人気ブログランキング |

馬鹿なやつだとお思いでしょうが

馬鹿なやつほど新しいものを欲しがるものでございます。あ、正しくは「馬鹿なやつ」ではなく「古いやつ」ですこんばんは。
コンビニに寄ると、ついつい食玩コーナーを覗いてしまう俺ですもひとつおまけにこんばんは。

以前にここで紹介した F-toys の食玩シリーズじゃない別のメーカーらしきギターのやつがあったもんだから、安いし、ちょっと買ってみっかな?って、あ、買うか普通って思ったでしょ?、つか食玩コーナーに釣られてる時点でどうかと思ってません? んな、いいじゃん(笑)

こいつが出てきました。
c0030705_23474139.jpg
う〜ん、、、かなり後悔、、、(苦笑)

ぜんぜん感動がないっす。
この写真で見るとそうでもないけど、近くで見ると、うへっ(泣)ってくらいチャチです。海のギャングです。それはシャチです。

c0030705_23475620.jpg

ディティールがすげえ適当にデフォルメされてて、弦も張ってないし、やっぱ、F-toysの完成度の足下にも及びませんねえ。
いや、このジャガーがスゴ過ぎなんだけどね。
おや? こっちはなんでしょう? ベースかな?
あれ? 見覚えのある「F」のロゴにも見えますが、、、つーか、これって本物じゃね?...
は?! さては...
c0030705_23503777.jpg

あ、いや、、、わーっはっはっはー!!;;





黒い猫に乗った七福神の皆さんが我が家の前に黒い大きな箱を置いて行かれまして、おや? なにかな? と、その箱をそおっと開けてみますと、中からこんなものが現れたのでございます。
c0030705_23562743.jpg

あひゃー!こ、これは、ジャズベースじゃねえだか? はー、、おらが欲しがってるのを知って、神様が授けて下さったにちげえねえ、、ああ、ありがたやありがたや、そうだ、つい2日前に天神さま参っといたのがよかったんだべさ、きっとそうにちげえねえ、ひゃっほー!

と、そいうことでして(笑)
けど、あの「F」って、もしかして、フェンダー?

c0030705_002152.jpgいえいえ、1976年のフェルナンデス製のコピーモデルです。
ほら、やたら文字数が多いでしょ?(笑)

本物はこんな感じです。c0030705_01414.jpg
並べてみると、まったく似て非なるものです(笑)

中国製のコピー商品をとやかく言ってる日本だって、その昔はこんなのばっかでした。
けど、中国製と大きく違うのは、この頃の日本の楽器って、その質はほんとに素晴らしいものなんですよ。ペグやブリッジやピックアップは海外の本物には二歩も三歩も劣るけど、材質と木工加工の部分はしっかりと職人の仕事です。ヘタすると本物より本物らしいものまであります。事実、僕はそういうのを1本持ってますから。↓このプレベがそれ。
c0030705_0405359.jpg
数年前にヤフオクで手に入れた東海楽器のプレベと記念撮影。どっちもすげえいい楽器です。

さて、なんで神様がこれを僕に届けてくれたかと言うと(まだ言うか・爆)、前にも書いたけど、僕はベースギターがほんとに大好きで、ちょっと息抜きという時にヤフオクで中古ベースを眺めてるんですね。普段は見てるだけで満足なんです。

で、この前の土曜日だったかな? 現場から帰ってきてコーヒー飲みながらページをめくってたらこいつが目に留まりまして、封印してた変なスイッチが入っちゃったと(笑)

c0030705_0461630.jpg僕はジャズベースを一度も所有した事無くて、けどいつかは持ちたいなと内心ちょっとは思ってて、もしも持つなら黒いボディに白いピックガードで指板はメイプル、ネックには黒いバインディングと黒いスクウェアポジションマークのやつって決めてたんですよ。

こいつはネックのバインディングがアイボリーで、ポジションマークはホワイトセル。
そこだけ違うけど、それ以外はかなりよさげで、だから、まあ、正月だし、冷やかしでちょっと入札してみっぺと、もしも落札しちゃっても大丈夫な金額を入れといたわけです。

さて、オークションが終了して、ああ、その値段かぁ、、あとちょっと上乗せして買っちゃってもよかったかな?いやいや、買ってどうすんのさ?みたいなことを思ってたら、落札者が棄権したから繰り上げで落札権利が回ってきたけど、アンタどうする?っていうメールが来まして、「う〜ん」と半日迷った揚句、「合意」をポチっとやっちまったと(爆)

旦那、これがすべてです。まさか繰り上げになるとは、、もう二度としませんから、今回は見逃してくだせえまし、、、(笑)

c0030705_0434426.jpgけどね、これ、すげえよい!大当たり!!申し分無し!!!棄権した人、ありがとー(笑)

そうそう、でね、特筆すべきは、フラットワウンドの“死んでない”弦が張られていた事。
こりゃ、前のオーナーは相当に渋いね(笑)

と、いうことで、今日からジェームス・ジェマーソンとかタイラン・ポーターあたりを聴き直していこうと思ってます。そして、そんな感じのベースを弾ける場を作ろうとよからぬことをまた考えてたりするのでした、、、つづく、、、あははのはー(笑)

by thin-p | 2009-01-09 00:49 | スナップ