今日は はやぶさ の話題を

c0030705_139821.jpg
はやぶさ(第20号科学衛星MUSES-C)は、2003年5 月9日(金)13時29分25秒に宇宙科学研究所 (ISAS) が打ち上げた小惑星探査機(正式名称:工学実験探査機)である。はやぶさはイオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達してその表面を詳しく観測した。2010年6 月13日22時51分、60億キロメートルの旅を終え、打ち上げから7年ぶりに地球に帰還した(本体は燃え尽きた)。

イトカワ探査の終了後、JAXAでははやぶさ2をミッションとして立案しており、応援を呼びかけている。 引用:はやぶさ(探査機)@wiki

イングランドの失点の瞬間、アメリカ人とイングランドを毛嫌いしてる人以外の世界中のサッカーファンは空いた口が塞がらず、しばらく「あ〜あ〜あ〜」となったことでしょう。そして、やたらカメラで抜かれるベンチのスーツ姿のベッカムが誰だかわからなかったっていう人も実は結構いたと思うけどいがかでしょう?(笑)

そうそう、ドノバンってまだ代表にいるんだねえ。アルゼンチンのベロンといい、韓国もアン・ジョンファンとか、パク・チソンも若い選手じゃないし、他国の代表メンバーには、いいバランスでベテランががんばってるよね。
そう思うと、日本ってそういう選手、いないねえ。中澤とかも線が細い感じだし。なんて言うか、長く活躍してる良いベテランって、年々代表へ呼ばれなくなってる気がするんだよね。

スロベニアとセルビアって、あんだけ全然違うんだね。セルビアはちょっと期待はずれだったなあ。

ガーナが今大会でのアフリカ勢初勝利ってのもちょっと意外だった。

ドイツ vs オーストラリアってスカパーしかやんないんだな。録画放送さえ地上波じゃやらないのかな?

・・・と、今日はサッカーの話題はちょっと置いとくつもりだったのに(笑)

試合の結果はココ で見てもらうとして、そう、今夜は はやぶさ。

TVのニュースで映像見た人もいると思うけど、いやぁ感動しちゃったね。すごいよね、7年ぶりに様々なトラブルを乗り越えて、たった一人で帰ってきたんだよ。一人じゃないけど、そういうイメージだよね。
で、そう想って映像見ると泣けてきちゃうね。もちろん感涙。WALL・E 思い出してせつなくなっちゃう。

その はやぶさが 今日 地球の大気圏に突入した瞬間をUSTREAMで生中継してたらしく、その録画が残されていて、何度も再生できるようになってるんだよね。
コチラ--> HAYABUSA re-entry

更に、はやぶさが燃え尽きる直前、最後に見た地球の画像データが残されてて、それを見たらもう...(涙)
彼は最後にちゃんと故郷が見えたんだね...(涙2)
コチラ-->はやぶさラストショット@koumeiShibata氏のtwitpic

更に更に、NASAのニュースでも はやぶさ帰還が紹介されていて、そこには宇宙側から見た はやぶさの大気圏突入の瞬間の映像が載っててさ。
コチラ-->NASA Helps in Upcoming Asteroid Mission Homecoming
記事中の画像を拡大したやつ-->コチラ

目的地の変更も故障の復旧も帰還日の延期も、ぜんぶ遠隔操作なんだもんね、なんつったって、それがいちばんすごいと思うんだよね。

最後に地球を見て、安心して燃え尽きたのかなって、SF的には、最後は笑顔で目を閉じたのかなって、そう想うとほんと泣けてくる。
とにかく、よくがんばったね、よく帰ってきたね、と言ってあげたい(涙)

記事トップに貼ったのは、今日の Googleロゴ。
[PR]

by thin-p | 2010-06-14 02:10 | 雑記帳 | Comments(2)

Commented by dog_biscuit at 2010-06-14 21:28
Googleロゴも、はやぶさ使用になってたなんて知らなかった〜。
決して順調じゃない旅だったのに、はるばるよく帰ってきたよね。
そして、はやぶさが最後に見た地球の画像は涙なしには見られません!
はやぶさが地球に送り届けたカプセル、イトカワのかけらが
入っていればすごいことだけど
たとえ入ってなくてもそれはそれでいいと思える。うん。
Commented by thin-p at 2010-06-15 01:45
> えり子さん            

ね? 泣いちゃうよね、あれ見たら(また涙)

カプセルは無事だったみたいだし、砂粒1つだけでも研究にはすごい役立つそうだけど、ほんと、万が一何も採取してこれてなかったとしても、ほんと、それはそれでいいと思えるね(笑)

現実の宇宙の様々な学問的にも技術的にも素晴らしい成果をあげることができたと思うけど、僕らにとっては、「空想科学」っていう分野で大きなものを示してくれたように思うんだ。うん。(笑)