人気ブログランキング |

生中継を取材されたり

今夜は名古屋から映画企画の番組生放送を、浜松からはお笑いライブの生中継をっていうトンパテレビは、火曜日の「新・八百屋物語 yaotomi TV」の生放送を東海テレビさんに取材されまして。
c0030705_019306.jpg


正確には 、たまたまその日に、インターンシップ制度(解説:Wikipedia)で今月から働いている yaotomiの大型新人、今賀 旬(いまがしゅん・命名:犬飼オーナー)クンが始めた今池駅周辺での野菜の引き売りと、yaotomiのユニークな取り組みや挑戦を東海テレビさんが取材に来ていて、夕方にyaotomiTVの準備に行ったら、ちょうど引き売りから店に戻ってきた旬クンといっしょに取材クルーも戻ってきたら、こっちもカメラのセッティングなど始めてたもんだから挨拶し合って、そしたら放送の様子もずっと取材されることになったのでした。

 *名古屋市千種区の八百屋 yaotomiのブログ
 *yaotimi TV @ TOMPA_TV

yaotomi TV 初登場の旬クン(20歳)。まだまだなんにもできないけど、見かけによらずハートが強いのと素直なところがいい感じ。(本人のブログ
c0030705_0261599.jpg


左側、この春にベジタブル・カフェ的オープンテラスになるよていのスペースで新人の旬クンにインタビュー中のゆみこちゃん(子どもからおじいちゃんまで、ファン増殖中・笑)。
c0030705_0225495.jpg

店の中にはお買い物に来たお客さんと接客中のオーナー犬飼クン。

それを撮影・収録している取材クルーと記者さん。

中央部、店の入口あたりには、あっちもこっちも気にしてる抱かれたい従業員No.1(笑)のノリくんと新メンバー主夫の平野サン。

っていうおもしろい図。

ただ、僕のモニター用のiPadを勝手に店の中へ持ってて放送をモニターしたり、その画面をこれまた勝手に撮影してたのはいかがなものかと(ぼそ)

ちなみに yaotomiTVを放送しているコンピュータは中央少し左下の青いディスプレイのMacBookで、一応書いとくと、この写真を撮ってるのが僕。

先週は NHK-BSの番組「関口知宏のOnly1」にも登場した yaotomiは、この春大きな転換を迎えます。新しいことが一度にたくさんスタートします。→ yaotomiのブログで発表されました。
c0030705_0312054.jpg


彼らが店を始める前から応援してきたトンパテレビは、もちろんこれからも yaotomiと、そこに集まって来る人たち、お客さん、仲間たち、ウェブを通して各地からエールを送ってくれたりいっしょに楽しい時間を過ごしてくれる人たちも、ぜんぶずっと見続けていきます。

世界初・八百屋の店先から生中継するリアリティTV、yaotomi TV。
次回の放送は 3月1日(火)18時〜19時。ぜひ!

    みんなのインターネット放送局トンパテレビ

あ、この取材がいつ放送されるのか聞くの忘れた...わかったらまた告知しますね。

明日はこれとはまた別件の新しい農業に関する研究会の記録をします。
そして、ここからまったく新しい農業企画がスタートします。
ええ、映画の次は農業です(笑)

by thin-p | 2011-02-26 00:41 | TOMPA_TV

映画祭

今日は豊田市で開催された小坂本町一丁目映画祭の取材へ。
c0030705_037085.jpg


朝10:30開演、17:30頃終演、そのあと参加12作品の監督やスタッフ、出演者、主催者、関係者が一同に会しての交流会。

その合間にはサブ会場で様々なアトラクションや参加イベント、飲食などのサービスがあり、それらすべてに参加させてもらって、一観客として作品を鑑賞したり、イベントに参加したり、インタビューなども10数人にさせてもらったり、されたり(笑)なんだかんだで帰ったら22:30頃だった。

