FREE HUGS

c0030705_1331227.jpg

僕は先週末にこのビデオを初めて見たんだよ。
これ、僕が知らなかっただけで、すでに世界的にかなり有名なものだったんだね。
で、エキブロはYouTubeのビデオオブジェクトは貼れないらしく、だから ↑ の画像はダミーです(爆)
ってことで、ビデオの視聴は YouTube - Free Hugs Campaign でどうぞ b

9月の中旬からずっと忙しくて、そりゃ傍目から見れば充実してるように見えるだろうけど、本人はかなり疲れも溜まってて、どっか心がささくれてるって言うか、乾いてる感じで、気をつけてても些細な事にイラついちゃったり、それを押し殺したり。
多忙の原因は仕事だし、やりたいことやってるから誰のせいでもないんだけど、ポッドキャストも写真もここ1ヶ月くらいやってないし、結局先月はフットサトル1回も参加できなかったし、それ以前に全然休めてないし、やっぱストレスは相当なわけで、そろそろちょっといかんなあ、、、って思い始めた先週のアタマに MySpace で偶然このビデオを知ったんだ。

もうね、マジ、救われましたって感じ(笑)
そしたらさあ、世の中ってのは不思議なもんで「スマイルの仕事」の依頼が来たよ。
だからスマイルだったってわけ(笑)

ってことで、さっそくこのプロジェクトを立ち上げた連中にお礼とフレンドリクエストを送ったら、すぐに友だちになってくれた。

ビデオに登場する Free Hugs Man こと Juan Mann
そして、ビデオのサウンドトラックの「All The Same (in iTunes Store) 」を演奏している彼の友だちの バンド、Sick Puppies


JuanはMySpaceの自己紹介でこう書いてるよ。
当時、僕は住んでいたロンドンから飛行機でシドニーに帰った。両手には抱えきれない荷物を持って空港で電話をかけようとしてたんだけど、誰一人出迎えてくれるでもなく、家にかける公衆電話も無くてたった一人で右往左往していたんだよ。僕は故郷に帰ったのに、まるで訪問者のようだった。
同じく空港に到着した人々は両手を広げて迎えに来た友人や家族と再会して抱き合ったり微笑み合ったり。

僕は人恋しくなって、紙とマーカーを店で買って紙の両面に「FREE HUGS」って書いていちばんの繁華街に立った。

みんなは僕を怪訝そうに見ていた。
そして15分くらい経った時、一人の小柄な女性が僕の前に立ち止まり、彼女は今朝、飼い犬を亡くしたと言った。さらにその朝は彼女のたった一人の娘を事故で亡くして一周忌なのだと言った。
彼女はこの広い世界の中でひとりぼっちになってしまったと悲しみに暮れていた。
だから僕に抱きついた。

僕は彼女の背丈に合わせてひざまずき互いにハグし合った。
体を離すと彼女は僕にスマイルを見せてくれた。

誰でも多かれ少なかれ問題を抱えている。
しかめっ面がスマイルに変わる瞬間、それだけでも、このハグには価値があると思うんだ。(みたいな内容・所々意訳)

これって、まさに映画「ラブ・アクチュアリー」のオープニング&エンディングシーンだよね。

このビデオのバックに流れている歌は Juen の友だちのバンド Sick Puppies の AII The Same っていうんだけど、そもそも、この曲は、バンドのメンバーの友だちを勇気づけるために作ったものらしく、そこから始まったコラボでもあるらしいんだよね。

「Free Hugs」は「自由な抱擁」っていう意味もあると思うんだけど、「見返りと意味を求めない、無償の抱擁」ってことなんだろうな。

ビデオを見てもらうと、途中で警官に止められて、署名運動が始まって、世界のメディアにも紹介されるようになって、シドニー警察もこの活動を許可したんだって。
それがどんどん波及していって、これもウェブで調べて知った事だけど、今じゃひとつの社会活動みたいになっていて、う〜ん、それはそれでどうなんだろう?って疑問も持っちゃったけど、でもこうして原点を世界中の人たちがちゃんとリピートしていれば、そんなに間違った方向にはいかないかなって思うんだよね。

