Progress

c0030705_0353086.jpg


どちらも僕が毎週、録画してまで欠かさず見てる NHK のドキュメンタリー番組です。

72時間の方は見てると優しい気持ちになれて、人や街が好きになれます。
毎日の繰り返しの中で見失いがちな自分の立ち位置や存在感覚を思い出させてくれる気がして、とても好きな番組です。

プロフェッショナルは見終わると気持ちが引き締まります。
これの前身番組、プロジェクトXとは違う心地よい緊張感、みたいな。
プロジェクトXもいくつかのエピソードは今でも見ると勇気や感動が湧いて来るけど、それよりもこっちの方が今の自分にフィットしてます。がんばんなきゃという気持ちと、そしてなぜだか、こっちも人が好きになるんだよね。
先端技術でも芸術でも医療や専門分野なことでも、人間のすること考えることなんだって、そういうところに気負いなく着地させてくれる気がするんだよね。

ま、これらは僕の主観だから、みんなが見ても同じように感じないかもしれないけど、もしよかったら、どっちも見てみて下さい。

今日のコンピューター研究者、MITの石井裕さんのもおもしろかったなあ。
あ、MITって、学生も教授もみんなMacだったね。美しい光景だったなあ(笑)

録画してまで見るレギュラー放送のテレビ番組は、この2つだけになっちゃいました。

理由は、、、え〜と、ここで聞かないで下さい(笑)

c0030705_0364490.jpgあ、そう、スガシカオ作のテーマ曲がまたいいんだな、これが。
カラオケで歌ったりします(笑)

ちょびっと聞けます --> Progress / kokua

さて、エキブロの投稿ページにフォントの調整機能が追加されたね。ちょびっとだけど、ここも Progress ってことで(笑)
[PR]

by thin-p | 2007-02-09 00:43 | 雑記帳 | Comments(8)

Commented by daisymoon at 2007-02-09 07:30
この番組達は観たことがありません。(あまりNHKにチャンネルを合わせないから)今度ぜひ観てみたいと思います。
リンクさせて頂きました。Mac話しなど楽しみに寄らせて頂きます。
Commented by Ms.P at 2007-02-09 08:52 x
私も仕事の流儀は好きです。
録画まではしないけれど、なんとなく偶然見れる事が多いのです。
スガシカオのテーマ曲もとてもいいですよね。
ちょっと前の幻冬舎の石原さんを見れたときは感激したなぁ。
私がここ十数年くらい、大好きになる新作って殆んど彼が編集者として関わった本なのよね。
『半島を出よ』では登場人物としてバンバンでているし。(笑)
あの著者に対する『飢え』という言葉が凄く共感できたなぁ。
Commented by thin-p at 2007-02-10 19:11
> daisymoon@よかったらいちどお試しください(笑)

わ!リンク、どうもありがとう!
じゃ、僕からもさっそく、ってことで、どうぞよろしくね/

NHKの番組の全部がいいってわけでもないんだけど、民放には見たい番組がほとんどないので、だから時間がある時はなんとなくNHKやBSやCSにチャンネル合わせる事が多くて、中でもこういうドキュメンタリーとか、あと木曜の時代劇とか(いや、これが結構おもしろいんだって・笑)

さて、ここでクイズです。
僕が唯一録画してまで見た今年の正月特番はなんでしょう?

こたえ:「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(←ホント・爆)

> Mac話しなど楽しみに寄らせて頂きます。

あはは、
で、時々、佐野くんの話しなんかもあったりなかったりします(笑)3−9!
Commented by thin-p at 2007-02-10 19:29
>Ms.P@わ〜超ごぶさたマガジン!!(笑)

どうもどうも; ごぶさたしちゃってます;; けど、3−9!so!! ;)

おお、君も見てるんだ?

> ちょっと前の幻冬舎の石原さんを見れたときは感激したなぁ。

幻冬社がスタートしたいきさつ、知ってる?
Webでサーチすればすぐにわかると思うから割愛するけど、僕は当時、その発端となった某出版社のとある企画の仕事に絡んでたので、あの時の出来事はとても身近なものだったんだ。
だから現在も幻冬社のサイトにある見城社長の「闘争宣言」は、新聞広告と共に鮮明に憶えている。
http://www.gentosha.co.jp/ir/message.php

それもあって、日本を代表する作家たちが集まったんだよ。
書き手と読み手の双方に対する思想と哲学を持った出版社だね。
だから、あそこが出すならきっといい本だって、そういうイメージがあるね。

数年前に文芸路線から実用書や企画物強化へ構造改革に踏み切ったことで上場できたってのもあるけど、それでもやっぱり創立の時の宣言は今もちゃんと息づいてるんじゃないかな。

・・・あ? 息子君、受験だっけ? よし! 「はぁ〜〜〜!@勝利の念」3−9!
Commented by Ms.P at 2007-02-10 20:42 x
前の出版社の社長のあの事件だよね?
もちろん石原さんはその出版社に居た頃からの注目株です。
山田詠美のポンちゃんシリーズによく出てくるから、あとよしもとばななとも婚約してた事もあったりで妙に情報が入ってくる編集者さんなのだわ。

2号、受験真っ只中でございます~。
アニキ!勝利の念、ありがたくいただきやす!!
Commented by yukapon927 at 2007-02-10 21:38
プロフェッショナルって番組、なんとなく見てます。
なんとかって言う(覚えとけよ!)オーケストラのコンダクターの時、丁度笛吹きがフリーになった頃だったので、「あぁ、、、いろんな所に仕事に呼ばれるっていいよなぁ・・」なんて思いながら観てました。
なんか不安定で極限状態ですが、なんとかやってます・・
しばらくは氷河期だな。
Commented by thin-p at 2007-02-10 22:36
> Ms.P          

そうそう d >あの事件

山田詠美のポンちゃんシリーズ、うちも全部あったりします(所有者は僕じゃないけど)

勝利の念は、君を通して増幅して脳幹から注入してあげて下さい(笑)3−9!
Commented by thin-p at 2007-02-10 22:42
> ゆかぽん927

うっす!

> オーケストラのコンダクターの時

あれはすごいよね、ゲネプロで指揮しながら歌っちゃうやつ。
けど、僕も(次元は違うけど)よくやるんだよね、あーゆーこと。
緊急時に対応の術がまったく無い時、穴を埋められるのは、すべてを把握して、情熱をキープさせながら、更にそこから新しいアイディアを出せて、それらすべてを具現化できるのは、この宇宙では、これを生み出した僕だけって時があるんだよね、実は。
大抵1年に1回はある(笑)

そういう時って、不思議な事に、何かが降りてくるんだよ。
で、超人になれちゃう(笑)

> 丁度笛吹きがフリーになった頃だったので、

仕事は人気。実力だけじゃないんだよね。
プロフェッショナルに登場する人たちはみんな人間的魅力に溢れてる。
僕もできればああなりたい。

> なんか不安定で極限状態ですが、なんとかやってます・・
> しばらくは氷河期だな。

氷河期には氷河期の乗り越え方があると思うから、あらゆることを変革しながら家族みんなでがんばれ!3−9!