今日、とてもうれしいニュースが届いた

実の弟はブラジルにいるが、弟分や妹分が日本各地に、そして世界の何箇所かに何人もいる。
その中の一人で「足立組」が本格的に映画製作をした際のメインカメラマンだったヤツが入籍し、近々結婚式を挙げるのだと久しぶりのメールで知らせてくれた。

彼が大学生の時に、友だち同士でアルバイトに応募して来てくれて、そこから在学中は何度も現場に入ってもらい、卒業してからも時々メシを食ったり飲みにいったりしながら、相談されたり諭したりという付き合いが続き、一昨年映画製作プロジェクトに誘った。

c0030705_083262.jpg


映画を撮りながら仕事のこと、職場の事、将来のこと、恋愛や人間関係のことあれこれ話して、揚句、いまの職場は即刻辞めるべきだとか、イチローだって10割打てないんだからとにかくバットを振れとか、わかったようなわからないようなアドバイスや説教を食らわして(笑)まあ、それがよかったのかわるかったのかは無責任なので知らないけど(笑2)とにもかくにも、彼は転職がうまくいき、伴侶を見つけ結婚に漕ぎ着けた。

c0030705_085575.jpg


そして、入籍後に奥さんの懐妊がわかりおめでたの二乗、三乗だそうだ。

よかった。
ほんとうにうれしく思う。
c0030705_0172156.jpg


あの夏(2011年)僕らがいた場所は、オリジナルではない上に月並みで陳腐な表現だけど、天国にいちばん近いところだった。
夢のような数日間の、更にその最終日の数時間は生涯忘れる事のできない時だった。

先日、あの時撮った2つの作品を大きなディスプレイで観た。
感動した。自分の作品なのに、正直、出来はおおいに不満だらけだけど、感動した。

穴井、あの編集作業の期間、何度も徹夜させちゃって、それでも弱音を吐かずに最後まで付き合って仕上げてくれて、ほんとうに感謝しているよ。
もっと言えば、君が学生時代からいろいろな無理難題に付き合ってくれてほんとうにありがとう。

器用とは言えないし、真面目過ぎて優し過ぎるところがあるけど、それが君のいちばんいいところだし、世の中、少しずつそういう男が損しないように変わって来ているから、自信を持って伴侶と生まれ来る子どもと共に堂々と人生を歩んでいってください。

おめでとう。近々祝杯をあげよう。

c0030705_0173793.jpg

[PR]

by thin-p | 2013-05-02 00:18 | Fav | Comments(0)