ということで、僕が道ばたで誰かをハグしていても、どうぞ微笑んで見守って下さい(笑)

さあ、今週もみんな、Working for the Weekend!! & Peace..
[PR]

by thin-p | 2006-10-17 01:37 | 雑記帳 | Comments(9)

Commented by To-chan@はぐちゃん at 2006-10-17 03:01 x
へ~~なんかいいビデオだね~
でもどうせなら全部隠し撮りでやって欲しかったなぁ・・・
でもそれはそれでハグの輪が広がるのもいいかもね・・・

オイラもこのところ忙しさで辛くなってきた
ホント平日は帰ってくると口もききたくないほど・・・
朝も起きてから一言も喋らず「じゃ」と玄関を出る・・・
自分でもうっとうしいやっちゃなぁ・・と思うんだけどね・・・
どっかであの紙、下げてる人がいたら今なら抱きついちゃうかも・・(若い娘が可)

そういえば↓のヒルマン監督の「イチ、ニー、サン」は
実はセギノールがヒーローインタビューの時の決まり文句
「イチ、ニー、サン、チョットーチョットチョット」をパクったもんです(笑)
それにしてもヒルマン監督、テキサスに帰るかもしれないとか・・・
そうなったら道民、淋しいなぁ・・・(TT)
Commented by thin-p at 2006-10-23 23:29
>とおちゃん@1勝1敗    

【おまた2】

ってことで、明日から北海道は真っ赤に燃え上がるんだろうね(笑)
なんか、こう、久々に緊張感ある日本シリーズだと思ってるんだけど、どう?
しかも、“野球がおもしろい”って感じだけど、どう?(笑)

ワールドシリーズも田口のおかげで盛り上がってるし、今年のF1はブラジルGPで終わっちゃったけど、最後は琢磨もがんばったし、シューマッハ、お疲れ!みたいな。
(あ、そうだ、とおちゃんって豚麿だったことあったよね?・爆)

熱いスポーツから元気もらって、日々をがんばんべ! な!中年!!(もち、僕も・笑)

で、ね? なんかよいでしょ>ビデオ

> でもどうせなら全部隠し撮りでやって欲しかったなぁ・・・

これは敬愛する映画監督が言ってたんだけど、ドキュメントってのは何の演出も脚色もしなくたってカメラがそこに入った時点でフィクションなんだって。
これがドキュメントかフィクションかはさておき、これはファンタジーなんだって僕は思うんだ。モノクロの映像がカラーに変わる瞬間に、僕は毎回じわってきちゃう(笑)
Commented by thin-p at 2006-10-23 23:31
>とおちゃん@道民代表(暫定)   

> ヒルマン監督の「イチ、ニー、サン」は
>「イチ、ニー、サン、チョットーチョットチョット」をパクったもんです(笑)

へぇ〜 なるほど、さすがにボラギノールについちゃ詳しいね。

・・・あ、セギノールか、、(爆)

さぁ、明日はどっちに風が吹くかな?(笑) 3−9!
Commented by To-chan@日本一 at 2006-10-27 03:25 x
いや~やったよ!ファイターズ・・・日本一!
ドラゴンズは残念だったけど、でもどっちが勝ってもおかしくないほど
緊迫した良い試合の連続でした~
3度目の優勝ということで感動はだんだん薄くなったけど
やっぱ新庄の涙にはさすがにジーンときたな・・・
最後の打席で「泣くな、真ん中に投げるから」と新庄に囁いたという
谷繁捕手の言葉も敵ながら漢だ~(三振てのもドラマみたい・・笑)
昨日の金村とヒルマン監督のやりとりもドラマみたいだったし・・
わざとかよ、みたいに毎回ピンチ作っては切り抜けるお互いのピッチャーに胃は痛くなるし・・・
気分良過ぎて祝杯あげすぎたので何が言いたいんだか良くわからないけど
プロ野球でこんな感動したのは初めてです~おやすみ~
Commented by thin-p at 2006-10-29 21:22
>とおちゃん@日本一おめでとう!!

