人気ブログランキング |

砂漠の中のオアシス

大きな山をひとつ超える間に蓄積された疲れが、いつも下山途中に一気に出てしまうから、麓に辿り着く前に山小屋で身体を休め、栄養と水分と仮眠を取る。
今日は下山を開始した日だった。

それは、まあ、それとして、そんなこんなで今日は長い時間運転をした。
田舎道の向こうに一見するととっくに閉まっているようなガソリンスタンドになんとなく惹かれ、減速して近くまで行くとちゃんと営業していたので、なんとなく給油に寄ってみた。

給油口の前に停車すると店舗の中に人影が動き、白いTシャツにゴワっとした質感のカーゴパンツをロールアップして腰のところに薄いピンク色のタオルを引っ掛け、茶髪をポニーテールにした女性店員が駆け寄って来た。

昔よく読んでいた小説から飛び出て来たようなボーイッシュな声と口調の、きっとちゃんと化粧して、そうそう、テレビでやってる働く女性の変身企画みたいな、あんな感じに服や靴やヘアメイクをちゃんと施されて目の前に現れたら思わず「ひゅう」と口笛のひとつも吹いてしまいそうなすっぴん美人だった。

いや、もしかしたら、彼女はそんなコーディネイターやヘアメイクなんかの手を借りずとも、イザという時は自分でキチンと出来てしまうのではないか。

なんてことをドアミラーの中の彼女を眺め想像しながらレギュラー満タン入りましたの声を運転席で待っている数分間で旅人の心と身体は癒されたのでした。

c0030705_0553141.jpg

by thin-p | 2014-07-23 00:56 | スナップ