それにしても1日に12本の映画を観たのは初めてだ。
短編もあるが、それにしても12本。
思えばすごいことだよね。うむ、よくがんばったぞオレ!(笑)

この映画祭、実に9回目だそうで、今までまったく知らなかったんだけど、実によい雰囲気で良い内容で楽しく素敵なイベントだった。
作品はどれも楽しめたし、なんたって、そこにいるすべての人たちがみんな素敵だった。
主催と運営の皆さんもボランティアの方々も参加者も会館の食堂のスタッフの人も観客も、とにかく今日出会ったすべての人たちがみんな素敵だった。

詳細は2月25日の20:30から生放送のトンパテレビ「758シネマ会議室」をはじめ、いろんな形でレポートしていくので、興味のある方はぜひチェックされたし。

今日お会いした各作品の監督や出演者、プロデューサーなどの皆さんが来月以降「758シネマ会議室」にゲスト出演してくださるそうで、これは僕自身とても楽しみだ。

そして、「758シネマ会議室」の「studio UC」は来年の2月に開催予定のこの映画祭の第十回目に作品を携えて参加することを決意表明してたようだ。

これから始まる彼らの奮闘をバックアップしながら記録していき、皆さんと共有していきたい。

【追記:2011-02-25】

映画祭のダイジェスト・レポート・ムービー(製作:TOMPA_TV Nagoya)

by thin-p | 2011-02-21 00:40 | 映画

ミュージック・シーン #2

栄の三越前で3ピースユニットが演奏していた。
今日は昼間っから「浜松か!」っていうくらいの空っ風がビュービュー吹いていて、この時間もそれは続いていたから相当肌寒い感じだったんだけど、彼らは延々ジャムってた。
c0030705_1301198.jpg

けど、あの時間にあの場所であんな大きな音出して演奏していいんだね。てか、いいのかな?ほんとはダメな気がするんだけど、どうなんだろう。
まぁ、ダメでもやれるんなら所構わずじゃんじゃんやればいいと思うが、地味なジャムセッションを寒い中ずっと見てるのは辛い。
c0030705_1302780.jpg

それにしても、金曜の夜だぜ、いくら寒いからと言ったって、街に人がいなさ過ぎる。
c0030705_130401.jpg

それにしても、あんなに大きな音でガンガンやってるのに、寒さを吹き飛ばす演奏ではなく、ご覧の通り、音が動いていない。
c0030705_1305536.jpg

僕のたいしたことない腕で撮った写真でも、動いてる音は写るものだ。
c0030705_1311488.jpg

行き交う人々の動きの方はこんなにビートなのに。
c0030705_1312654.jpg

by thin-p | 2011-02-19 01:33 | スナップ

ミュージック・シーン #1

愛知県芸術文化センターで開催中の名古屋造形大学卒展の記念講演に招かれたので行ってきた。
講師は映画監督・美術家・舞台演出家・キュピキュピ主宰の石橋義正氏。

氏の映像作品のダイジェスト版の上映に続き講演。
満員の客席。
せっかくなのでと、前から2列目に座ってしまったのがいけなかった。
昨日、夕方からのプレゼンのあとに先様が設けて下さった宴席がたいへん盛り上がり、ご相伴に預かりっぱなしで実はかなり飲んでしまったため、講演の最中はものすごい睡魔との戦いを繰り広げていたのはここだけの話しということでよろしくです。

講演のあとは、これもせっかくなのでと、大規模展示されていた学生の卒展作品を一通り楽しませてもらい、いろいろ刺激を受けたところで、現在進行中の映像作品の企画ミーティング。

と、その前に何か食おうと階下へ降りていくと...

なにをやってるんでしょーか?
c0030705_1113850.jpg

c0030705_111508.jpg

c0030705_11214.jpg

c0030705_1122551.jpg

c0030705_1121281.jpg

c0030705_1125175.jpg

c0030705_113244.jpg


その卒展の出展作品なのかな?ストリート・ミュージック・セッションとコンテンポラリー・ダンス的なもののパフォーマンス・コラボレーション(だと思う)のリハーサルをやっているようだった。

本番はきっとおもしろいものになるのだろう。たぶん。ね?