ぃよっ!! にっぽんいち〜っ!!! おめでとう!!!!
ほんと、素晴らしい勝利だったね(笑)

僕も5回の金子のスクイズあたりから見始めたんだけど、そこからはファイターズの一挙手一投足にわくわくハラハラしながら楽しんじゃったもんね(笑)
そして、9回表の締めくくり方が、まさに美しいストーリーのこれ以上ないってくらい美しい締めくくりだったぢゃん?
涙が止まらない新庄の(新庄から見て)左側でライトフライを稲葉が取って1アウト、次の打球を金子→小笠原で6〜3アウト、最後は新庄の舎弟、ひちょりが取って、そのまま新庄に駆け寄ってゲームセット。
野球映画だって、そこまでベタな演出は思いつかないっていうか(笑)
いや、すばらしかったね。

そうそう、金村とヒルマン監督の関係も、変に尾を引くどころか、好条件にできちゃったところがすごいし、批判に罰を与える事ができた監督とフロントの意志の強さとそれに応えた金村のガッツが素晴らしかったね。

<つづく>
Commented by thin-p at 2006-10-29 21:26
>とおちゃん@日本一 Part2

(お祝いだから長めにいきます・笑)

うん、谷繁の言葉も新庄の三振も、どっちも美しかった。どっちも本物だったよね。
バッターボックスで構える新庄をチラっと見上げた谷繁の顔がさばさばしてたっけ(笑)
ま、今回の中日は闘わずして終わっちゃったね。
ベンチの采配とかうんぬん以前に、見えない力を集める何かがまったくなかったってことだろうね。

やっぱ、明るさや楽しさを失わないこと、そして、その笑顔の裏には真剣な努力が不可欠ってことだね。

でね、僕ら、仕事で脚本や物語を作る時にね、シンプルで感動的なものをゴールデンストーリーって言うんだけどね、ほら、Em→C→Dの黄金のコード進行みたいな。
それはシンプルなんだけど、あらゆる要素が含まれてるのと、ちょっとしたことで○が×になったり、その逆だったり、仲間割れや苦労が努力で解決したり報われたり、トラブルも成功も、すべて大団円のための伏線なのであって、それが WBCや高校野球やプロ野球にあったって気がするんだよね。

<え〜い、勢いだ!、もちょっとつづく・笑)
Commented by thin-p at 2006-10-29 21:27
>とおちゃん@日本一おめでとう!!!

とにかく、ほんとうによかったね。
ってことで、道民を代表して、とおちゃんに祝辞を送ります。

  「日本一 おめでとう!!」(笑)

PS:

> 気分良過ぎて祝杯あげすぎたので何が言いたいんだか良くわからないけど

いやいや、逆にすごく伝わるよ。感激をココに伝えてくれてありがとう(笑)

> プロ野球でこんな感動したのは初めてです~

だね(笑)3−9!
Commented by ゆーま at 2006-12-18 07:47 x
トラバどうもでした〜。こちらのブログもやってるんですね。知らなかった(汗

しかし、こんなに動画の話題が広がっているとは。社会運動的になるのはちょっと違うような気もするけど、でもそういう精神を大切にしよう十個うしようという考えを共有するのは悪い事じゃないなと。

世界を見れば、ほんとに色々ありますねぇ。
Commented by thin-p at 2006-12-18 23:31
>ゆーまさん

あ、いらっしゃい(笑)
ココログはポッドキャスト関係だけにしちゃってるから、こっちはその他って感じで気が向いた時に使ってます。
よかったらまた気軽に寄ってやっておくんなさいまし(笑)

この動画のタイトルをYouTubeで検索すると、いろんな国のいろんな人がこれをやってるんですね。
けど、日本のはまだないみたい。

このエントリーをあげた直後に、たまたま僕と同じように多忙から心がささくれてた人から、これのお陰で救われたっていうメールが届いたとき、なんとなく、そいつを(あ、男です、ちっ、、、・爆)を抱きしめたような気がしましたよ(笑)

そう、世界にはいろんなことがある。
けど、僕らはハグじゃなくても、“声”でつながれる。
だから、voices united です(笑)

(いや、そりゃ、ハグもいいっすけど・爆)3−9!(笑)