集長。

[PR]

# by thin-p | 2017-07-02 11:40 | 写真散歩 | Comments(0)