さて、タイトルに「#1」を付けてある。ってことは「#2」がある。

by thin-p | 2011-02-19 01:16 | スナップ

Evergreen ~Love theme from "A Star is Born"~

昨夜、グラミーの授賞式の、再放送ではなくリアルタイム放送を録画で見た。
もう最近は賞の行方にはあまり興味はない。
そもそも、何が売れてるのか、誰が人気あるのかをよくわかってないし下馬評も見てないので順当も波乱もピンと来ないのだ。

我が家は余程のことが無い限り、朝の食卓はJ-WAVEが流れ、夕飯時にはMTVやDVDを見ていたりするので、一般的なお茶の間よりは洋楽が流れているが、それでも正直、どれもこれも同じに聞こえてしまい、所詮はBGM以上でも以下でもない。

だからグラミーを見る目的はプレゼンターや受賞者のスピーチ、企画コーナー、そしてやっぱりスペシャルなパフォーマンスの数々だ。

今年はバーブラ・ストライザンドが彼女の主演作「スター誕生」の主題歌「Evergreen ~Love theme from "A Star is Born"~」を歌ったのが僕にとってのハイライトだった。

特別賞パーソン・オブ・ジ・イヤーを彼女が受賞し、そのプレゼンターとして、この映画で共演したクリス・クリストファーソンが登場した時、中学の卒業式の日のことを思い出し、胸がキュンと鳴った。いや、ほんとにキュンって鳴ったんだって(笑)

中学時代に部活も塾も普段も、ずっと一緒につるんでた親友と、卒業式のあとで、彼はキャメルの、僕はネイビーのVANのブレザーとコインローファーで街に繰り出そうと約束していた。
中三になった時からそう話し合っていたので、ほぼ1年間の小遣いやお年玉を貯めて、高校入試の合格が発表された翌日にショップで取り置きしていたブレザーとローファーを買いにいって、ボタンダウンのシャツとレジメンタルのタイをコーディネートしてハンガーに架け、卒業式の後の“儀式”を楽しみにしていた。
儀式と言っても、何も大袈裟なことではなく、単にちょっと大人な感じで肩で風を切って街を歩き、自分たちの目線を子どもから大人に変えようという、実に他愛無ないものだった。

僕も彼も彼女がいた。
その彼女たちも一緒に歩く予定だった。

卒業式の前夜、僕は彼女に「明日たのしみだね」みたいな電話をかけた。

いきなりフラれた。なんだかよくわからないまま、眠れない夜のまま朝が来て、ぼんやりしながら卒業式で生徒会の役とか部活の役とか、いろんな雑務だとか代表挨拶だとかを済ませ、不良どもが職員室になだれ込むのを横目で見ながら、級友や後輩からの別れやエールを受けながら、その先の向こうの中庭で、僕とは別のクラスだったから、その時にようやく見つけた親友と、昨夜まで僕の彼女だと思い込んでいた女の子が楽しそうに話しているのが見えた。

彼の彼女だと思い込んでいた女の子は、はにかんだような笑顔で3年間彼女が所属していた卓球部の部員やクラスの友だちに囲まれていた。

お世話になった先生方に最後の挨拶をして一人とぼとぼ歩いて帰宅して、卒業を家族に報告し、用意されていた昼飯を食べ、ハンガーに用意してあったボタンダウンに袖を通し、チェックのスラックスを履き、コードバンとレジメンタル・タイを締めて、ネイビーのVANジャケットを羽織り、ローファーを履いて家を出た。

バスに乗って一人で街に行き、アーケードや商店街を歩いた。
何人かの同級生や後輩、先輩に会った。
どうしたの、その格好?と幼なじみの女の子に聞かれ、いつも一緒にバカやってた男友だちの冷やかしを無視して何故か映画館を目指していた。

