人気ブログランキング |

未来はここにある、かも

c0030705_020159.jpgアップル、iPhoneで携帯電話を再定義
 (米国報道発表資料抄訳—2007年1月10日)

30周年を迎えたAppleの新しいスタート。
社名からコンピュータを外した。

そして、この“再定義”って言葉がちょっと気になってて、あれからいろいろ想像してみてるんだけど、、、
c0030705_0205486.jpg

Skype, .Mac, iChat, AirMac Extreme, iTunes, iSync





おそらく僕と同じような想像をしたり、もっと詳しく分析している人がいるだろうけど、もしかしたら、これって携帯電話うんぬんって次元じゃなくて、電話、いや、それどころか通信事業そのものを再定義することになるんじゃないかなって、今回 iPhone ショックと Apple tv の発表の影に隠れた感があるけど、新しい AirMac Extreme が次世代ワイヤレス技術をローコストで手軽に家庭やオフィスに導入できることの意味とか、あれこれ楽しく想像していくと、iPhone 登場の真価、意味、価値が見えて来る気がするんだよね。

c0030705_0225847.jpg
現在はユーザーは携帯電話会社と契約して、その企業のサービスに合わせて開発生産されているキャリアの中から好みや用途に合ったものを選んでタダ同然で使ってるでしょ?
ほんとはちっともいいと思わない機種や使いにくいものを仕方なく、または、気にせず使ってる人も多いだろうし、通信費も日本は基本料金が高いとか言いつつ、妙に納得しちゃって、結局ユーザーが企業や業界事情に合わせている格好。

iPhoneの市販価格は、4GBが$499、8GBが$599ってことで、それが高いって言う人もいるけど、僕が使ってるNokiaも、最新機種をまともに買ったら 6万くらいするわけで、iPhoneが欲しいかどうかはさておき、ディスプレイ付きのMac miniと最新のiPodをセットでその金額だったら全然高くない、てか、むしろ格安なわけで、電話できなくても、それだけでも欲しいって人もいるだろうし、はい、僕もそうですが(笑)これが登場したことでこの先、将来的には、もしかしたら、携帯電話会社やNTTなんかと契約する必要がなくなって、iPhoneとSkypeと.Macでなんとななっちゃうんじゃないかなって。
そのために iPhone って OS X 入れてるんじゃないかなって。

つまり、ハードウェアを適正料金で購入して、あとはぜんぶタダみたいな、完全に0円じゃないまでも、格安の定額制みたいな、そういう時代になるんじゃないかなって。
iPod があれば、無料の iTunes と Podcast がじゃんじゃん活用できちゃう、みたいなそんな感じで。(そう、使い手の想像力と能動性さえあれば無限に有効に楽しめて活用できるのだ)

Air環境も、無線LANを導入しているオフィスや家庭はもちろん、これからは導入そのものがもっと簡単になっていくだろうし、無料ホットスポットも(今もそう表現するのかな? LANスポットとか言うのかな?)特に市街地はこの先どんどん増えていくだろうし、すでにマクドナルドは大抵どこも使えるし、そのうちコンビニあたりも使えるようになるだろうし、公共施設や大型商業施設なんかもそうなっていくだろうし、山間部や過疎地に対する通信環境もBSやCSなんかがもっと進化していけば現状の電線よりメリットが多くなるだろうし、ひょっとしたらMac自体が受信だけじゃなく、Air HUBになる可能性もあるわけで、、、

もっと言っちゃうと、iPod と iTunes は PC環境でも普通に使えるわけで、PCユーザーでも最新の多機能高性能の iPod なら欲しくなるかもだし、Macより断然に普及・浸透性が高いだろね。そう考えると、iPodとiTunesってのはものすごいBreakthroughなヤツらだったんだなぁ、みたいな。

iPhone がアジア圏で使えるようになる2008年までに、そのあたりが少しずつ具体的になっていったり進化していったら、すごいだろうなって、そんなふうに未来に希望や夢を持たせてくれる企業がもっとたくさんあればこの世界はもすこし楽しくなるだろうね。

ってことで、僕もできるかぎり、そういうおもしろい何かを作っていきたいなと、。(笑)

by thin-p | 2007-01-13 00:38 | Apple