あの頃は映画雑誌のロードショーを毎月購読していた。
だから、いま何が上映されているかはある程度知っていた。

VANのジャケットにネクタイという、ゆうべ彼女にフラれたばかりの、中学生でも高校生でもない僕は、一人で「スター誕生」を観た。

c0030705_23493376.jpgアル中でヤク中のロックスターが才能ある女性シンガーを見いだし、情熱を愛を注ぎ、彼女はその才能を開花させスターダムを上っていき、それと反比例して彼はどんどん堕落していき、やがて彼女の将来と可能性を想って身を引く。。。

という、まぁ、定石的な、ちょっと切ないラブストーリー。

クリス・クリストファーソンがカリスマ的なロックスターと言われてもピンと来ず、ストーリーも重く悲しいもので、なんと言ってもまだバーブラ・ストライザンドの魅力を理解出来る僕ではなかったので、彼女の特徴的な鼻の形や美人だとは思えない容姿にはまったく惹かれるところがなく、ストーリーはその時の自分の心情を投影出来るものでもなく、感情移入する以前にうちひしがれていた15歳の僕の心は、それでもなぜだかこの作品を拒絶するどころか、少しずつ、まるで小説を1ページずつめくっていくかのようにいつの間にか物語を楽しんでいた。

そして、主人公が劇中で歌う「Evergreen」の美しさに心が清められた気がした。

最後も救いの無い感じだったし、今でもなんであの日、劇場でこの映画を観たのかわからない。

でも、一人部屋に居たら辛いだけだったし、他の友だちと一緒にどこかへ遊びに行っても楽しめなかっただろうし、誰かに話したり相談したり慰められたりしたら、きっと惨めだったと思うから、あれがいちばんの正解だったのかなと今はそう思っている。

c0030705_2351118.jpg僕の置かれた状況と行動が何かの結果をもたらした、という話しではないので、第三者から見たらよくわからない話しかもしれないけど、自分だってよくわからないんだかたしょうがない。

けど、とにかく、ゆうべはバーブラ・ストライザンドとクリス・クリストファーソンの2ショット、そして、この歌が、遠い昔の記憶を呼び覚ましてくれて、センチメンタルなセント・ヴァレンタインズ・ディになりましたっていう話し、さ。

昨日は僕が卒業した中学を今年卒業する甥っ子に、高校入試の合格通知が届いたそうだ。

彼にカノジョがいるのかどうかは知らないけど、彼の父親(つまり僕の弟)は地球の裏側にいるので、もしも甥っ子が卒業式の前夜にフラれるなんてことがあったら、僕が父親に成り代わって、映画好きな甥っ子になにか大人の恋の映画を1本レコメンドしようと思う(笑)


蛇足だが、この映画がまたリメイクされるそうだ。ビヨンセなどの候補が挙がっているそうだけど、ただでさえ定石的な物語が輪を掛けて凡庸なものになる気がして、それでもこの「Evergreen」を歌唱力がある“いちおう演技もできる”シンガーでリバイバル・ヒットを飛ばせれば、みたいなケチでゲスな企画だったら、このオレ様が許さない象。

by thin-p | 2011-02-15 23:57 | 映画

30分で雪景色

今朝はこんなに青空だったのに...
c0030705_23342614.jpg

うちの近所の天満宮の紅梅と白梅
c0030705_23343642.jpg

出掛ける頃から薄暗くなり...現場に到着すると明日の国府宮の裸祭りの準備が賑やかに行われていて、みんな結構赤い顔で記念撮影なんかをしてて盛り上がってるんだけど、だんだん寒くなり..裸祭り?まじで?みたいな空気が漂い始め...
c0030705_2337095.jpg

セッティングも雨が降るといけないからと、予め屋根付きのところで準備をして、いよいよ本番、と言う頃から、雨じゃない白いものが落ち始め...
c0030705_2338524.jpg

しかも、それが直径3〜5cmくらいのイメージで...
c0030705_23393970.jpg

30分の生放送が終わる頃には奥歯がガタガタ鳴り始め...
c0030705_2340565.jpg

撤収は雪まみれ...帰り道はず〜っと渋滞(泣)
c0030705_2342062.jpg


まぁ、そんな日もあらぁなっていう月曜日。
けど、甥っ子が高校に合格したり、あれもこれも片付いたり、今日は生中継中に1度も回線エラーが出なかったり、あれとかそれとか、とにかくいろいろいいことたくさんあったから、よい1日だったってことで、皆の者、大儀であった。

by thin-p | 2011-02-14 23:44 | スナップ

Bitter Sweet Samba

左:昨日、実家を出て名古屋へ戻ろうと、仏壇に手を合わせた時に撮ったスナップ
右:渋滞でかなり遅くなって戻った自宅の居間で撮ったスナップ

c0030705_23205883.jpg
c0030705_2331504.jpg

二人の母親を可愛く思いながら、どちらさまもよい V-Dayの夜を...

BGMはもちろん、コレ


(ここに貼るなら Herb Alpertのより、こっちの方がいいかな、と・笑)

by thin-p | 2011-02-14 23:29 | スナップ

煽り撮り、とでも申しましょうか

昨日は取材と撮影、打合せで浜松へ行ったので、そのまま実家泊して、今日の昼間にちょっとだけ庭を撮ってきた。

c0030705_0574356.jpg

c0030705_049995.jpg

c0030705_0492069.jpg

c0030705_0575368.jpg


一眼レフは土曜日の現場でさんざん使ったんだけど、今日はコンデジだけ。
二眼レフも持ってったんだけど、今がいちばん花が少ない時なので、来月行ったときのためにフィルムは使わなかった。

寒かったからちょっとだけ。しかも全部バグズライフな感じで煽り撮り。いい気分転換になった。

帰りの高速の渋滞を除けば..

by thin-p | 2011-02-14 00:51 | スナップ

特にこれといってないんだけど

c0030705_0301643.jpg

ちかごろ(ちゃんと)写真を撮ってない。と言うか撮れてない。
現場資料用にはけっこうな枚数を撮っているんだけど、例えば、こういうところへ貼ったりする用のものはほとんど撮ってないので公開するものがない。
c0030705_032501.jpg

元々、たとえば人と会っている時は、仕事でも遊びでも、記録しておくべきこと以外はあまり撮ったり録音や録画もしないから、ほとんど毎日、誰かと会っているかデスクに向かっているかのどちらかだった1月末から今日までの間に撮ったのは、ほとんど資料用や記録用スナップショットで、iPhotoのライブラリも実はちょっと味気なかったりする。
c0030705_033273.jpg

とりあえず、いつまでも夜中の胸焼けトホホ話しがここのトップっていうのもなんだかなあと思って、特にこれといってないんだけど(うそ)、アトランダムにリサイズした5枚を貼って、就寝前に適当にお茶を濁しておく。
c0030705_0371675.jpg

明日はオフ。明後日は浜松出張、夜は実家泊、日曜に名古屋へ戻るという予定なので、3日間たくさん撮って、iPhotoの中をもうちょっと賑やかにしようと思う。
c0030705_0563399.jpg

それにしてもこの爺さん、どんだけ指輪してんだ。

あ、そうだ、1こだけある。
相撲の八百長問題で記者たちに囲まれて謝罪してた横綱の心中やいかに。

by thin-p | 2011-02-11 01:09 | スナップ

胸焼け中なので

前述の通り、私、ただいま胸焼け中なので、先週末の夕方に繁華街の交差点で信号待ちの間に撮ったiPhone写真を貼っちゃいます。意味も無く。

c0030705_1372363.jpg


さて、と

by thin-p | 2011-02-09 01:37 | スナップ